Laubgf97wfpaiavrw5ml

プチプラ

CATEGORY | プチプラ

肌を白くする15の方法!パック・クリーム・下地の合わせ技がカギ!【美白】

2018.10.25

肌を白くするには、スキンケアから食生活の改善までバランスよくすることが大切です。プチプラなパックやクリーム、下地クリームやサプリなどでも、毎日のケアに継続的にとり入れることで、美白になれます。そこで肌を白くするための15の方法をご紹介します。

  1. 肌を白くするにはポイントがあった!
  2. 肌を白くする三つのステップ:クリーム・パック・下地クリーム
  3. 忘れちゃいけない!肌を白くするサプリ
  4. 肌を白くする15の方法
  5. 【肌を白くする15の方法】洗顔方法を見直す
  6. 【肌を白くする15の方法】しっかりと保湿
  7. 【肌を白くする15の方法】美白化粧品に変える
  8. 【肌を白くする15の方法】美白化粧品は夜に使うと効果的
  9. 【肌を白くする15の方法】クレンジングにホホバオイルを取り入れる
  10. 【肌を白くする15の方法】ピーリングで汚れをしっかり落とす
  11. 【肌を白くする15の方法】ヨーグルトパックはお手軽
  12. 【肌を白くする15の方法】美白成分入りのシートパックで潤い力も抜群
  13. 【肌を白くする15の方法】効果的な美白クリームの選び方
  14. 【肌を白くする15の方法】目的のあった美白クリームを選ぼう
  15. 【肌を白くする15の方法】紫外線対策は当然!
  16. 【肌を白くする15の方法】美白下地クリームを使ってベースを整える
  17. 【肌を白くする15の方法】下地にコントーロールカラーを使ってばっちり美白
  18. 【肌を白くする15の方法】美白は食生活から!ビタミンCをたっぷり摂ろう!
  19. 【肌を白くする15の方法】美白効果のある食材を多く食べる
  20. 明るい肌色で気持ちも明るく
引用: https://images.unsplash.com/photo-1503278501277-e50457741130?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=33bdf7a05b2b170344b44a547b3ed283
キレイな肌の別称としても言い過ぎではない、白い肌。白い肌は現代女性の憧れではないでしょうか。もともと色白ならそれほど気にならないことかもしれませんが、特に紫外線のきつい夏などでは肌を白くしたいと願う女性が急増します。
雑誌やテレビ、インターネットのサイトでも数々紹介される肌を白くするための方法ですが、結局どれが一番私たちの肌に効くのでしょうか。情報がたくさんあるので迷ってしまいます。

健康的な食生活

引用: https://images.pexels.com/photos/890507/pexels-photo-890507.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&h=350
ここで肌を白くするには、必ずおさえておきたいポイントがいくつかあります。そのひとつが食生活です。健康にいいからとバランスのいい食事をするだけでは白い肌にはなかなか近づけません。肌を白くするために、ぜひとも食べていただきたい食材や成分があります。

白い肌へと導くスキンケア

引用: https://images.unsplash.com/photo-1535450246895-e8df524fc6bb?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=1da84b2d6a98c85972972a5ba0df19c2
そして忘れてはいけないスキンケアです。スキンケアで守るべきなのが、美白に導くクリームやパック、そして下地クリームを使うということです。

美白クリームは強い味方

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fb/fb658f1ed9dbd0275872bac486755213_t.jpeg
スキンケアの中でもとくに白い肌を意識されるのなら、美白成分の入ったけ基礎化粧品を使うことでしょう。なかでも注目なのがクリームです。美白クリームの有効成分がご自身の目的に合ったものを使うことが、美白への一番の近道になるでしょう。

パックで美白を目指す

引用: https://res.cloudinary.com/twenty20/private_images/t_standard-fit/v1521838988/photosp/e6f6cf47-4968-4212-9faa-6d60a93a03eb/e6f6cf47-4968-4212-9faa-6d60a93a03eb.jpg
またパックにも肌を白くするためのパックがあります。パックというと、保湿をして肌に潤いを与えるためというイメージがありますが、それだけではなくて肌を白くする効果のあるパックもあります。

下地クリームを効果的に取り入れよう

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7f/7fc114397ffc9d665e54df54b771abbe_t.jpeg
最後に手っ取り早く肌を白く見せる方法としてぜひ取り入れたいのが、下地クリームを効果的に使うことです。美白効果のある下地クリームを使い、さらにコントロールカラーを化粧下地に使えば、美白ケアをしながらベースメイクができます。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/13/16/42/naturheilkunde-1738223__340.jpg
肌を白くするためにクリームやパック、下地クリームなどで肌の外から美白を促すケアをするのも美白には大切ですが、体の中から美白を始めれば美白の肌を手に入れる近道となるでしょう。それを実現してくれるのが、肌を白くしてくれる美白サプリです。

美白サプリとは紫外線から肌を守る働き

美白サプリのできることは、お肌の新陳代謝を促して、紫外線などの外部からの刺激から肌を守ってくれる効果が期待できます。つまり肌を体の中からブロックして、なかなか焼けにくい肌に改善してくれるのがサプリの良さです。

プチプラだって美白できる!おすすめDHCのビタミンCサプリ

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒
価格 ¥ 520
美白サプリと聞くと高価なイメージがありますが、プチプラでも十分にその効果が期待できるサプリメントがあります。その一つとしてご紹介したいのが、DHCの「ビタミンC」サプリです。
DHCの「ビタミンC」サプリには豊富にビタミンCが配合されて、お肌を新陳代謝を促し紫外線からお肌をブロックする役割があります。またこのサプリにはビタミンCの働きを活性化させるビタミンB2も配合されて、プチプラとは思えない優秀なサプリです。

口コミ高評価のビタミンCサプリ「ハイチオールC」

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠
価格 ¥ 2,030
ビタミンCサプリの中でも口コミで安定した高評価を集めるのが、エスエス製薬の「ハイチオールC+」です。これを二瓶ほど続けて飲んだら、「肌色が明るくなった」とか「シミが薄くなった」と実感するリピーターも多く、二日酔いにも効果があるので、飲み会の前にお口にポイっと入れたいお手軽なビタミンサプリです。プチプラとは言えませんが、これほどの効果が期待できるのですから、試してみない手はありません。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7c/7ce7911fccfe5a2a7d59bc6ebd1fb6b0_t.jpeg
ここからクリーム、パック、下地クリームを使った肌を白くするための15の方法をご紹介します。美白のためのスキンケアから食生活に関する情報までバラエティに富んでいます。ライフスタイルに合わせて取り入れやすいことからやってみてはいかかでしょうか。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/27/27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_t.jpeg
白肌の大敵であるシミは汚れが残っている肌ではできやすくなり、また紫外線は悪い洗顔法で肌コンディションも悪いとどんどん肌に浸透してきます。そのため肌にシミができやすくなり、肌荒れの原因にもなります。そのため正しい洗顔こそ、肌を白くするための第一歩なのです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/09/0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_t.jpeg
正しい洗顔方法とは、とにかく肌に摩擦を与えないように優しく洗い上げることです。洗顔料はしっかり泡立てて、泡で顔を包むようにして洗います。洗顔料を流すときは汚れが残りやすい水よりはぬるま湯がいいでしょう。
そして顔を拭くときもタオルを顔に優しく押し付けるようにします。そうすることで肌への摩擦を減らし、刺激も少なく済みます。
また洗顔は多くても一日2回です。洗顔が多すぎると余分な皮脂を取りすぎることになり、その結果肌の乾燥を招きます。優しく、そして丁寧に、というのが正しい洗顔方法です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/29/29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_t.jpeg
洗顔後の保湿ケアはスキンケアの基本ですが、その保湿が美白にも役立ちます。しっかり保湿ができている肌は潤っているのでバリア機能が形成されて、紫外線などの外部からの刺激から肌を守ってくれます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3d/3da345061603800cec54874baec9ba9e_t.jpeg
紫外線から肌を守る潤った肌をのために、洗顔や入浴後などは肌をしっかりと保湿しましょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1523459178261-028135da2714?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=a8c0486eded5b0f76b9fad05d0873894
肌を白くするためには化粧品を美白化粧品に変えるものおすすめです。美白化粧品はシミを防いだり肌のくすみを減らす効果が期待できます。

プチプラでこの実力!アクアレーベル

アクアレーベル ホワイトニングゼリーエッセンス EX オールインワン 200mL 【医薬部外品】
価格 ¥ 1,480
プチプラだからという理由ではなく、このクオリティだから使いたいというリピーターも多い「アクアレーベル」。美白化粧品としてもすっかり有名になりました。その「アクアレーベル」からとくに今注目を浴びているのが、「ホワイトニングゼリーエッセンス EX」です。
「ホワイトニングゼリーエッセンス EX」は、これ一本で化粧水・乳液・美容液・収れん・パックとオールインワンの商品です。ゼリー状のテキスチャーが肌に乗せた瞬間から奥まで浸み込み、保湿と美白を同時に始めます。美白成分は「m-トラネキサム酸」で、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすなどの原因である色素の沈着を抑えます。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/02/19/10/33/sleep-1209288__340.jpg
美白化粧品を使うのなら、必ず夜のスキンケアにとり入れてください。夜は成長ホルモンの分泌が活性化される時間帯で、肌の新陳代謝も活性化されます。そのため美白化粧品を夜に使うと、その美白効果がより一層効果的に働きます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1515377905703-c4788e51af15?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=b230b14d3a668c8ac9b51d660d01b249
肌を白く導く効果があるオイルがホホバオイル。このホホバオイルをクレンジングに使ってみましょう。
ホホバオイルは肌で作られる油分とほぼ同じなので肌に優しく、またオイル自体に美白を促す成分が入っているのです。

プチプラとは言わせない!無印良品のホホバオイル

無印良品 ホホバオイル JOJOBA OIL 200ml
価格 ¥ 2,594
プチプラのスキンケア商品でも定評のある無印良品が提供する「ホホバオイル」は、本来は高級なホホバオイルなのですが、100%植物由来でプチプラ価格を実現。クレンジングに使えるだけでなく、髪の毛や全身にも安心して使えるオイルです。べたつき感が少なくて使いやすいと評判です。

関連記事

引用: https://images.pexels.com/photos/39354/apple-peeler-fruit-green-39354.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&h=350
本来の肌の白さを取り戻すには欠かせないのがピーリングです。ピーリングのしすぎば肌のダメージとなりますが、古い角質をピーリングで落とすことで肌の新陳代謝が活性化されるというメリットがあります。様々な美白化粧品やクリームを使う前にピーリングで肌の汚れをしっかり落として、後からつけるほかの化粧品の効果もより一層期待できます。

プチプラでしっかり角質除去「角質つるつるこするジェル」

ロゼット ゴマージュ 120g
価格 ¥ 325
ドラッグストアでも買えるピーリングジェルでおすすめなのが、プチプラコスメのロゼット「角質つるつるこするジェル」です。洗顔料でもおなじみロゼットののピーリングジェルは、やわらかいジェルタイプのテクスチャーで肌に馴染みやすく、フルーツ酸のピーリングでで肌への負担も少なく安心してお使いいただけます。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/02/03/15/15/yogurt-2035323__340.jpg
美白成分がヨーグルトに含まれていたのをご存知でしたでしょうか。ヨーグルトに含まれるフルーツ酸が古い角質を除去してくれるのです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/05/052f274e712eb463d2dc8579fc4561c3_t.jpeg
またヨーグルトの清乳は保湿効果もあるので、美白を目指す私たちにとっての最適です。ヨーグルトパックは最強のプチプラともいえるでしょう。
化粧水を使う代わりに美白成分入りのシートパックを使うというのも、美白に効果的です。美白成分入りのシートパックなら美白と保湿が同時にできてしまいます。とくに日焼け後など間違って焼いてしまった肌を少しでももtの状態に戻したいという方にはお勧めです。

透明白肌 ホワイトマスクN

透明白肌 ホワイトマスクN
価格 ¥ 648
プチプラとは思えないほど美白成分がたっぷりとしみ込んだ美白成分入りシートパックです。美白成分の豆乳発酵液で明かるい肌色へと導きます。またヒアルロン酸でお肌をしっとりと潤わせ、コラーゲンの働きで肌にツヤやハリを与えます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4d/4d4769b0680b68bb6a49d1dfe35917f8_t.jpeg
美白クリームは数々ありますが、選ぶ基準はパッケージに「美白」と「医薬部外品(薬用)」と書かれていることです。これらが表示されている美白クリームなら国に認定を受けた安心して使える美白クリームと言えます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/99/99bda9dc6eaf4a6e80be15134f5a0d5d_t.jpeg
美白クリームによっては輸入品などで使用されてはいけない成分が配合されていることもあり、肌トラブルの原因になります。そうしたトラブルを避ける意味でも安全でかつ、効果の高いに美白クリームを使うようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/31/31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_t.jpeg
美白クリームといえども、その効果はそれぞれに違いがあります。自分の肌が求めているものは何かを見定め、目的に合った美白クリームを選ぶようにしましょう。

シミを薄くする「エナジーシグナルAMP」

引用: https://cdn.stocksnap.io/img-thumbs/280h/IPXQTD44G8.jpg
すでにできてしまったシミや黒ずみを薄くしたいのなら、有効成分「エナジーシグナルAMP」がおすすめです。「エナジーシグナルAMP」ならシミを作るメラニンを排出する効果が期待できます。

シミ予防ならアルブチン

引用: https://images.unsplash.com/photo-1526576154157-6499a2885d3c?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=a286bfb890a92732cf75d40224838d2c
まだシミはできていないので今から予防したいのなら、「アルブチン」や「トラネキサム酸」が効果的です。メラニンを作る酵素と呼ばれるシロシナーゼが活性化するのを抑止する働きがあるからです。

万能なビタミンC誘導体

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/65/65330432cc92dd2ab0b2b1579d37a943_t.jpeg
またシミも薄くしたいし予防もしたいという欲張りな方には、「ビタミンC誘導体」入りの美白クリームを選びましょう。美白成分としてすっかりおなじみになった「ビタミンC誘導体」ならシミやくすみの原因であるメラニンを抑制して、抗酸化作用が働きアンチエイジングとしての効果があるので、若々しいハリある肌へと導きます。

関連記事

引用: https://images.unsplash.com/photo-1501871732394-eccc65227089?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=9a5d92a90e94bdf9c8fb732262a9b818
肌を白くしたいのなら紫外線は一番の敵!夏場の日差しが照りつけるときは日焼け止めクリームを塗り、直射日光は避けるようにするのがいいでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1477936821694-ec4233a9a1a0?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=48f53698eb29f5c54c57f93939c2d97a
また日差しが弱くなってくる秋なども実は日焼けをしやすい季節です。真上からの日差しが弱くなった分、秋になると横から照り付けてくる日差しが長くなり、紫外線を浴びる時間も長くなる傾向があります。この季節は日焼け止めクリームも顔から顎、首と肌の出ている部分はしっかりと塗るようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/25/25c7bc73f5fca08b006eb4d4ec6036ef_t.jpeg
化粧下地クリームにも美白成分配合のクリームがあります。忙しい朝でもしっかりと美白ケアをしながら化粧の下地作りができる一石二鳥のアイテムです。今日からでもベースメイクに取り入れれば、透明感のあるクリアな肌が待っています。

プチプラでもしっかりカバー「シークレットスキンCCベーズゼロ EX-1」

ケイト 化粧下地 シークレットスキンCCベースゼロ EX-1 肌をきれいにみせるピンクベージュ
価格 ¥ 1,080
美白化粧下地クリームで毛穴やクマなどしっかりとカバーしてくれると評判なのがKATEの「シークレットスキンCCベーズゼロ EX-1」。プチプラ価格でこのカバー力なら、満足いただけるのではないでしょうか。肌の透明感がアップして、肌の内側から出てくるような健康的な肌色を実現します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/df/df12a35f257c7b9c0cd4a0a5ce9a69ba_t.jpeg
すぐにでも肌を白く見せたいのなら、ベースメイクにコントロールカラーを取り入れると透明感のある肌を作り出すことができます。
「パープル」はもっとも使いやすいカラーでハイライトとして、「グリーン」は肌の赤みを抑える効果があり、「ブルー」は肌の透明感を引き出します。それぞれ特徴の違うカラーを使い分けることで、全体を自然な白い肌に見せる効果があります。
引用: https://images.pexels.com/photos/306800/pexels-photo-306800.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&h=350
ビタミンCはシミを作り出す原因であるメラニンの生成を抑えつつ、できてしまったメラニンの働きも抑制して肌のターンオーバーを活性化させる美白に欠かせないビタミンです。ですから普段の食事からビタミンCをたくさん摂取するようにしてみましょう。

ビタミンC豊富なパプリカ

引用: https://images.unsplash.com/photo-1506365069540-904bcc762636?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=39db1c9f6734db1ef2008328b274b9d1
ビタミンCが豊富に含まれる食材はいろいろありますが、なかでもビタミンCが多く含まれている食材として有名なのがアセロラやバセリ、パプリカです。意外にも焼き海苔もビタミンCが多く含まれています。
食材のなかにも美白効果があるといわれている食材があります。それは肌を紫外線から守り新陳代謝を活性化させる食材ですが、なかでも有名な食材を見ていきましょう。

ヨーグルト

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/22/10/46/raspberries-1925178__340.jpg
整腸作用のあるヨーグルトはおなかの調子を整えるため便秘解消になります。その結果、お肌のツヤにも影響して、ニキビ予防になったり、肌のターンオーバーも促進してくれる食材です。

大豆

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/02/05/11/11/soybeans-2039639__340.jpg
肌の潤いがあってこそ、美白もできるというもの。そんな保湿を促進するのが、セラミドです。そのセラミドを多く含んでいる食材は、大豆や小麦、こんにゃく芋にブロッコリーです。身近な食材にセラミドが多く含まれているのです。

トマト

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/02/17/19/26/tomato-1205699__340.jpg
トマトに含まれる成分として有名な「リコピン」は、まさに美白を目指す私たちに必須の成分です。「リコピン」にはメラニンの生成を抑制して肌に蓄えられたコラーゲンを維持しようとする働きがあります。そのため肌を白くするだけでなく、肌にツヤを与える効果もあります。
ちなみに「リコピン」はトマト以外にも、スイカやピンクグレープフルーツ、ニンジンや柿にも多く含まれています。

L-システイン

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/09/30/10/02/time-965184__340.jpg
お肌の新陳代謝を促すのがL-システインという成分ですが、L-システインは食材から直接摂れません。メチオニンが含まれる食材を体内に摂り入れたときに合成される成分です。
そのメチオニンが多く含む食材は、魚ならマグロ、そして鶏肉や牛肉、豚肉などの肉類、そして牛乳やチーズなどの乳製品などです。また納豆や豆腐、しらす干しなどにもメチオニンは含まれているので、シンプルな和食中心の食生活は白い肌を作る食事と言っていいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a7/a7853cbdeda31527c780be26480f4d58_t.jpeg
肌を白くするためにはいろいろな方法がありました。美白効果のあるクリームやパックを使ったスキンケアや、体の中から美白を目指すサプリ、そしてすぐにでも肌を白く見せるための下地クリームです。プチプラでも十分美白効果を期待できるスキンケア商品もあります。
肌色が変われば気持ちも明るくなりますので、さっそく今日から美白に取り組まれてはいかがでしょうか。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1496671431883-c102df9ae8f9?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9&s=fbed4a44d3153095bfe1e11cc4b25e60