Klneszkbqjmktsap3uhk

かわいい

CATEGORY | かわいい

折り紙でラッピングを華やかに!おしゃれ・かわいい飾りの作り方!

2018.09.06

折り紙は単純に子供の遊び道具の一つではなく、飾りを鮮やかなものとする箱のラッピングにも活用できます。花柄を使ったり、複数枚で大きいサイズにしたりとパターンも豊富。そこで今回は、折り紙でラッピングを華やかにする「おしゃれ・かわいい飾りの作り方」をまとめています。

  1. 折り紙でラッピングができる?その方法とは?
  2. 折り紙はラッピングにも使える便利な道具
  3. 折り紙ならラッピングする幅も広くて便利!
  4. 折り紙でラッピングをするときのポイントとは?
  5. 折り紙ラッピング飾りの作り方のポイント1:カラーを工夫
  6. 折り紙ラッピング飾りの作り方のポイント2:大きい包装は繋ぎ合わせる
  7. 折り紙ラッピング飾りの作り方のポイント3:折り紙の柄が重要
  8. 折り紙ラッピング飾りの作り方のポイント4:専用の箱を作る
  9. 折り紙ラッピング飾りの作り方のポイント5:リボンなども折り紙で
  10. 折り紙ラッピング飾りの作り方のポイント6:小物を包むのがおすすめ
  11. 折り紙は工夫次第でラッピングに適した道具に!
ちょっとしたプレゼントを送るときに困るのが自宅に可愛い包装紙がないときです。このような場合に活躍するのが「折り紙」です。折り紙も工夫次第でラッピングをすることも可能ですし、ラッピングに合う飾り付けを作ることもできます。ここからはラッピングで使える折り紙の作り方や折り紙の飾りの作り方などを紹介していきます。

折り紙は万能な道具!

折り紙というと子供の遊び道具として使われるイメージがありますが、最近では素材や柄などにこだわったデザインの折り紙が増えているのでラッピングなどに活用することが可能です。他にも折り紙でリボンや花などを作ることもできるので飾り付けとしてとても有効です。

折り紙で箱も作れる!

他にも折り紙で箱を作ることもできますし、ラッピングとしてだけでなく器としても使うことができます。このように折り紙を活用するために簡単な工夫をするだけでお洒落にすることが可能です。折り紙自体はシンプルですがその分活用できる幅が広いのでアイデアを実現しやすいです。

折り紙なら小物をラッピングしやすい

先程のように折り紙では簡単に包装してラッピングすることができますが、特に小物のラッピングをするのに折り紙は向いています。実際に小物をプレゼントするときに専用の箱やラッピングをするのは難しいですが、折り紙の大きさであれば小物を包みやすいです。また、折り紙であれば小物を入れる箱を作ることもできるので幅広く活用できます。

折り紙でラッピングできると通常の包装も簡単になる

折り紙で容器を作る場合も作り方さえ覚えておけば簡単に作ることが可能です。このように折り紙でラッピングすることができれば、折り紙よりも大きいサイズの包装紙でのラッピングが楽になります。折り紙と言えば単色のイメージがありますが、小物のラッピング用として使う場合は和紙など素材にこだわってみるのも面白いです。

お洒落な折り紙を揃えよう!

このように折り紙は身近にあるものですが、非常に使い勝手が良いものです。また、近年では先程の和紙の折り紙などバリエーションも多くなってきており、お洒落なラッピングをすることができるようになっています。折り紙でラッピングをする場合はホームセンターなどではなく雑貨屋などを見てみるのがおすすめです。

ラッピングするポイントとは?

折り紙ラッピングはシンプルで使いやすいですが工夫がないと地味になってしまいます。そこは折り紙であることを生かし、リボンや花の装飾などを作って見るのもおすすめです。実際に折り紙で箱を作るのも手順を守れば簡単に作ることが可能です。ここからは折り紙ラッピング飾りの作り方のポイントについて説明していきます。

カラーを工夫する方法とは?

まず始めの折り紙ラッピング飾りの作り方のポイントは「カラーを工夫」です。折り紙でラッピングを考えるときに最も重要なポイントは折り紙の色です。折り紙は単色で使うイメージがありますが、今ではカラフルな色や素材の折り紙も多くあります。

カラーを工夫するポイント

小物を複数のグループでラッピングする場合は折り紙で作った箱などを活用するのがおすすめですが、箱によって色を変えるだけでもとてもお洒落になります。他にも花などを包む場合は花の色に合わせた折り紙のカラーにすることが重要です。

大きいものは折り紙を複数使う

そして続いての折り紙ラッピング飾りの作り方のポイントは「大きい包装は繋ぎ合わせる」です。折り紙と言えば正方形のカラフルな紙をイメージしますが、大きいサイズの商品などをラッピングするには小さいです。このときにおすすめなのが、包装する商品に合わせて大きい折り紙を作ることです。

中身のイメージに合わせることが大切

先程のように折り紙は基本的に複数のカラーがセットになって販売されているので、好みの色の組み合わせの包装紙を作りやすいです。例えばワインのような大きい商品をラッピングするときは折り紙を6枚使用し、パープルとブルーの折り紙を使えばブドウをイメージできてお洒落になります。

折り紙の柄を有効活用しよう

そして続いての折り紙ラッピング飾りの作り方のポイントは「折り紙の柄が重要」です。折り紙は単色であるイメージが強いですが、近年では水玉模様やストライプ柄の折り紙も多くあります。このような柄の折り紙を使うことでよりお洒落なラッピングをすることができます。

小箱・封筒・紙袋など形も工夫しよう

例えば花柄などの折り紙もあるので、商品に合わせてラッピングをするだけでとても可愛らしくなります。また、折り紙などで簡単な封筒や紙袋・小箱などを作ることができますが、そのときに柄物の折り紙を使うことでおしゃれさが格段と際立ちます。

専用の箱を作る方法とは?

そして続いての折り紙ラッピング飾りの作り方のポイントは「専用の箱を作る」です。ここまでのように折り紙で小箱を作って、その中に商品などを包む方法を紹介してきましたが、商品などによって箱の種類なども変えるなど工夫が大切です。実際に四角い箱以外にもラッピングの方法は多くあります。

テトラパックの作り方

例えばアメ玉1個を子供にプレゼントするような場合でも、動画のようなテトラ型の箱を折り紙で作るとお洒落ですし子供も喜びます。箱やラッピングをすることで中身を分からなくしワクワク感を高めることができます。他にも折り紙で手裏剣を作ってその中にお小遣いを入れるという方法もあります。

折り紙で可愛い飾り付けを作ろう!

そして続いての折り紙ラッピング飾りの作り方のポイントは「リボンなども折り紙で」です。折り紙の本来の目的は紙を折って、何かしら形を作ることです。思い出したいのがラッピングとして折り紙を使うことではなく、可愛い飾り付けを折り紙で作ることです。

リボンや花の作り方とは?

折り紙でラッピングをして本物のリボンを使うのも良いですが、折り紙で作ったリボンや花を飾り付けとして使うことによって味が出ます。実際に折り紙のリボンや花の作り方は簡単です。小物を折り紙でラッピングするときは地味になりやすいので、このような飾り付けを作るのがおすすめです。

小物は折り紙でラッピングしよう!

そして続いての折り紙ラッピング飾りの作り方のポイントは「小物を包むのがおすすめ」です。大きい物を包む場合は折り紙を繋ぎ合わせますが、上手にやらないと不格好になります。そのためできるだけ小物をラッピングするときに折り紙を使うのがおすすめです。

小箱を作ればラッピングの手間はなくなる

動画のように1つの箱の折り方さえ覚えてしまえば、もう1つ同じ箱を作って重ねれば包装することが可能です。このときに水玉やストライプなどの柄がある折り紙で作った箱であれば、既に包装されているようなものなのでラッピングの手間がなくなります。
今回はラッピングで使える折り紙の作り方や折り紙の飾りの作り方などを紹介してきました。実際に折り紙でラッピングするのは比較的簡単です。そのため、子供にお菓子などをそのまま上げるのではなく可愛い折り紙があれば簡単にラッピングして渡すととても喜ばれます。