Ojo9zjcbjgkdxzl1epwx

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

お風呂でカロリーをより消費する方法は?ダイエットしたい女性必見!

2018.09.03

お風呂で、カロリー消費をする時間にするにはどうしたらいいでしょうか。痩せるダイエットをしたいけど、なかなか運動できない、効果的な方法を知りたいという人におすすめなのが、お風呂の時間を活かしてカロリー消費をする方法です。消費カロリーを増やす方法などを紹介します!

  1. お風呂の時間に何をする?痩せる?
  2. 熱いお風呂でカロリー消費の時間に変える!
  3. お風呂時間をカロリー消費時間に変える高温反復浴とは?
  4. 温度の熱いお風呂と冷水を浴びること
  5. お風呂時間にたくさん汗を流すと美肌に
  6. よりお風呂でカロリー消費を増やすには?
  7. 高温反復浴の注意点
  8. お風呂でカロリーをより消費する方法は?ダイエットしたい女性必見!まとめ
引用: https://www.pinterest.jp/pin/604397212467248010/
お風呂の時間はリラックスタイムだから、アロマで癒されたい、ファッション誌やスマホで美容や興味ある情報を仕入れたいという人は多いでしょう。でも、せっかくのお風呂時間をダイエットに効果的に変えてみることは可能です。体脂肪が燃えやすい入浴方法を実践したら、毎日ダイエットに取り組めるのです。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/675610381573933046/
温度の熱いお風呂に入ると聞くと「江戸っ子?」と思う人も多いと思いますが、暑いお風呂に入ったり出たりを繰り返すと、半身浴よりもカロリーを消費するというのが、高温反復浴です。この入浴方法なら、1時間に300から400キロカロリーのカロリーを消費できるとか。この消費量は、ジョギング1時間、ウォーキング90分に相当します。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/227713324881792249/
ジョギングに行って汗をお風呂で流すよりも時間効率の高い高温反復浴ですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか。お風呂の温度設定は42から43度にします。そして入浴前に発汗を考慮してミネラルウォーターを飲んでおくのがいいでしょう。必要なら、ミネラルウォーターのボトルを浴室に持ち込んでもいいですね。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/340795896793681601/
入浴は、温度の熱い湯船に3~5分つかり、出たら5分ほど髪を洗ったり、体をお洗ったりを繰り返すだけ。つまり、5分ごとにお風呂に入る、出るのローテーションを繰り返すだけです。タイマーなどバスルームにを持ちこむといいですね。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/348747564891559015/
なお、温度の高い湯船から出ている時間に、シャワーで冷水を浴びることで血管が膨張して代謝を高めることができます。いわゆる、冷水浴ですね。熱いお風呂に入ることの間に冷水シャワーを混ぜることで、1時間の熱いお湯の入浴時間を続けられるとともに、効果をさらに増やすことができるのです。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/448530444113754577/
熱いお風呂に入ってたくさん汗を流すと、悪いミネラルが体から一緒に出てい行きます。いわゆるデトックス効果ですね。体から毒になる重金属が出ると、美肌になれるのはかなり期待できますね。そのためには、いいミネラルを適度にとって、悪いミネラルが体から出やすくしなければなりません。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/365847169706637969/
だから、デトックスにいいお茶やミネラルウォーターで、発汗で失う水分を体に取り入れるだけではなく善いミネラルを体に取り入れると、体によりいい効果を増やすことができるのです。痩せるだけではなく、体の毒出しにもなるお風呂時間に変えられますね。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/373235887864974775/
お風呂時間でよりカロリーを消費したければ、ヨガの呼吸法をするのはおすすめです。水圧がかかるので、お腹を膨らませたり、お腹をかなり引っ込ませたりする腹式呼吸の効果は、お腹周りの筋肉を鍛え、二酸化炭素をたくさん排出できるので消費カロリーを増やすことができます。お風呂時間で、ウエストが痩せるエクササイズが可能ですね。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/196399233728089889/
高温反復浴お注意点はとても重要です。汗がたくさん出るので水分とミネラルを十分にとるのは当然として、このダイエット法hをしてはいけないケースがあります。まずは妊婦や貧血気味の人です。カロリー消費が大きいとは、体への負担が大きいということなので、注意が必要です。また、空腹時や食後すぐも避けるのがいいですね。
引用: https://www.pinterest.jp/pin/563935184585261061/
お風呂時間をダイエット時間に変える熱いお風呂の入浴法についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。無理をせず、十分にミネラルを含んだ水分をとれば、ダイエット効果は倍増します。湯船に出たり入ったりがややせわしないですが、この体が受ける刺激的な温度の落差が効果を生むので、ぜひお試しください。