Yl03cp25pdrrguhqcwqs

原因

CATEGORY | 原因

iMacの電源が入らないときの対処法!修理に出すのはまだ早い?

2018.08.28

おしゃれで人気の高い「iMac」ですが、稀に「電源が入らない」との悩みを耳にします。放電の可能性など様々な原因が考えられますが、その修理費用はいくらかかるのか。そこで今回は、iMacの電源が入らないときの「原因や対処法」についてまとめています。

  1. iMacの電源が入らない!修理に出す前に対処法を実践
  2. iMacの電源が入らない時の原因1:ディスプレイ
  3. iMacの電源が入らない時の原因2:電源
  4. iMacの電源が入らない時の原因3:メモリの容量
  5. 修理に出す場合!費用はどれくらいかかる?
  6. iMacの電源が入らない時はまず対処法を!ダメなら修理に出す
多くの人が利用しているiMacですが、電源が入らないという悩みをネットで見かけます。この時の原因は何なのか。ここからは、修理に出すことを検討する前に行うべき、iMacの電源が入らない時の対処法と、その原因について解説していきます。

原因としては放電の可能性も

まずiMacの電源が入らない時に考えられる原因はディスプレイの問題です。ディスプレイが何らかの不具合を抱えている場合、iMacの電源が入らない時が多いです。原因としては放電も考えられますので、対処法としては一度iMacに電力がしっかりと送られているのかを確認します。

最悪の場合は修理も検討

そして電力がiMacに通っていることがわかれば、おそらくディスプレイの故障です。確認方法としては、他にディスプレイを繋げることができるものがあれば一度試してみます。それでも映らない場合は、修理に出す方向で考える必要があります。

コンセントのプラグを確認

そしてiMacの電源が入らない時の原因として電源に問題がある可能性も考えられます。まず行うことは基本的なことですがコンセントはしっかりとプラグにもパソコン本体にも繋がっているかです。iMacの電源には問題がない場合も考えられるので、他の電化製品などで試すのも一つです。

断線をして放電している可能性も

他の製品が、同じコンセントのプラグにさして起動する場合は、iMacの電源に異常が見られることが想定されます。どこかの部分が断線をして放電している可能性もありますので、むやみに触らず修理を依頼する方が良いです。

メモリを増設する方が多い

そして最後になるiMacの電源が入らない時の原因として考えられるのはメモリの容量です。最近ではパソコン自体をグレードアップするために、メモリを増設する方が多くいます。その時に見られることが多い事象で、取り付けが正しくできていないことが考えられます。

修理の依頼をするか知人に頼むのがベター

この場合は、機械に詳しい人でなければ自力での修復は難しいと考えられますので、アップルに修理の依頼をするか、詳しい人に頼むのがベストです。もともと使っていたメモリを再度装着し、iMacが正常に動くのであればメモリ自体が故障しているという疑いも考えられます。

修理費用は高額であればもったいない

iMacの電源が入らない場合で、どの対処法を実践しても元に戻らない時は、最悪の場合は修理が必要です。しかし、そこで問題になるのが修理にかかる費用です。新たに購入をするのと変わらない費用がかかるのであれば、修理に出すのはもったいなくなります。

平均でも2万円は必要になる

アップルの保証サービスに加入をしていると、まだ問題はないですが、故障の修理となるとだいたい2万円ほどはかかると予想されます。パソコンの金額までは及びませんが、痛い出費になりますので、しっかりと対処法は知識として持っておくべきです。もしくは、修理に出す前に一度、アップルのサポートセンターに連絡を入れて相談をするのも一つです。
iMacだけに限らず、パソコンのような精密機器は突然故障をすることが考えられます。少しでも不具合が認められた場合は早めに対処をすることが求められますし、修理に出すことも検討しつつ、まずはできる限りの対処法を実践することが大事になります。