Nndoskpeiwvzsb0itrri

Mac

CATEGORY | Mac

iTunesが重いときに試したい対処法!重くなる理由は曲数にある?

2018.08.24

様々な機器において動作が重い事象は発生しますが、itunesも同様で「windows2018に多い」や「曲数に原因あり」といわれています。そこで今回は、Mac・windows・iPhoneそれぞれにおいて「itunesが重いときの対処法」をまとめています。

  1. itunesが重いのは曲数が原因?試したい対処法を紹介
  2. 基本を抑えておく!itunesの動作が重い原因は?
  3. itunesの動作が重い時に試す対処法1:Macの場合
  4. itunesの動作が重い時に試す対処法2:windowsの場合
  5. itunesの動作が重い時に試す対処法3:iPhoneの場合
  6. まず試す!itunesの動作が重い時の対処法は把握しておこう
itunesがスムーズに操作がいかなくなる時には、何か原因が必ずあります。可能性として考えられるのが曲数です。ここではitunesが重い原因は曲数なのか、そしてitunesが重い時に試したい対処法についてを解説していきます。

曲数と中身にも原因がある

itunesの動作が重い時に考えられる原因は、曲数が多いことが大きく関係しています。そして、曲数ももちろんですがその中身にも注目です。プレイリストにある曲が重複している場合は、itunesの動作が重くなってしまいます。

Macでもwindowsでも同じ

この原因に関してはMacでもwindowsでも同じことが言えます。マックに比べると、特にwindowsはitunesが重くなる傾向が多く見られます。きちんと曲の整理ができていないことが、動作の遅さに関係していることをまじは理解することが必要です。

Macを楽にさせてあげることが大切

まずitunesの動作が重い時に試す対処法はMacの場合からです。Macの場合は、itunes内で使っていない機能に関して停止させることで、重くなり動作が遅くなったことを改善できる可能性があります。要はMacの仕事量を減らしてあげるという様な意味合いです。

ジーニアスを無効にする方法を試そう

Macにはitunesと連携する機能で、ジーニアスというものがあります。ジーニアスは曲を紹介してくれる機能を持つもので、これが理由でitunesの動作は重くなっている可能性が極めて高いです。設定でジーニアスはオフにすることができますので、Macを使っている方で動作がうまくいかない場合は、まず試してみるべき対処法です。

windows2018に多く見られる

そして続いてitunesの動作が重い時に試す対処法はwindows2018の場合です。windows2018を使っている方に多く見られる問題で、対処法としてはスマートプレイリストを削除するということをまずは行うべきです。itunesの機能で、自分が好んで聴いている曲を自動でピックアップしてプレイリストを作ります。これがitunesの動作と関係しています。

スマートプレイリストを削除していく

windows2018だけに限らないことでもありますが、長い期間itunesを使えば使うほど、このプレイリストは容量を増していきます。まめにチェックをして削除しておくことで、itunesの動作を軽くすることに繋がります。

アプリを整理することが大切

iPhoneを使ってitunesに取り込んだ曲を聴く方は最も多いです。その分、動作が思いなどの報告も多くあり、対処法はネット上に溢れています。iPhoneでitunesの動作が重い時に試してほしい対処法は、使っていないアプリを消去することです。

iPhone内のメモリの空き容量を作る

もちろん大前提として、曲の整理は必要ですが、使わないアプリが多くiPhoneに取り込んでいる方は、その分メモリを使っていることになりますので、アプリを整理することでメモリの空き容量が増えます。そうするとitunesの動作が改善される可能性があります。
itunesの動作が重くなることは非常にストレスです。ですが、そのまま放置しておくと重さはどんどん増していくだけなので、早めに対処法を試す必要があります。曲はしっかりと整理をするという、基本的なことを守れば解決に繋がります。