Vdx4pucricrmguog0ymp

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

混合肌タイプのスキンケア方法!クレンジングや乳液の選び方をレクチャー!

2018.10.18

混合肌は、皮脂分泌が多い部分と、乾燥しやすい部分をもっています。そのため、毎日のスキンケアは大変でしょう。この記事では、混合肌向けの基礎化粧品(クレンジング・乳液など)の選び方やおすすめ商品を紹介します。洗顔後のスキンケアでニキビレスの美肌を手にしましょう。

  1. 混合肌のスキンケアは大変?
  2. 混合肌って?
  3. 混合肌はこんな状態
  4. 混合肌の種類について
  5. なぜ混合肌になるの?
  6. 混合肌の人はこんな悩みをもっている
  7. 混合肌対策になるスキンケア方法
  8. 混合肌の人におすすめのクレンジング成分
  9. 混合肌にNGのクレンジング成分
  10. クレンジングの種類
  11. 混合肌おすすめクレンジング
  12. 混合肌クレンジングの使い方
  13. 混合肌用洗顔後のスキンケア
  14. 混合肌にぴったりの乳液の選び方
  15. 混合肌におすすめの乳液ベスト5
  16. 混合肌おすすめ基礎化粧品(シートマスク)
  17. 混合肌おすすめ基礎化粧品(ジェルクリーム)
  18. 混合肌おすすめ基礎化粧品(化粧崩れ対策下地クリーム)
  19. 混合肌おすすめ基礎化粧品(リキッドファンデーション)
  20. 混合肌の特性にあったスキンケア化粧品を選ぼう!
Zigqi6isozbweitkl4hg
引用: https://www.pinterest.jp/pin/767441592727560903/
人によって肌質は異なり、それに見合ったスキンケアが必要です。中でも混合肌は、部分的に肌質が異なるため、スキンケアは大変でしょう。ここでは、混合肌の人の悩みや各基礎化粧品の特徴・ケア方法などについて紹介します。
Af50prda4ajicwfw9xwb
引用: https://www.pinterest.jp/pin/591308626044690934/

水分・油分バランスがよい普通肌

まずは一般的に多い、普通肌の人です。基本、水分量と油分量のバランスが安定している肌状態になります。潤いをしっかりキープしているので、とくに肌トラブルに悩むことがありません。ニキビになりにくいのですが、毎日の基礎化粧品ケアは大事な要素でしょう。

カサカサしやすい乾燥肌

Nr29hbafiioakz3zkk3n
その名のとおり、肌がカサカサに乾燥している状態です。肌にうるおいが足りていないので、洗顔後にしっかり保湿ケアの必要があります。洗顔はあまりゴシゴシ洗ってしまうと大事な皮脂も取り除かれてしまうので注意が必要です。化粧水でしっかり水分補給をしたあとは、乳液でフタをしましょう。

べたべたしやすいオイリー肌

油分だけでなく水分も多く、テカリやべたつきがに気になる肌質です。外出の際には油とり紙がかかせません。そのままの状態にしてしまうとニキビの原因になるので、注意が必要です。適したクレンジングと洗顔・保湿ケアが必要でしょう。

乾燥と脂性の特性をもつ混合肌

混合肌は、その名のとおり、乾燥しやすい部分と脂性の部分に分かれます。顔の部位によって肌質が違うので、各部位の対応が必要なのが面倒くさいでしょう。基本はクレンジングから洗顔・化粧水・乳液といったスキンケア対策を混合肌用に置き換えるだけです。
Resbuickcsrryhbad3s2
引用: https://www.pinterest.jp/pin/775041417092430150/

肌の部位によって違う

混合肌は、その名のとおり、肌の部位によって肌質が違ってくる肌タイプです。そのため、その部位によってスキンケアが違ってくるため、ケアが面倒くさくなります。クレンジングや乳液など、自身の肌質によって使う種類が異なるのです。

TゾーンとUゾーン

Icacqlxxwyycyfcthidc
Tゾーンというのは、額から鼻へそしてあごにかけるT字ラインをさします。顔パーツの中でもっとも皮脂が出やすいので、ニキビになりやすく、こまめに脂とり紙などでケアする必要があるでしょう。Uゾーンは、頬とあごをつなぐU字ゾーンで、一般的にフェイスラインといわれます。
このラインは結構乾燥しやすいので、定期的な保湿ケアが必要であり、洗顔後に化粧水・乳液でしっかり潤いを保ちましょう。
Lqtjojlqi9xzdrwgfbqs
引用: https://www.pinterest.jp/pin/345088390189537082/

オイリータイプで普通肌

混合肌は2種類の肌質が合わさった状態であり、たとえばオイリー肌と普通肌があります。たとえば、Tゾーンは皮脂が多くテカテカしやすいのですが、一方でUゾーンはうるおいがあってしっとりしている肌である状態です。
そのため、その部位に適したケアが必要であり、乾燥しやすい部位は保湿ケア・テカりやすい部位は脂とり紙でこまめに取りましょう。

オイリータイプで乾燥肌

合わさった二つの肌質はどちらもトラブルになりやすいタイプの場合もあります。基本的にTゾーンは皮脂が多く、逆にUゾーンは乾燥しやすいので、Tゾーンは油とり紙でしっかりとって、逆にUゾーンは適した保湿ケアをしてうるおいをキープしましょう。

乾燥タイプで普通肌

水分・油分が少ない乾燥肌は、ちょっとした刺激でもすぐに水分が蒸発してカサカサになりやすくなります。そのままの状態ではつっぱってしわになりやすいので、こまめな保湿ケアが必要でしょう。普通肌の部分でも、定期的なケアをしなければ乾燥肌になりやすいので、毎日のスキンケアを欠かさないでください。
X6lsraqbhohxwdoesqre
引用: https://www.pinterest.jp/pin/291256300882553299/

スキンケアが間違っている

混合肌になってしまう原因には、生まれつきの遺伝要素もありますが、基本は普段のスキンケアが間違っていることが挙げられます。たとえばTゾーンの皮脂が盛んでもそのままの状態を放置してしまうと、余計皮脂分泌が進みます。逆に乾燥しやすいUゾーンを放置してしまうと、乾燥が進んでしわになるのです。

生活習慣の乱れ

間違ったスキンケアはかえって肌を傷めてしまう原因になりますが、普段何気なく行っている生活習慣でも肌状態を悪くしているかもしれません。たとえば寝不足だったり、食事バランスが偏っていると大切な栄養素が肌内部にしっかり浸透しません。
これではせっかくスキンケアをしても思うように肌改善を望めないのです。そのため、しみ・しわ・そばかす・ニキビなどの肌トラブルを起こすので注意が必要でしょう。
Jv738rj3uwdge4lo63nx
引用: https://www.pinterest.jp/pin/225320787591198200/

【混合肌の人の悩み】ニキビ

10代の思春期ニキビからオトナになってからのオトナニキビなど種類はありますが、基本、10代の思春期ニキビはホルモンバランスの乱れが原因とされ、オトナニキビは生活習慣やストレスなどがからまって起こるとされています。そのため、ストレスなどで過剰に皮脂分泌が行われ、ニキビを発症します。

【混合肌の人の悩み】化粧崩れ

ファンデーションの主な原料は油分なので、皮脂とともに大量の油が肌表面にでて、ファンデーションとまざり、化粧崩れを起こすのです。せっかく朝メイクをした顔も台無しになってしまうので、毎回、洗顔・化粧直しをすることになります。

【混合肌の人の悩み】黒ずみ

過剰な皮脂によってつまった毛穴は雑菌とまざって炎症を起こし、やがて黒ずみの原因になります。ニキビを放置してしまうと赤ニキビから黒く変色してしまうので、注意が必要でしょう。こまめな洗顔で過剰な皮脂を洗い流す必要があります。

【混合肌の人の悩み】しわ・たるみ

乾燥しやすい部分は、どうしても適した水分を保つことができないため、カサカサになります。基礎化粧品で適した水分補給が必要になります。こまめに化粧水や乳液でスキンケアをしなければ、カサカサになってヒビが入り、やがてしわやたるみを作ってしまうのです。
Irttbkgh06t6pgh4fdbp
引用: https://www.pinterest.jp/pin/651544271066628345/

【混合肌対策になるスキンケア】クレンジング

まずは毛穴の汚れなどをしっかり取って、肌をキレイな状態にすることから始めます。普段メイクをするのであれば、ファンデーションや口紅など、しっかり落とすことが大事なので、クレンジングは必須でしょう。
手のひらにクレンジングを適量とり、手の温度であたたまった状態でメイク落としをするとオイルがしっかり毛穴に入りこんで汚れをごっそり取り除きます。

【混合肌対策になるスキンケア】洗顔

クレンジングをしたあとは、べたべたした状態なので、洗顔料でしっかり汚れを取り除きます。まずは洗顔料をしっかり泡立てた状態から、皮脂の多いTゾーンを洗い、皮脂が少ないUゾーン、そしてぬるま湯(32~34度)ですすぎましょう。

【混合肌対策になるスキンケア】保湿

洗顔をしてタオルで水分をふいたあと、スキンケアを行います。混合肌は油分が多い部分と乾燥しやすい部分がありますが、基本は乾燥しないように保湿ケアをしましょう。化粧水で保水をして美容液・乳液で蒸発しないようにフタをします。
Lcreetyjx5q3vw5ya73p
引用: https://www.pinterest.jp/pin/651544271066628323/

【混合肌におすすめのクレンジング成分】アミノ酸系界面活性剤

界面活性剤はクレンジング効果には必須なのですが、過度に皮脂をとりすぎてしまうとかえって肌を傷めてしまいます。そのため、適度にマイルドな効果になるクレンジングが推奨されるでしょう。アミノ酸系界面活性剤は、静電気などで乾燥せずに、安心して使うことができます。

【混合肌におすすめのクレンジング成分】油脂系のオイル

Uゾーンなど、乾燥しやすい部位はしっかりオイルケアが必要です。とくにアルガンオイル・オリーブオイルは天然植物系として肌にやさしく、なじみやすいので、敏感肌の人でも基礎化粧品として注目されています。

【混合肌におすすめのクレンジング成分】水溶性の保湿

基本、クレンジングでは最後に洗い流すので、保湿成分などが配合されていてもあまり意味がありません。しかし、洗浄力ばかり強くなってしまうとつっぱってしまうので、ヒアルロン酸・コラーゲンといった水溶性の保湿成分が含まれているとよいでしょう。

【混合肌におすすめのクレンジング成分】毛穴汚れを解消する

毛穴の汚れがひどいと、炎症を起こしてニキビを助長させてしまいます。そのため、毛穴の汚れを吸着させるタナクラクレイ・アーチチョーク葉エキスといった成分がおすすめです。
H87kcm8gl2k6vh0jlgkn
引用: https://www.pinterest.jp/pin/651544271066627993/

【混合肌スキンケアNGのクレンジング成分】ミネラルオイル

ミネラルオイルは、肌によさそうなイメージがありますが、強い洗浄力があるため、大事な保湿成分も流れてしまうおそれがあります。混合肌の場合、乾燥しやすい部位もあるので避けた方がよいでしょう。

【混合肌スキンケアNGのクレンジング成分】アルコール

化粧品では「エタノール」と呼ばれていますが、刺激が強いので使わないほうがよいでしょう。また、混合肌に限らず、どのタイプの肌にも刺激となりやすいので、基礎化粧品に配合されている場合は避けるべきです。

【混合肌スキンケアNGのクレンジング成分】PG・DPG

刺激性があるという点で、PGもDPGも避けたほうがよいとされています。DPGのほうは、PGほど強くはないものの、混合肌には向いていないでしょう。表記成分の上部に書かれている成分は配合濃度が高いので、気をつけてください。

【混合肌スキンケアNGのクレンジング成分】合成香料・合成着色料

毛穴の汚れを取り除く効果としては、あまり意味をなさない成分です。香りや色にこだわりがなければ、ムダに成分が入っていることで肌に負担がかかってしまうかもしれません。そのため、ニキビなどを助長させないために、避けたほうがよいでしょう。
H78c4vvdxyxjj5jtiimu
引用: https://www.pinterest.jp/pin/225320787590112969/

【スキンケアクレンジングの種類】オイルタイプ

油分が多いタイプのクレンジング剤です。肌になじみやすい特徴をもっているので、濃いメイクもしっかり落とすことができるでしょう。ただし、脱脂力が強いので、保湿成分までも取り除いてしまう可能性があります。

【スキンケアクレンジングの種類】リキッドタイプ

水っぽいのでサラっとしたテクスチャーが人気のクレンジング剤です。伸びがよいので少量でも顔全体になじませることができる反面、オイルタイプよりも脱脂力が低いので何度もつけて、こすって肌を傷めてしまう可能性があります。

【スキンケアクレンジングの種類】ジェルタイプ

ジェルタイプといっても、水性と油性タイプがあります。そして、水性にはオイルイン・オイルフリーがあり、メイクの濃さによって変えることができるのです。なめらかなつけごこちのため、肌をこすることなくニキビができにくい肌を目指せます。

【スキンケアクレンジングの種類】クリームタイプ

肌にしっかり密着するクレンジング剤です。濃いメイクを落とすのに適していますが、べたつき感があり、オイルタイプよりも洗浄力が弱いので、しっかり落としたい場合は、オイルタイプを選ぶとよいでしょう。

【スキンケアクレンジングの種類】ミルクタイプ

クレンジングの中でももっともしっとりした実感があるタイプです。うるおいを保つことができる分、洗浄力に関してはしっかり落とした感がなく、物足りなさを感じるでしょう。洗浄力のある洗顔料を使うことになるので二度手間です。

【スキンケアクレンジングの種類】シートタイプ

時間がないときにさっと拭いてメイクを落とすことができるという点で魅力的な基礎化粧品です。しかし、ふき取ったときの肌への負担が大きいので、あまりおすすめできません。

【スキンケアクレンジングの種類】バームタイプ

クリームタイプ・オイルタイプの間といった感じのクレンジング剤です。容器に入っているときは固形のものが、手に取ったときにオイルタイプに変わるので肌への摩擦を抑えることができます。
Nht3cgqhpx6pn7dj1wvu
引用: https://www.pinterest.jp/pin/651544271066628318/

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

水性・オイルフリータイプのクレンジングジェルです。アミノ酸系界面活性剤が主成分となっているので、肌にやさしく、粘着ジェルが肌にしっかり密着して汚れを取り除きます。また、カワラヨモギ花エキス・シソ葉エキスが肌荒れを防いでくれるのです。
Gaka8xtshnjghwsznemm
引用: https://www.pinterest.jp/pin/113293746854275508/

【ニキビ予防になる混合肌クレンジングの使い方】Tゾーンから洗う

混合肌に限定しているわけではなく、どんな肌質の人でもTゾーンから使うようにしましょう。Tゾーンは皮脂が多く、まずはニキビになりやすい箇所からスタートします。そして、あごなどのUゾーン・目元・口元の順に伸ばしてください。

【ニキビ予防になる混合肌クレンジングの使い方】てぎわよく洗う

ゴシゴシ洗うと肌を傷めてしまうのですが、それにプラスしててぎわよく洗うようにしましょう。時間をかけてしまうとどんなにやさしくマッサージをしても肌には負担がかかっています。てっとり早く済ませて、ぬるま湯でサッと洗い流してください。
M01hddrfncf2h4o71ou9
引用: https://www.pinterest.jp/pin/830421618766103626/

刺激の少ないエイジングケア化粧品で保湿

加齢とともに肌の水分は減っていきます。そのため、エイジングケア基礎化粧品の多くは保湿にこだわって作られているのです。混合肌に限らず、クレンジング・洗顔後は、肌に負担が少ない保湿系基礎化粧品を使いましょう。

紫外線対策をする

せっかく化粧水・乳液などの基礎化粧品で保湿ケアをしても、がんがん太陽を浴びて紫外線が肌に入ってくると、乾燥が進み、ニキビができやすくなります。また、しみ・たるみなどの原因にもなるので、防止やUVカットクリームなどを使い紫外線対策をしましょう。
J97gf9znqcm9xmbgvn7k
引用: https://www.pinterest.jp/pin/225320787590122253/

【基礎化粧品乳液の選び方】成分

混合肌は、部分的に脂性であったり、乾燥肌であったりします。そのため、部分部分にあった配合成分が必要でしょう。基本保湿成分は化粧水でしっかり補給をして、乳液で蒸発しないようにフタをします。

【基礎化粧品乳液の選び方】タイプ別

乳液といっても、リキッド・ジェル・クリームといろいろな種類の基礎化粧品があります。Uゾーンは乾燥しやすいので、クリームタイプであれば適した油分が補充されるので便利です。また、ジェルタイプはさっぱりしていてTゾーンのべたつき感を抑えてくれるのです。
Xasu27sp3gnbpyr5onkw
引用: https://www.pinterest.jp/pin/225320787587226244/

【おすすめ基礎化粧品乳液】5位:オルナ オーガニック

ヒアルロン酸・セラミド・ビタミンCなどが配合されている肌にやさしいオーガニック乳液です。混合肌で敏感な人でも安心して使うことができるでしょう。さっと伸びて、ほんのり植物の香りに癒されます。

【おすすめ基礎化粧品乳液】4位:クリニーク DDML+

さっぱりしたつけごこちで、それでいてしっとりうるおう感じが人気の乳液です。水分だけでなく油分もバランスよく整えるので、混合肌の人も安心して使うことができる基礎化粧品といえるでしょう。

【おすすめ基礎化粧品乳液】3位:イプサ ME レギュラー3

化粧水明記ですが、乳液としても使うことができる便利な基礎化粧品です。カサカサ部分と脂っぽい部分をもつ混合肌にぴったりで、洗顔後のつっぱりやすい肌もやさしくうるおいます。

【おすすめ基礎化粧品乳液】2位:小林製薬 バランシーナ

混合肌専用の乳液で、水分・油分のバランスをよくすることで人気です。イノシトールという皮脂バランスをよくする成分と、保湿効果が期待できるヒアルロン酸が配合されています。さっと伸びるので少量でも大丈夫です。

【おすすめ基礎化粧品乳液】1位:美人ぬか 純米乳液 さっぱり

米ぬかを主成分とした基礎化粧品です。ミネラルとビタミンが豊富に配合されている米ぬかを肌にぬることは、美肌を目指す人には欠かせない成分でしょう。また、食材としての成分なので、肌にも安心して使うことができます。
Hluskpej1jsq1jfe3sti
引用: https://www.pinterest.jp/pin/739364463797816709/

資生堂 専科 パーフェクトシルキーマスク

濃密でとらみがある美容液成分がしっかり肌内部に浸透して、もっちり肌を目指します。乾燥しやすい部分のしわやたるみをしっかり伸ばし、適した肌環境に導きだすのです。洗顔後の清潔な肌につけることをおすすめします。
Nllhhnjb6xpbmly2yy6o
引用: https://www.pinterest.jp/pin/379709812311504182/

資生堂インターナショナル SHISEIDO エッセンシャルイネルジャ モイスチャライジング ジェルクリーム

乾燥しやすい部分の肌ダメージをなくし、小じわがめだたず、うるおいとツヤのある肌へ導いてくれる基礎化粧品です。ホワイトカラーのシンプルな容器で、どんな場所でもフィットします。

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

塗った瞬間、肌にさっと浸透してハリと透明感のある肌へ導く基礎化粧品です。これ一つだけあれば、洗顔後の化粧水・乳液も必要ないので、手軽な肌ケアができるとして注目されています。
Cjwirt5xcqppgnjalfzl
引用: https://www.pinterest.jp/pin/6333255710554330/

ランコム UV エクスぺール トーンアップ

洗顔・化粧水・美容液で肌状態を整えたあと、顔全体に伸ばすことでメイク下地として使える基礎化粧品です。紫外線をカットする日焼け止め用乳液としても注目されています。

常盤薬品工業 サナ 毛穴 パテ職人 毛穴崩れ防止下地

化粧下地として使えるクリームです。重ねるほど透明感がでて、すっぴんの美しさと間違えてしまいます。1日中毛穴レスが続くので、わかい肌をキープしたい人にぴったりでしょう。
Fziik36m7wbawmnuk9xf
引用: https://www.pinterest.jp/pin/225320787586920489/

NARS ナチュラルラディアント ロング ウェアファンデーション

軽い質感でさっと伸びてつけごこちが楽なファンデーションです。ナチュラルな仕上がりになるのに、高いカバー力を誇っていることでも人気があります。

カネボウ化粧品 ケイト ウォーターインオイルBB

この1本でベースメイクがしっかりできる化粧下地クリームです。保湿効果があるので、混合肌の人でも期待できるでしょう。UVカット効果で、紫外線対策もばっちりです。
Rvdtvqgytpzzh4yvb4xs
いかがですか。混合肌の人は、脂性と乾燥肌の特徴をもっているため、普通のスキンケアではうまく対応できずに悩んでいる人も多いでしょう。
●混合肌の特性を知る
●混合肌にあったクレンジング・洗顔料・化粧水・乳液などを選ぶ
皮脂が多いTゾーンや乾燥しやすいUゾーンに適したケアができるスキンケア化粧品を口コミ・ランキングなどを参考に選んで試してみてください。