Ucsa0suc6wl3rccepkwc

CATEGORY | 服

トレンチベルト結び方・前?後ろ?ベルトなし?こなれ秋スタイル5選!

2018.09.02

トレンチベルトの結び方はレディースでもたくさん。ワンテール、ダブルテール、ベルトなしにするかもポイント。長すぎる結び方はだらしなく見えてしまいます。そして、前にするか後ろにするかでも印象が変わります。トレンチベルトは前後ろベルトなし?おすすめを紹介します。

  1. 前、後ろ、ベルトなし?トレンチベルトの結び方をマスターして秋を楽しもう!
  2. おすすめのトレンチベルトの結び方は?前?後ろ?ベルトなし?
  3. おすすめのトレンチベルトの結び方①:前で短く結ぶ
  4. おすすめのトレンチベルトの結び方②:ダブルテールでレディース感を出す
  5. おすすめのトレンチベルトの結び方③:後ろに垂らしてエレガントに
  6. おすすめのトレンチベルトの結び方④:リボン結びにしてベーシックな着こなしも
  7. おすすめのトレンチベルトの結び方⑤:ベルトなしでスタイリッシュに
  8. 前、後ろ、ベルトなしいろいろ試してお気に入りを見つけよう
トレンチコートを着る上で、トレンチベルトの結び方はチェックしておきたいことの一つです。ベルトは長すぎるのもだらんとしたイメージになりやすく、レディースらしさも失われやすいです。一方で、リボンやワンテール、ダブルテールと結び方を楽しむことでレディース感もアップします。
秋らしさをトレンチコートで満喫するためには、リボンやワンテール、ダブルテールなど結び方を試しましょう。ベルトが長すぎる場合は、調節してから清潔感のある着こなしを心がけましょう。リボン結びがあまり好きではないという人は、他の結び方もチャレンジしてみましょう。
ここからは、少しでも秋をトレンチコートを上手く着こなして楽しめるようなおすすめの結び方を紹介します。トレンチコートを着ると大人っぽい印象になりやすいですが、ベルトが長すぎるとだらしなく見えます。どうせなら、レディース感がアップできる着こなしを目指したい人も多いはずです。
また、思い切ってベルトなしの着こなしを楽しむのもいいでしょう。リボンやワンテール、ダブルテールもいいですがシンプルさを追い求めるのであればこちらもおすすめです。自分がどんな着こなし方を目指しているのかをイメージしながら、トレンチコート選びもするといいです。
まずは前で短めに結ぶ方法です。こちらはベルトを長すぎるくらい出しているわけではないので、だらしなくは見えません。また、おしゃれな結び方でどちらかと言えばダブルテールに近いです。知的な女性を目指したい人は、チャレンジしてみるといいでしょう。
あまり強く結びすぎると、お腹を締め付けてしまう可能性もあります。動きやすい程度におしゃれに結ぶのが一番ベストです。
洗練された着こなしがしたいという人には、定番のダブルテールがおすすめです。秋に、こなれ感を出してトレンチコートを着こなすにはこちらの結び方が一番おすすめです。トレンチコートの色も秋を意識して選ぶことで、コート全体で秋を感じることができます。
後ろにトレンチベルトを流してエレガントに仕上げるのもおすすめです。画像の様に、コート自体のデザインが前下がりになっている場合は取り入れてみましょう。
秋のトレンチコートもベーシックに着こなしたい、という時におすすめなのがこちらです。後ろでリボン結びをすることで、ベーシック感も強く出ます。リボン結びをする時は、あまりトレンチベルトを長く残さないようにしましょう。
トレンチベルトの着こなしをスタイリッシュにしたいという人におすすめなのが、ベルトなしです。ベルトなしの着こなしは、こなれ感はでやすいですが上級者向けだと感じている人も多いでしょう。全体のコーデも考えながら着ることでまとまった仕上がりになります。
今回は、秋の着こなしの一つとしてのトレンチコートのトレンチベルトの着こなし方について紹介しました。ベルトの結び方は、自分の好みももちろんあるでしょう。また、それ以外にもどんなデザインのコートにするかによって合う結び方も違ってきます。秋はあっという間に終わってしまうので、あれこれ悩むよりかは直感を大切にするのをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://cdn.wimg.jp/item/20050655/20170221102708025/20170221102708025_500.jpg