A6o4307om2pvw71euylk

家事

CATEGORY | 家事

【キャップの洗濯方法】汗染み・型崩れ防止グッズは?おすすめ100均アイテムも!

2019.12.12

キャップをかぶると汗染みが気になりますよね。洗濯方法についてか分からない方もいるかもしれません。また、適切な洗濯頻度も気になります。この記事では、洗濯ネットや重曹などを使ったキャップの洗濯方法や、汗染み・型崩れ防止の100均アイテムなどをご紹介していきます。

  1. 汗染みのついたキャップの洗濯方法とは?
  2. キャップの洗濯頻度について
  3. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法・洗濯前の注意事項
  4. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法・下準備
  5. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法・手順
  6. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法①洗剤を溶かす
  7. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法②押し洗いをする
  8. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法③すすぎ洗いをする
  9. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法④乾燥させる
  10. 【キャップの洗濯】汗染みを落とす方法・洗濯機
  11. キャップの汗染み・型崩れ防止グッズ
  12. 正しい洗濯方法と対策でキャップを清潔に保とう
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/68/0000896768/95/img5056548azik2zj.jpeg
スポーツだけでなく、普段のおしゃれとしても人気のアイテムがキャップですね。キャップをよく被る人は、特に汗染みが多いでしょう。また、夏だけでなく冬でも、頭皮の脂汚れはついてしまうものです。なるべく清潔に保ちたいとは思っていても、洗濯することで型崩れしてしまうのは避けたいですよね。
洗濯するのに適した頻度も気になります。そんなキャップのお手入れに対する悩みですが、きちんと正しい方法で洗濯したり、便利なグッズを活用することで解決できますよ。まずは、キャップの適切な洗濯頻度について見ていきましょう。
引用: http://cl-mine.cocolog-wbs.com/photos/uncategorized/2014/04/18/p1120826.jpg
キャップは、頻繁に洗濯できるものではありません。なぜなら、型崩れの原因になってしまうからですね。だからと言って、毎回消臭・除菌スプレーだけのお手入れ方法では、汗染みは無くなりません。キャップは、種類によって様々な素材があり、その中にも洗濯できるものとできないものがあります。
基本的に洗える素材は、「綿・ポリエステル・ニット・ナイロン」で、洗えない素材は「ウール・レザー・合皮・ファー・リネン」です。水洗い不可のものでしたら、日頃からブラッシングをしたりしてホコリが溜まらないようにしましょう。また、後ほどご紹介する汗染み・型崩れ防止グッズを活用しましょう。
もし洗濯できる素材のものでしたら、頻度を型崩れしない範囲で定期的にするか、洗濯頻度を抑えるために汗染み対策グッズを使うのが良いでしょう。

洗濯表示をチェック

引用: http://livedoor.blogimg.jp/momomhf/imgs/a/c/ac935c66.jpg
まずは、洗いたいキャップについている洗濯表示のタグを確認しましょう。洗えない素材の場合は水洗い不可のマークがついていますが、手洗いマークや洗濯ネット必須のマークがついていれば水洗い可能です。

装飾を外す

Np5milmj5yi7i5rvm1oc
引用: https://www.instagram.com/p/B55CNAAhDOz/
キャップによっては、ワッペンやバッジ、リボンなどの装飾品がついている場合があります。これらは必ず外してから洗濯しましょう。
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=335x1024:format=jpg/path/s476acfec2de7d1f1/image/i7cf3def04124aaf3/version/1420772129/image.jpg

準備するもの

洗面器orたらい・中性洗剤orシャンプー・ブラシ類・ザルor帽子用スタンド・大きめのタオル・洗濯ネット

ブラシでホコリを除去

引用: http://d3iuyfi32mtj8g.cloudfront.net/img/goods/L/11117891_1_l.jpg
キャップを濡らす前に、乾いた状態で取れる汚れはあらかじめ取っておきましょう。帽子用ブラシなどで優しくこすって、表面のホコリや汚れを払います。
ここでは、キャップの手洗い方法を解説して行きます。
引用: https://cdn.yourmystar.jp/relivers/wp-content/uploads/2016/12/6b518ef78262465bada3ebc310dfba87-1-600x400.jpg
まずは、洗面器orたらいに30〜40度のぬるま湯を張り、洗剤やシャンプーを溶かしましょう。洗剤はおしゃれ着用でも良いです。
引用: https://p.limia.jp/resize/o3/image/26483/gallery/17449/c9b02678b2a5952fcff42d2f23f0c607.jpg
キャップを洗濯液に浸したら、優しく押し洗いしましょう。汗染みが目立つ部分は、指先やブラシを使って軽くこすります。

ひどい黄ばみは重曹を使う

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20150506/17/sessya0037/39/78/j/o0600045013298522919.jpg?caw=800
通常の洗い方では中々汚れが取れない場合は、重曹を使ってみましょう。重曹は様々な掃除のシーンでも活躍する万能アイテムです。特に、キャップの汗染みがひどくなって黄ばみになっている場合や、ファンデーション汚れが目立つ場合に重曹はおすすめ。重曹を使うときは、短時間のつけおきが効果的です。ただし、重曹に長時間浸けるとキャップの色褪せや縮みの原因になるので、気をつけて行ってくださいね。
引用: http://acron.lion.co.jp/items/images/items_52.jpg
目立つ汚れが落ちてきたら、次にすすぎ洗いをしましょう。洗濯液を捨てて新しいぬるま湯を入れて、すすぎます。これを2〜3回繰り返し行いましょう。すすぎが終わったら、大きめのタオルなどで包んで水分を優しく拭き取りましょう。
また、脱水だけ洗濯機を使って行うことも可能です。その際は、100均で購入できる帽子用洗濯ネットなどを活用しましょう。脱水は30秒ほどで充分です。必要以上に洗濯機の脱水行うと型崩れの原因となってしまうかもしれません。
引用: https://p.limia.jp/resize/o3/image/26483/gallery/17449/d3c44c258d7234d897d6599694e73269.jpg
しっかりと水分が取れたら、次に日陰の風通しの良いところに干して乾燥させましょう。乾燥させるときは、料理に使うザルや、帽子用のスタンドなどにかぶせておくのがおすすめです。
Acnbxipfwalsqtsv5joa
引用: https://www.instagram.com/p/B3n7BX5ALci/
洗濯機で洗う際も、手洗いの時と同様にあらかじめ帽子の表面についたほこりや汚れを取り除いておきましょう。そして、部分的に汚れが目立つ場合は、その部分に洗剤を染み込ませて、ブラシで軽く擦るなどしておきます。100均などでも手に入る洗濯ネットに入れたら、洗濯機の手洗いコースや、ドライコースで洗います。脱水まで終わったら、手洗いの時と同様にしっかりと乾燥させましょう。
Wtxow4oyjv3mmpecbbie
引用: https://www.instagram.com/p/B5aPdCJh3VI/
キャップを頻繁に使う人は、頻繁に洗濯するのをためらってしまいますよね。そもそも汗染みをつかないように対策できることがありますので、ぜひ汗染みや型崩れ防止グッズを活用してみてください。

キャップの汗染み・型崩れ防止グッズ①100均洗濯ネット

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81I3IJq9dBL._SX355_.jpg
キャップを洗濯機に入れて洗う際に型崩れの防止で重宝するのが、100均の洗濯ネットです。お店によっては帽子用の洗濯ネットも販売されていますので、一度チェックしてみると良いかもしれません。

キャップの汗染み・型崩れ防止グッズ②100均で作る収納

引用: http://sweetstyles.jp/wp-content/uploads/2017/08/tips001-01.jpg
キャップは、収納する際にも型崩れをしないように気を遣うのが良いでしょう。そのためにおすすめなのが、キャップ専用の収納グッズですね。最近では、棚のような形をしていてクローゼットに引っ掛ける形のものもありますし、100均の網目状になったワイヤーとS字フックがあれば、簡単にキャップの見せる収納が完成します。

ャップの汗染み・型崩れ防止グッズ③100均の跡のつかない洗濯バサミ

引用: http://100s.siso-lab.net/wp-content/uploads/2015/06/daiso-jumbo-clothes-pins-4p-c008-02.jpg
帽子を干すとき、普通の洗濯バサミでつばの部分や本体を挟んで干してしまうと、型崩れを起こしたり挟んだ部分に跡が残ってしまう可能性があります。そんなときに是非おすすめなのが、100均に売っている跡のつかない洗濯バサミです。ただし型崩れがやはり心配な人であれば、ザルや帽子スタンドを使うのが無難でしょう。跡がつかない洗濯バサミも、他の洗濯ものを干す時にも重宝するので、持っておくと便利かもしれませんね。

キャップの汗染み・型崩れ防止グッズ④平干しネット

引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/b50/996343/20140108_842063.jpg
もう一つキャップを干すときにおすすめの型崩れ防止グッズが、100均に売っているセーター用の平干しネットです。キャップを干したいけれども、干せるスペースがなくて困っている人には重宝します。平干しネットは円形のネットで、物干しざおに引っ掛けるハンガーが付いていて簡単に干せます。

キャップの汗染み・型崩れ防止グッズ⑤キャップライナー

引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/caponspotz_etc276
キャップライナーとは、簡単にいうとキャップの汗染みを防ぐ、汗パットの帽子専用のようなもの。キャップの内側にある、額に当たるテープの部分に貼ることで、汗染みのほかファンデーションがついて汚れるのを防ぎます。また、使い捨てのものもありますが、ニューエラ等帽子専用のブランドが販売するキャップライナーは、取り外して洗濯して繰り返し使えるので経済的です。洗濯頻度も減らせますね。

キャップの汗染み・型崩れ防止グッズ⑥キャップウォッシャー

引用: https://shop.r10s.jp/instore/cabinet/perfectcurve/imgrc0076820020.jpg
キャップを手洗いする時間がない人にぜひおすすめなのが、キャップウォッシャーというアイテムです。キャップウォッシャーは、キャップの形をしたワイヤーのようなもので、キャップを装着してそのままの状態で洗濯機で洗える画期的なアイテムです。帽子をそのままの状態で洗えるので、洗濯機の使用による型崩れを防止できます。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.lovely-media.jp/production/imgs/images/000/050/599/original.jpg?1510496938
キャップの洗濯の頻度や、重曹などを使った洗濯方法、そして汗染みや型崩れを防止するおすすめグッズなどをご紹介してきました。正しい洗濯方法ももちろん大事ですが、まずは日ごろから汗染みがつかないようにメンテナンスしておくのが大事です。お気に入りのキャップを清潔に保ちましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://cleaning-bell.jp/wp-content/uploads/1970/01/o0800053313461788304.jpg