Zg32zyzj8zsa3pa8bi9x

メイク

CATEGORY | メイク

ベージュとオークルの違いとは?ファンデーションを効果的に使おう!

2018.10.16

ベージュとオークルのファンデーションの違い…どちらもナチュラルな肌色ですが、肌をきれい見せることができ、色白メイクが叶います。今回は、ベージュとオークルのファンデーションの違い、イエベ・ブルベ別の色の選び方をご紹介します。

  1. ベージュとオークルのファンデーションの違いとは?
  2. 【ベージュとオークルのファンデーションの違い①】色の違い
  3. 【ベージュとオークルのファンデーションの違い②】使い方
  4. 【ベージュとオークルのファンデーションの違い③】色白の人は?
  5. 【まとめ】ベージュとオークルは使うべき人が違う
女性にとってメイクは大切なものです。メイクをすることにより、コンプレックスを隠すこともできますし、何よりキレイになることができます。メイクをしないと外に出歩けないという女性も多いでしょう。男性には理解されませんが、女性にとっては大事なことなのです。
しかし女性だからといって、メイクのことに関して、正しく完全な知識を持っているとは限りません。よくわからずず、使用しているものがあったり、知らないこともたくさんあります。ベージュとオークルの違いというのは、その代表でしょう。
ベージュとオークルはファンデーションの色の違いです。しかし見た目ではほとんど同じ色に見えます。そのため、この違いをまったく理解せずに、どちらでも良いと思って、適当にファンデーションを使用している女子もいるでしょう。
ベージュとオークルの違いをしっかりと認識し、正しい使い方をすれば、もっとナチュラルできれいな肌を作ることができるようになります。そのため、この両者に関する、正しい知識を勉強しておきましょう。
ベージュとオークルの何が違うのかというと、当然、色が違います。では具体的に、どう色が違うのでしょうか。そこがわかっていないと、ベージュとオークルのファンデーションを使い分けることはできません。
ベージュとオークルは似た色ですが、ベージュのほうが黄色っぽさがある色となります。それに対してオークルは、少し赤みがある色です。どちらも肌色ではあるのですが、ベージュとオークルでは、明確な違いがあるのです。そしてこれを肌に塗ったときには、より顕著に色の違いがはっきりします。
ではここからは、ベージュとオークル、それぞれの使い方についてご紹介していきたいと思います。まずはベージュからです。
ベージュはイエベの人におすすめの色となります。イエベとは、イエローベースの略で、顔の色が黄色っぽい人のことを指す言葉です。ベージュのほうが肌の色とあったファンデーションになるため、きれいでナチュラルな仕上がりにすることができます。
次はオークルです。オークルはブルベの人におすすめです。ブルベはブルーベースの略で、顔が青っぽい人のことを指します。ブルベの人がオークルのファンデーションを使えば、色の差が出ないため、ナチュラルできれいな仕上がりになるものです。
イエベなのかブルベなのかによって、ナチュラルできれいに仕上げることができるファンデーションは違います。自分の肌に合った色があるため、それをベースに、使うべきファンデーションを決めましょう。
色白の人の場合、ベージュとオークル、どちらを使えば良いか悩んでしまいますよね。色白の人の場合は、オークル系のファンデーションを使ったほうが、うまくなじんでくれます。
ただ色白といっても人によって色が違うものです。そのため、色白でもオークルが合わない人もいるでしょう。友達などの意見を参考にしながら、別の色を使うというのもおすすめですし、オークルタイプのファンデーションの中から、自分に合うものを探すのも良いです。
また、ベージュやオークルといっても、化粧品の種類やメーカーによって、色が違うこともあります。そこを意識しておかないと、ファンデーションを変えるときに、失敗してしまうことになるため、新しいものを買うときは、必ずお試しをしてから購入するようにしましょう。
ベージュとオークルについて紹介してきましたが、それぞれの色にはしっかりと違いがありますし、使うべき人も違います。きれいにメイクをして美しくなるためには、このような基礎知識をしっかりと知っておかなければなりません。男性にモテるためにも、勉強しておきましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BoWfE8wHZGQ/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3