Jnducxcjbif0frzlhjxl

家事

CATEGORY | 家事

ヘルメットの洗い方おすすめ!しっかり洗って臭いも落とす方法は?

2019.12.13

安全を守ってくれるフルフェイスなどの「ヘルメット」。自転車用・工事用・野球用・バイク用など様々な種類がありますが、汗臭いから外したいのに安全性のため外せない。では、そのおすすめな洗い方とは?今回は、臭いも落とす「おすすめなヘルメットの洗い方」をまとめています。

  1. しっかり洗って臭いも落とす!おすすめのヘルメットの洗い方を紹介
  2. 臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方1:自転車の場合
  3. 臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方2:工事用の場合
  4. 臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方3:野球の場合
  5. 臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方4:バイクの場合
  6. 臭いを落として清潔に!洗い方は把握しておこう
ヘルメットは様々なシーンで活用されるものですが、やはりきになるのは臭いです。臭いがきつくて外したくても外せないシーンは多くあります。ここからは、しっかりと洗える且つ、臭いも落とせるおすすめのヘルメットの洗い方を解説していきます。

臭いもつきやすい自転車ヘルメット

まずはじめになる臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方は自転車の場合です。自転車でもヘルメットを被っている人は多くいます。自分で漕いで進む分汗をかきやすく臭いもつきやすいのが自転車のヘルメットの特徴です。洗い方としては、まず中性洗剤を用意します。

中性洗剤で手洗いをする

普通のおしゃれ着洗いのものを使います。特に水との分量も特別なものはなく、記載された通りで問題ないです。そして布に洗剤を含ませて外側は洗います。中身に関しては取り外し、中性洗剤で手洗いをします。すると臭いも消えて快適な自転車用ヘルメットの復活です。

コツは丸洗いと天日干し

そして続いての臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方は工事用の場合を見ていきます。仕事でつく工事用のヘルメットはどうしても臭いがつきがちです。仕事中は外せないのでずっと臭いが気になります。そのためしっかりとした洗い方は知っておくべきです。工事用ヘルメットの臭いを取るコツは丸洗いと天日干しです。

天日干しはおよそ60分

ぬるま湯が入ったバケツに消臭タイプの洗剤を入れて、そのまま工事用ヘルメットを入れます。そしてしばらくそのままにして、洗剤を洗い流す際はしっかりと入念にすすぎます。すすぎ終わったら天日干しをするだけです。時間にして60分ほど干して入れば臭いも取れて完璧です。

野球用ヘルメットは夏場に注意

そして続いての臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方は野球の場合です。特に野球少年をもつ親からすると知っておきたい情報です。夏場になれば野球用ヘルメットの臭いは、汗でとてつもないものになります。野球用のヘルメットを洗う際は衣類用洗剤を使います。

野球用ヘルメットにはシャンプーも使える

ぬるま湯の中にまずつけておき、ある程度汚れが取れてから洗剤で洗います。すすぎもしっかりと行えば臭いも汚れも簡単に落ちます。野球用ヘルメットにはシャンプーも使えるので、試す価値ありです。ただし、シャンプーの場合は洗剤の時以上に丁寧なすすぎが必要です。

バイク用ヘルメットの専用シャンプーを使う

最後になる臭いを落とすおすすめのヘルメットの洗い方はバイクの場合です。バイクには通常のヘルメットとフルフェイスがあります。通常のものでもフルフェイスでも、必要なことは天日干しです。臭いを消す効果があるので必ず行います。また、臭いを消すには消臭スプレーもおすすめです。バイク用のヘルメットは専用のシャンプーが売っていますので使うべきです。

日陰は消臭効果が薄いので日向に干す

通常のバイク用ヘルメットもフルフェイスも関係なく使えます。注意点としては日陰に干すことは止めるようにします。日陰は消臭効果が薄いですし、臭いの対策としても弱いです。外したくてみ外せないのがバイクヘルメットの悩みの一つです。
ヘルメットは外したくても外せないことが多いです。その分汚れは気になりますし、臭いがきついとフルフェイスではなおさらきついです。正しい洗い方を理解しておき、臭いだけでなく汚れにも着目して正しい洗剤やアイテムを使って行うことが大切です。