Ufh3hezxc9wlnoqcyymi

チェック

CATEGORY | チェック

股関節の可動域を広げるとパフォーマンスが向上?!バレエ・サッカーなどに!

2018.08.23

股関節の可動域を広げることによって、様々スポーツに活かすことができます。サッカー、バレエ、陸上など能力の向上だけではなく、ケガの予防にもなります。今回は股関節の可動域を広げる方法やチェック測定方法をまとめていきます。要チェックですね。

  1. 股関節の可動域を広げることでどんなメリットがあるの?
  2. 股関節の可動域を広げることで、パフォーマンスを向上できます
  3. 股関節の可動域を広げることはケガの予防にもつながります
  4. 股関節の可動域を広げることでパフォーマンス向上とケガの予防をしよう
  5. 股関節の可動域を広げるためにできることは?
  6. 股関節の可動域を広げることはスポーツをしていない人にも重要です
  7. 股関節の可動域を広げることが普通の人にも重要な理由
  8. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズを覚えていこう
  9. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ ディープランジ
  10. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ スパイダーマンランジリーチ
  11. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ ゴブレットスクワット
  12. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ ディープスクワットスタンド
  13. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ レッグスイング
  14. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ シーテッドラテラルヒップストレッチ
  15. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ スパインヒプインターナルローテーション
  16. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ ハムストリングストレッチ
  17. 股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズ バタフライストレッチ
  18. まとめ
股関節は足の付け根部分にある関節のことです。スポーツをする上では、常に使用している部分でもあり、股関節はスポーツとの関連性が非常に高い、体のパーツともいえるでしょう。可動域というのは、その部分が動くことができる範囲のことを指し、わかりやすく言えば、体が柔らかいと評されることです。股関節の可動域を広げることによって、体を動かすことができる範囲が広がるだけではなく、動きの一つ一つの負荷を下げることができます。股関節の可動域は様々な方法によって広げることができます。
サッカーやバレエ、陸上などといった下半身の柔軟性が問われるスポーツにおいては、股関節の可動域は非常に重要な位置を占めています。サッカーやバレエ、陸上といったスポーツにおいては、股関節が柔らかいことによって、体を動かす範囲が広だるので、より多様な動きをこなすことができる様なるといわれています。
股関節の重要性は、サッカーやバレエ、陸上をやっている人であれば、実感している人が多いのではないでしょうか。サッカーやバレエ、陸上といったスポーツでは、股関節を柔らかく使うことが求められます。ということは、股関節の可動域を広げることによって、パフォーマンスを向上することにつなげることができるようになるといわれているので、股関節の可動域を広げるようなことを日々やっていくことが非常に重要といわれているように、股関節の可動域を広げることの重要性を、サッカーやバレエ、陸上といったスポーツをやっている人は理解しなければいけません。
股関節の可動域が広いということは、股関節を使った動きの範囲が広がるということになります。サッカーやバレエ、陸上といったスポーツは股関節を存分に使った動きをやっていきますよね。しかし、サッカーやバレエ、陸上といったスポーツにおいては、股関節の可動域が狭いと、そういった動きに対応できず、無理に体を動かしてしまうことになります。サッカーやバレエ、陸上といったスポーツにおいては、股関節の可動域の狭さは、体への負荷を大きくしてしまうので、ケガのリスクを高めてしまいます。そのため、股関節の可動域を広げることによって、ケガを予防することができるのです。
上記のように股関節の可動域を広げることによって、サッカーやバレエ、陸上といったスポーツにおいては、パフォーマンスを向上させるだけではなく、ケガを予防することに繋がるという非常に重要な効果を生むことができます。そのため、サッカーやバレエ、陸上をやっている人は、股関節の可動域を日々測定しながら、チェックしていくことで、自分のパフォーマンスを見ていく必要があります。
パフォーマンスを向上し、ケガの予防することができるのであれば、サッカーやバレエ、陸上といったスポーツをやっている人は、ぜひとも股関節の可動域を広げたいと思いますよね。では、股関節の可動域を広げるためには、どのような方法があるのでしょうか。スポーツをやっている人にとっては要チェックの測定方法から、股関節の可動域を広げていくストレッチなどを細かくまとめていきます。スポーツをやっている人は要チェックですし、すぐにでも自分の股関節の可動域を測定することをおすすめします。
ここまでは、スポーツをやっている人にとっての股関節の可動域を広げることの重要性をまとめていきましたが、股関節の可動域を広げることについては、スポーツをやっていない人にとっても非常に重要なことといえるでしょう。普通の人でも股関節の可動域を広げることによって、日々の生活をより安全にこなすことができるようになるといわれています。そのため、スポーツをやっている人だけではなく、普通の人にとっても股関節の可動域を広げるストレッチを日々やっていくということが非常に重要になるといわれています。そのため、誰もがこれから紹介するストレッチなどをチェックしながら、自分の股関節の可動域を測定したほうがいいいということになあります。
スポーツをやっている人だけではなく、普通の人にも股関節の可動域を広げた方がいい理由については、日常生活における動きの中で、股関節を使用する場面が多々あるからです。例えば、階段を1段1段昇って行くときにも、足を上げることで、股関節を動かしています。このように、筋肉と連動して、股関節は日々の生活の中で行われる動作に非常に多く関わってきます。そのため、股関節の可動域が狭いと、そういった動きの中で体を痛めてしまうこともありますし、ケガをしてしまうことがあります。そのため、股関節の可動域を日々広げながら、測定、チェックを欠かさずに行うことによって、日々の健康を維持することができるといわれています。なので、股関節の可動域を広げることは、スポーツをやっている人だけではなく、普通の人にも重要ということになります。
股関節の可動域の重要性について理解ができたと思います。この部分をチェックするだけでも非常に有益といえるでしょう。股関節の可動域を測定しながら、日々、チェックしていくことでケガを予防し、パフォーマンスを向上させることができます。それでは、股関節の可動域を広げることができるようになるストレッチやエクササイズを紹介していきます。スポーツをやっている人だけではなく、すべての人が要チェックのものになっています。
ディープランジは下半身を鍛えるためのトレーニングとして知られていますよね。調律した状態から斜め前に足を踏み出しながらふんばり、もとの耐性に戻るというのを繰り返していくエクササイズですが、この時に股関節を意識した感じでやっていくと、股関節のいいトレーニングになります。大切なのは、股関節を少しずつ刺激していくということです。股関節を意識して、ディープランジをやっていき、股関節をチェックしながら、可動域を測定していきましょう。
スパイダーマンランジリーチは、ディープランジによりもよりストレッチに近い形のエクササイズになります。まず腕立て伏せの耐性を作ってから、片足を前方に動かします。この時に股関節を意識することによって、股関節の動きをチェックすることができます。縦方向に股関節を動かすことができるので、やりながら股関節の可動域を測定していき、向上させることができます。
ゴブレットスクワットは、胸の前の部分にダンベルなどを持ちながら、その状態でスクワットをしていくという、スクワット系のトレーニングの一種となっています。スクワットの動きにも股関節を使っているので、このトレーニングをすることによって 、いい感じに股関節に付加を不破得ることができるようになります。ゆっくりと動作を行うことによって、徐々に股関節の可動域を広げることができます。
ディープスクワットスタンドというエクササイズは、両手と両足をくっつけた状態で行うスクワットトレーニングの一種です。筋トレというよりかは、股関節の柔軟性を高めていくエクササイズになっています。股関節の可動域を広げることができるように意識を股関節に持って行きながら、動きをチェックしていき、可動域を測定することで、効果を実感することができるでしょう。
レッグスイングは、何かちょうどいい物に、手を置きながら、体を安定させて、その状態から、足を前後左右に振っていくというエクササイズになります。このときに股関節をあらゆる方向に使うことができるので、股関節の可動域を広げるにはぴったりのエクササイズといえるでしょう。トレーニング前などに行うことで、かなり効果的なウォーミングアップになることができます。
シーテッドラテラルヒップストレッチは、いすなどに座った状態から、お尻の筋肉を伸ばすストレッチをすることになります。シーテッドラテラルヒップストレッチをすることで、股関節を安定させることができます。シーテッドラテラルヒップストレッチは、股関節の負荷も少なく、無理なく股関節の可動域を広げることができます。そのため、シーテッドラテラルヒップストレッチは非常におすすめです。誰にでもできるのがシーテッドラテラルヒップストレッチの魅力ですね。
スパインヒプインターナルローテーションは、膝を曲げた状態であおむけに寝そべり、股関節を回していくことによって、股関節の可動域を広げることができます。スパインヒプインターナルローテーションは、股関節の状態を測定するのに向いています。トレーニング前などに、スパインヒプインターナルローテーションを行うことによって、股関節の状態を測定し、運動前に体の状態を知ることができます。
ハムストリングストレッチは、太ももの裏側にあるハムストリングを伸ばすストレッチのことです。この時に股関節を縦方向に動かすことができるので、ハムストリングストレッチは股関節の可動域を広げることに繋がります。ハムストリングストレッチはインナーマッスルのストレッチになるだけではなく、股関節のストレッチにもなるので、運動前などにやっておくことをおすすめします。
バタフライストレッチは、座った状態で、膝を曲げ、足の裏を合わせながら、足を上下に動かしていくストレッチです。股関節のストレッチといてば、このバタフライストレッチが思い浮かびますよね。バタフライストレッチは基本的な股関節のストレッチになりますので、時間が空いた時などにうまくやっていきましょう。
股関節の可動域を広げるストレッチやエクササイズを日々やっていくことによって、スポーツのパフォーマンスを向上させるだけではなく、ケガの予防もすることができます。股関節を使っていないなと思った人は、この中のストレッチやエクササイズを実践してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmxqafsDwgu/?tagged=%E8%82%A1%E9%96%A2%E7%AF%80