U7z69846uc4bjzewgivk

シャンプー

CATEGORY | シャンプー

白髪ぼかしと白髪染めの違いとは?美容院以外の方法はないの?

2018.09.03

全体的ではなく一部に白髪が生えてくると非常に気になりますが、どのようなぼかし方法が適切なのか。そもそも白髪ぼかしと白髪染めの違いは何か。今回は、違いとともに、市販のムースの塗り方・シャンプーのやり方など「美容院以外で白髪ぼかしをする方法」をまとめています。

  1. 白髪ぼかしと白髪染めの違いとは?
  2. 白髪ぼかしと白髪染めの違い1:色合い
  3. 白髪ぼかしと白髪染めの違い2:印象
  4. 白髪ぼかしと白髪染めの違い3:色落ち
  5. 白髪ぼかしと白髪染めの違い4:難易度
  6. 白髪ぼかしを美容院以外でやる方法とは
  7. 美容院以外で白髪ぼかしをする方法1:市販のムースなどを買う
  8. 美容院以外で白髪ぼかしをする方法2:塗り方に注意
  9. 美容院以外で白髪ぼかしをする方法3:シャンプーで落とす
  10. 白髪ぼかしは美容院でやる方が無難
  11. 白髪ぼかしで自然にヘアスタイルを決めよう
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2e/2eb742bcc157ea21184467e519231f73_t.jpeg
白髪が増えてきたときの対策に「白髪染め」と「白髪ぼかし」がありますが、白髪ぼかしと白髪染めは似ているようで全く違います。人によって理想的なスタイルなどは変わるので自分に合ったスタイルを実践することが大切です。ここからは白髪ぼかしと白髪染めの違いや白髪ぼかしの方法について紹介していきます。

白髪を染める目的が異なる

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f2/f2b0195c95feeb2e75686a885b0829ad_t.jpeg
まず始めの白髪ぼかしと白髪染めの違いは「色合い」です。白髪ぼかしとは白髪が目立たないように行う髪染めのことです。それに対して白髪染めは白髪が分からなくなるように髪を染めることで、その最も大きな違いは髪の色です。

白髪ぼかしは白髪を馴染むように染める

白髪染めの場合は白髪が分からないように黒た茶色などの1色で髪を染めることが多いです。それに対して白髪ぼかしはグレーに髪を染めて、目立った白髪を馴染ませることが目的になります。白髪染めの場合は生え際などが目立ちますが、白髪ぼかしの場合は白髪と馴染んでいるので生え際なども目立たないメリットがあります。

白髪染めは若々しくなる

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/96/968fe29f3ea83b1c45aa3985931d32a1_t.jpeg
そして続いての白髪ぼかしと白髪染めの違いは「印象」です。白髪染めと白髪ぼかしの最大の違いは染めた後の印象の違いです。白髪染めを行うと髪の色が大きく変わり、白髪が見えなくなるので若々しい印象を与えます。しかし、急激に変わるのでそのギャップに違和感が出る可能性もあります。

白髪ぼかしは自然体で馴染む

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e8/e8a1ba282cebccbe28b44a1540f0a1ca_t.jpeg
白髪染めに対して白髪ぼかしはグレーの色で髪を染め上げるので、年齢に相応しい自然なスタイルにすることができます。白髪による老けた印象は和らぎ、白髪染めで起きやすい違和感などもなく非常に馴染んだ印象になるのが特徴です。白髪染めを行う場合も白髪ぼかしを行っていき徐々に染めていくのがおすすめです。

白髪染めは市販のもので簡単にできる

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a0/a0d4ad9d7bc650fe3549c162cf675518_t.jpeg
そして続いての白髪ぼかしと白髪染めの違いは「色落ち」です。白髪染めの場合は若々しい印象を与えるだけではなく、白髪染めのムースも色が強いため色落ちすることなく耐久性に優れています。実際にムースなどで白髪染めする場合も濃い色なので美容院にいかなくても市販のもので簡単に行うことができます。

白髪ぼかしのムースは色が弱い

白髪ぼかしのムースは自然に染め上げることもあり、あまり濃い色ではありません。そのためムースの色自体が薄いので色落ちしやすいのが欠点です。実際に白髪ぼかしを行ってしばらくすると色が落ちてきます。また白髪ぼかしの塗り方は難しいですが、色落ちすることがあるので頻繁に行う必要があるのでストレスになることがあります。

白髪染めは市販のものでも簡単

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/41/41fe185822c7d3f067ef669d8f1d7cfe_t.jpeg
そして続いての白髪ぼかしと白髪染めの違いは「難易度」です。白髪染めは先程のように白髪ぼかしよりも比較的簡単と言われています。実際に市販の白髪染めでも1色に染めるだけなので塗り方に注意すれば、美容院に行かなくても白髪対策を行うことができます。

白髪ぼかしは塗り方に注意が必要

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f6/f6d0a7882c0b3687efa95b9a68d22fe6_t.jpeg
白髪染めに対して白髪ぼかしは色が薄い分、色の発色が悪いため塗り方に気をつける必要があります。そのため、白髪染めよりも白髪ぼかしの方が難しいと言われています。実際に白髪ぼかしで失敗してしまって、白髪染めを行う方も多くいます。

ヘアスタイルによっては「ぼかし」がおすすめ

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b4/b4bb045583ed66ec5cb7627208e73a58_t.jpeg
ここまでのように白髪ぼかしと白髪染めは似ていますが違いが多くあります。重要なことは自分がどのようなヘアスタイルをしたいかどうかです。また、ヘアスタイルを変えることは周囲へ与える印象も変わるので注意が必要です。実際に周囲の視線が気になる場合は白髪ぼかしの方が馴染みやすいためおすすめです。

白髪ぼかしをする方法とは

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d2/d2f04466e56b505c1c004b39044040b1_t.jpeg
白髪染めは自宅で行う方も多いですが、白髪ぼかしは美容院などで行うことが多いです。しかし、白髪ぼかしを毎回美容院などで行うと費用がかかりますし、時間が合わないとできないこともあるので自宅で行う方法を知っておくのがおすすめです。ここからは美容院以外で白髪ぼかしを行う方法について説明していきます。

白髪ぼかし用の染料を用意する

まず始めの美容院以外で白髪ぼかしの方法は「市販のムースなどを買う」です。まず白髪ぼかし用の染料を用意します。このときに重要なことは「白髪ぼかし」用のムースなどを購入することです。白髪ぼかし用以外の染料だと上手くいかないことが多いです。

白髪ぼかし用以外だと仕上がりが変わる

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d1/d150351b6b0b3b3aac22a333e1152f5b_t.jpeg
実際に白髪ぼかしとは「グレースタイル」と言われるように灰色に髪を染めることになりますが、灰色の染料を買えば良いという問題でもありません。白髪ぼかし用以外の染料は色が強いため不自然な仕上がりになるので注意です。

白髪ぼかしは塗り方が異なる

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b3/b32b5ee7df55f9db64220124135adffb_t.jpeg
そして続いての美容院以外で白髪ぼかしの方法は「塗り方に注意」です。白髪ぼかしをするときの注意点は塗り方で、塗り方によって仕上がりが大きく変わってしまいます。初めて白髪ぼかしを行う場合は全体を染めていきますが、2回目以降は塗り方を工夫する必要があります。

2回目以降は根本だけ染める

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8c/8ce79ca1148c9600b1860e99c7837b0f_t.jpeg
白髪ぼかしの染料は白髪染めの染料と違い、繰り返し染めると1回目の色と2回目の色が変わって出てきてしまいます。そのため、2回目以降に白髪ぼかしを行う場合は髪が伸びた根本だけを重点的に染める必要があります。この技術は通常の白髪染めよりも難易度が高いです。

シャンプーのタイミングが重要

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/1f/1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_t.jpeg
そして続いての美容院以外で白髪ぼかしの方法は「シャンプーで落とす」です。通常の白髪染めなどでは染料を塗り、色が定着してからシャンプーで洗い流します。しかし、白髪ぼかしの場合はこのシャンプーにも注意が必要です。理由としては長時間置いておくと先に塗ったところだけ色が濃くなってしまうからです。

シャンプーの準備をしておく

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/95/951f97e04616f918c11d90c5c04582ad_t.jpeg
実際に白髪ぼかしを行うときの注意点はこのシャンプーです。シャンプーのタイミングが早ければあまり色が付きませんし、遅すぎると色が付きすぎてしまいます。白髪ぼかしを行う際は手早く行うことが重要でシャンプーを行えるように準備することが大切です。

プロに任せるのが安全

このように白髪ぼかしは市販の染料を購入して自宅で行うことも可能ですが、自分で白髪ぼかしを行うのは難しいです。特にタイミングや塗り方などは慣れている人でも失敗することが多いので美容院などで行うのが失敗が少ないのでおすすめです。

美容院でも白髪ぼかしはできる

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/68/68a85e777c88da08e31b4e5cca9787f8_t.jpeg
稀に美容院で「白髪ぼかし」を行っていないこともありますが、そのときは白髪染めではなく白髪が馴染むように染めて欲しいとリクエストをすると問題ありません。実際に若い方でもグレースタイルなどを行っているので大概の美容院で白髪ぼかしを行うことは可能です。
今回は白髪ぼかしと白髪染めの違いや白髪ぼかしの方法について紹介してきました。白髪が目立ってきても、白髪染めのような違和感が嫌いな人は白髪ぼかしがおすすめです。また、重要なことは髪を染めることではなく自分の合うヘアスタイルにすることです。髪を染めるだけでなくヘアスタイル全体を意識することが大切です。