Oqictss8meygnutjmsiq

道具

CATEGORY | 道具

瓶が開かない時の対処法!お湯で温める?ガムテーム?女性でも開けられる!

2018.09.04

大半が経験したことのある「瓶の蓋がどうしても開かない」。実はそのときの対処法として、お湯で温めるなど色々な裏ワザがあります。そこで今回は、お湯で温める方法やガムテームなどの道具を使う方法など、女性でも開けられる「瓶が開かない時の対処法」についてまとめています。

  1. 瓶が開かない場合はどうする?その場合の対処法!
  2. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法1:フタではなく瓶をまわす
  3. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法2:瓶を叩く
  4. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法3:手を洗う・蓋を綺麗にする
  5. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法4:濡れタオルを使う
  6. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法5:洗剤を使う
  7. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法6:輪ゴムを使う
  8. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法7:ゴム手袋を使う
  9. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法8:ガムテープを使う
  10. お湯をかけるなど瓶が開かないときの対処法9:瓶空け用のアイテムを使う
  11. 対処法を知っているともしもの場合役に立つ!
日常生活で地味に困るのは瓶が開かないときです。特に女子の一人暮らしをしている場合は諦めてしまう方も多いです。瓶が開かなくなる理由は時間の経過とともに金属の蓋が少しずつ縮んでいくからです。食品が入っている瓶であれば長期間放置していることも少ないので少し温めるだけで簡単に開くようになりますし、道具を使えば開けやすくなります。ここからはお湯で温めるなど瓶が開かないときの対処法について紹介していきます。

瓶を回す意識で開ける!

どうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザ1つ目は「フタではなく瓶をまわす」です。多くの人は瓶を開けようとしたときに「蓋」を回そうとする方が大半です。ここで簡単なコツとしては蓋ではなく瓶を回すことです。瓶の蓋は小さいので力を入れにくいことで開けにくくなっています。

中身がこぼれないように注意する!

このような場合は瓶の蓋ではなく瓶の方をしっかりと持ち瓶を回すように力を入れることで、蓋を回すよりも簡単に蓋が開けやすくなります。このときの注意点としては瓶の蓋を開けたおきに入口が下になっていることが多く、中身が零れてしまいます。

シンプルに瓶を叩くことで開ける!

そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「瓶を叩く」です。瓶を温めることで開くようになる仕組みは、瓶の中の空気も温めることによって膨張し内から外に力がかかるようになるため開けやすくなります。

複数方向の力を入れるのがポイント

このように瓶が開かないときは複数方向の力をかけることが大切です。瓶が開かないときに瓶を叩くことによって通常の瓶を開けるとは違う力を掛けることで開けやすくなります。実際に瓶を叩いたことによる衝撃で縮んだ蓋に空間ができることで蓋を回しやすくなります。

滑らないように工夫する

そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「手を洗う・蓋を綺麗にする」です。瓶が開かないときの原因の1つに「滑り」があります。簡単に言うと瓶を開けようとしたときに、手の脂で滑ってしまいます。

蓋を回すときに滑るのは手の脂が原因!

このときの対策としては滑りの原因になっている手の脂を取ることがおすすめです。ハンドソープなどで手を洗うことで手の脂を取り除くことができます。また、手の脂以外にも蓋自体に滑るものがついている可能性があるので瓶を綺麗に拭きます。このようにすることで摩擦が生まれ蓋を開ける力が伝わりやすくなります。

摩擦を増やして力を伝えられるようにする!

そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「濡れタオルを使う」です。ここまでのように開かない瓶の蓋を開けるためには摩擦を増やして力を伝えやすくすることが大切です。身近な道具として力を発揮しやすいのが濡らしたタオルです。

タオルを温めることでより効果UP!

乾燥したタオルだと摩擦が少ないので滑ってしまいます。そこで濡らしたタオルであれば乾燥したタオルよりも摩擦が生まれやすく瓶を開ける力が伝わります。さらにタオルをお湯などで温めることにより瓶を温め、より開けやすくなります。

食品以外であれば洗剤が使える!

そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「洗剤を使う」です。長期間放置していた瓶は非常に固くなっており、少し瓶を温めるだけではな開かないことが多いです。実際に素手で開かない場合は道具を使うことが有効で、中身が食品でないときは洗剤を使うのがおすすめです。

洗剤で滑りを生ませて回しやすくなる!

食器用の洗剤など何でも構いませんので瓶に手が触れる場所に付かないように洗剤を垂らします。有効な方法は瓶を逆さにして、蓋と瓶の間に少量の洗剤が垂れるように注ぎます。しばらくすると瓶と蓋が接しているところに洗剤が入り滑りやすくなって蓋が開きやすくなります。食品以外であれば洗剤は道具として使いやすいです。

中身の種類に関係なく使いやすい

そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「輪ゴムを使う」です。どの家庭でもあるような道具を使って瓶を開けることが可能です。その道具が「輪ゴム」です。輪ゴムを道具として使う場合は、瓶の中身が食品であったとしても使いやすいです。

できるだけ多く輪ゴムをつけることがポイント

輪ゴムは非常に摩擦が大きいので開かない瓶の蓋に輪ゴムを付けて回すことによって力が入りやすくなるので、女性など力に自信がない方でも簡単に開けることができます。この方法の開け方のポイントはできるだけ多く蓋と瓶に輪ゴムをつけることです。

ゴム手袋を付けると開けやすい

そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「ゴム手袋を使う」です。輪ゴムよりも効果的な方法はゴム手袋を使うことです。特に引っ越し用などのゴム手袋は摩擦が非常に大きいので簡単に力を伝えることができます。輪ゴムの場合は摩擦は増えますが持ちにくさがあります。

運搬用のゴム手袋がおすすめ

このゴム手袋は200円程で販売されているので重い荷物を持つときなどのために1セット持っておくことがおすすめです。瓶を開けるためだけに何かを用意するのはもったいないですが、このゴム手袋は非常に汎用性が高いので持っていると便利です。

ガムテープを使うのがおすすめ

そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「ガムテープを使う」です。ガムテープを使うことでも簡単に瓶の蓋を開けることができます。ガムテープは輪ゴムと比較してもしっかりと固定されるので、瓶の蓋をしっかりと掴み回すことが可能です。

ガムテープの種類に注意!

ガムテープには大きく2種類あります。1つ目は紙でできている「クラフトテープ」です。クラフトテープは剥がれやすいように表面が加工されているので滑りやすいです。2つ目はいわゆる「布テープ」です。この布テープは切りやすく使いやすいですし、しっかりと掴んで瓶の蓋を回しやすくなります。またガムテープを使うときは蓋がベトつく場合があるので要注意です。

どうしても蓋が開かない場合の最終手段!

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CxpmCZ4OL._SL1500_.jpg
そして続いてのどうしても瓶が開かないときの女性でも開けられる裏ワザは「瓶空け用のアイテムを使う」です。この方法は最終手段として考えた方が良いです。実際に1000円程かかりますし、基本的に通販になるので手元に届くのに時間がかかります。

基本的に蓋を回しやすくする道具

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JgHsD3j%2BL.jpg
このような蓋を開ける専用の道具は基本的に摩擦を最大まで増やして力を伝えやすくすることで蓋を開けています。そのためここまで紹介した方法をしっかり実践することと近い方法です。瓶を使う機会が多い人であれば1つ持っておいても損はありません。
今回はお湯で温めるなど瓶が開かないときの対処法について紹介してきました。実際に長期間放置していた瓶は開けにくくなりますので瓶を開ける裏ワザを知っていると便利です。また、人から瓶を開けて欲しいと頼まれることもあるので知識として覚えておいて損はありません。