Cqfu8n9ykocytbjn16wa

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

育毛剤おすすめランキング15!良コスパ・低価格編!【2019年最新版】

2018.09.11

薄毛や抜け毛は男性だけが悩む問題ではなく、ストレスや生活習慣の乱れで基礎代謝が低下し、栄養が毛根・毛髪に行き届かなくなるのです。この記事では、2019年低価格でコスパ力のある市販のおすすめ育毛剤を紹介します。おすすめの育毛剤で健康的な髪の毛に蘇らせましょう。

  1. おすすめの育毛剤を使おう!
  2. 育毛剤って何?
  3. 育毛剤・発毛剤の違いについて
  4. 抜け毛の原因とは?
  5. おすすめ育毛剤のメリット
  6. おすすめ育毛剤のデメリット
  7. 育毛剤がおすすめの人はこんな人!
  8. 育毛剤の選び方
  9. 育毛剤の正しい塗り方
  10. 育毛剤の正しい使い方
  11. 最大限に育毛剤を発揮するために
  12. 気になる育毛剤の副作用について
  13. 副作用がでたときの対処法
  14. コスパ力のある育毛剤おすすめ2019年ランキング通販編TOP5
  15. 育毛剤おすすめランキング市販編TOP5
  16. 女性用市販育毛剤おすすめ2019年低価格ランキングTOP5
  17. 番外編!おすすめ人気育毛サプリ
  18. 医薬品の育毛剤について
  19. 育毛剤に関するQ&A
  20. コスパと成分内容を考慮したうえで育毛剤を試そう!
Jy0mrqxv5fqaeogyiftr
引用: https://www.pinterest.jp/pin/9148005470625579/
最近髪の毛が薄くなってきたと感じている人もいるでしょう。そんなときは育毛剤を使いましょう。ここでは、コスパ力のある育毛剤をいくつか紹介します。自分に合った育毛剤で、いくつになってもフサフサの髪をキープしましょう。
Nhnoyrezxxarhjxqpnvu
引用: https://www.pinterest.jp/pin/638033472180401145/

育毛剤について

薄毛で悩んでいる人が育毛剤を使うといったイメージが強いですが、まだ薄くなる前から予防のために使うスタイルが、もっとも効果的でしょう。将来薄毛になるかもしれないと不安に感じている人は、市販の育毛剤で毛髪ケアをしてください。
Mzdok2r9art4cwyw6xof
引用: https://www.pinterest.jp/pin/764978686676699034/

発毛剤とは

発毛剤は、医薬品として国が認定しているタイプで、髪の毛がないところに塗って生やす目的として開発されています。基本はクリニックなど専門医による処方のもとで使うことができ、効果が高い分、副作用も気になるところです。

育毛剤とは

医薬部外品として国が認定しているタイプで、元からある髪に対して育毛をしていくことを目的にしています。ドラッグストアや通販などで購入できるうえ、副作用が少ないということでも人気があるのです。
R27n5ypn9q2wd6bhelhe
引用: https://www.pinterest.jp/pin/259590366001330835/

【抜け毛の原因】遺伝

薄毛や抜け毛は、遺伝が原因の場合があります。今はフサフサしていても、父親や祖父が薄毛であったときは、自身もそうなる可能性があるのです。男性型脱毛症は遺伝的な要素が多く、きちんとした専門医の治療が必要になります。

【抜け毛の原因】シャンプーのすすぎが足りない

シャンプーをしたあとにしっかりとすすぎをしないと頭皮にカスが残ります。毛穴がつまることで、育毛剤などの栄養が行き届かなくなり、その結果、抜け毛・薄毛を助長させてしまうのです。

【抜け毛の原因】睡眠不足

睡眠は、成長ホルモンの分泌を盛んにするので、髪の育成にも必要です。しかし、寝不足になると、肌ともに栄養が行き届かずに、太い髪が育ちません。薄毛・抜け毛につながるので、質の高い睡眠を心がけましょう。

【抜け毛の原因】喫煙・過剰な飲酒

タバコに含まれるニコチンは、交感神経に作用するため、毛細血管が収縮します。そのため、頭皮に酸素・栄養が行き届かないので抜け毛が増えるでしょう。また、適度なお酒はストレス発散になりますが、過度になると肝臓に負担がかかるので、栄養不足となり、髪がもろくなります。

【抜け毛の原因】食生活の乱れ

脂っこい食事ばかりしていると、皮脂分泌が多くなり、毛穴がつまります。その結果、大切な栄養素が行き届かなくなるので薄毛につながるでしょう。髪の育成のために海藻や野菜などバランスのよい食事を心がけてください。

【抜け毛の原因】ストレス過多

ストレス過多になると、交感神経が盛んになり、薄毛・抜け毛の原因につながります。血管が収縮して血圧が上がり、栄養分が頭皮にまで行き届かないので、薄毛・抜け毛の原因になるでしょう。

【抜け毛の原因】ホルモンバランスの乱れ

髪の成長につながる女性ホルモンのエストロゲンは、男性もあり、このホルモンバランスが崩れることで薄毛・抜け毛につながります。規則正しい生活やストレス発散など、普段からホルモンバランスを安定させる習慣を心がけてください。
T7pm5qs1xx1mrwb0boqp
引用: https://www.pinterest.jp/pin/595671488190174458/

【おすすめ育毛剤のメリット】頭皮の血行がよくなる

頭皮の血行がよくなると、その分、しっかり頭皮内部まで栄養成分が浸透します。その結果、いくつになってもフサフサの髪をキープできるのです。そのため、血行促進効果が期待できる市販の育毛剤を使いましょう。

【おすすめ育毛剤のメリット】男性ホルモンを抑える

前頭部・頭頂部に抜け毛がみられる男性型脱毛症は、男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンで作られるジヒドロテストステロンが、髪の育成をさまたげるのです。育毛剤によって、この男性ホルモンを抑える効果が期待できます。

【おすすめ育毛剤のメリット】細胞活性化

毛母細胞は、髪の育成に役立ちます。毛細血管を通して送られた酸素・栄養分によって細胞分裂が盛んになり、質の高い髪質を作りだすのです。そのため、毛母細胞の活性化がのぞめる育毛剤は効果的といえます。

【おすすめ育毛剤のメリット】頭皮環境をよくする

28日周期で生まれかわる頭皮は、健康状態を保っています。しかし、さまざまな理由によってこの周期がくるってしまうことで皮脂で毛穴がふさがり、育毛を阻害します。育毛剤によって頭皮環境をよくすることで、薄毛・抜け毛解消につながるのです。

【おすすめ育毛剤のメリット】男性も女性も使える

最近では、薄毛や抜け毛に悩むのは男性だけでなく、女性も多くみられるようになりました。といっても、以前はまだまだ女性用育毛剤は少なく、育毛効果が薄い養毛剤などが主流だったのです。そこから男女が兼用できる育毛剤が増えてきたことで、コスパ力も期待できるでしょう。
A5kjzgatvv0fpginjey7
引用: https://www.pinterest.jp/pin/372954412885033621/

【おすすめ育毛剤のデメリット】即効性がない

市販されている育毛剤は、すぐに効果がでると思ってしまいますが、実際は即効性がないので、途中でやめてしまう人もいるでしょう。せっかく効き目が出てきているところでやめてしまうのはもったいないですし、コスパも低くなるので、その点がデメリットといえるでしょう。

【おすすめ育毛剤のデメリット】個人差がある

すぐに効果がでないということから、育毛剤はまとまった期間しっかり使う必要があります。最低3か月使い続ける必要があるのです。毛が抜けて生えてくるヘアサイクルを休止期で、最低3か月かかります。そのことを考慮しながら頭皮環境を整えていきましょう。

【おすすめ育毛剤のデメリット】副作用がある

育毛剤に含まれる成分の中には、副作用がでる場合も考えられます。エタノールやミノキシジル成分が入っている育毛剤では、場合によって発疹することもあるのです。頭皮に異常がでたときは、すぐに使用をやめて、皮膚科を受診しましょう。
S6gfhgdeigrdezc6pxqm
引用: https://www.pinterest.jp/pin/693906255062224110/

【育毛剤がおすすめの人】冷え性

女性に多い冷え性ですが、男性でも血行の悪さから冷え性に悩んでいる男性もいます。血行が悪くなることで、栄養分がしっかり行き届かなくなるので、髪の育成を阻害してしまうのです。血行を促進する育毛剤がおすすめでしょう。

【育毛剤がおすすめの人】薄毛・抜け毛が気になる

最近、前頭部・頭頂部が薄くなってきた、地肌がみえるようになってきたと感じている人は、男性型脱毛症の可能性があります。こういった人は、男性ホルモンを抑える育毛剤を使うことで、薄毛や抜け毛を防ぐ効果が期待できるでしょう。

【育毛剤がおすすめの人】食生活が乱れている

普段から偏った食事をしていると、栄養が足りずに髪が育ちません。その結果、髪が抜けたり、薄毛になりやすくなるのです。また、寝不足や運動不足も頭皮環境を悪くするので、生活習慣を見直すようにしましょう。
Q6edydezhtqos5bs7tog
引用: https://www.pinterest.jp/pin/729512839613116341/

【育毛剤の選び方】成分

育毛のために豊富な成分配合は魅力的ですが、自分の肌に悪影響の成分もあるので注意が必要です。自分の薄毛や抜け毛の原因をしっかり把握したうえで、必要な成分が入った育毛剤を選びましょう。

【育毛剤の選び方】形状

中身だけでなく、ボトルにも注意をはらった方がよいです。ノズルタイプ・スプレータイプなどありますが、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。薄毛の気になる箇所にサッと塗ることができるスプレータープがおすすめです。

【育毛剤の選び方】コスパ

長く使うものだからこそ、継続する意味でコスパ力にもこだわった方がよいでしょう。成分内容と低価格のてごろなタイプを選び、長く愛用していくことを考慮してください。

【育毛剤の選び方】販売実績

多くの人が購入して、そしてリピートしているということは、それだけ販売実績があり、効果が期待できるでしょう。不安な場合は、一度テスターなどで試してみてから購入することもできます。自分の肌に合っているかどうか、チェックをしてみて買うことで、失敗がありません。

【育毛剤の選び方】口コミ

せっかく買うのであれば、効果を期待したいものです。そこで市販の育毛剤の口コミ情報などを参考にしてみましょう。実際に使っている人の生の声が聞けるうえ、人気がある分、自分の肌にもマッチしている可能性があるのです。
Hetoixob9qlwmwutkzme
引用: https://www.pinterest.jp/pin/753016000167289195/

髪全体に塗る

育毛剤は薄毛や抜け毛が気になる箇所に塗ってしまいがちですが、頭皮全体的に塗ることがポイントです。男性に限らず女性も、ある一部分だけ髪をはやすことはできないので、コスパ力が下がると思ってしまいますが、全体的につけるようにしましょう。
Ppni7rqgvpg5d4dth61s
引用: https://www.pinterest.jp/pin/753016000166354834/

【男性が育毛剤を使う方法】お風呂上りに使う

男性が育毛剤を使うときは、お風呂上りが効果的です。入浴のときに洗髪をすることで、頭皮が清潔になるとともに血行もよくなります。その結果、育毛剤の成分が入りこみやすいのです。そして、午後10時~午前2時のゴールデンタイムは成長ホルモンが出やすいので、睡眠をとるようにしましょう。

【男性が育毛剤を使う方法】ドライヤーを使う

シャンプーしたあとは、髪の毛を乾かします。男性は髪が短い人が多く、タオルドライで済ませてしまいますが、ドライヤーを使いましょう。ドライヤーを使わないと生乾きになり、雑菌が増えて血行不良になります。また、自然乾燥でパサパサした髪になるので必ずドライヤーで乾かしましょう。
Fsowkkl0dbxzi8fhngju
引用: https://www.pinterest.jp/pin/433471532861344753/

血行をよくする

血行不良の場合、冷え性・肩こり・腰痛などの症状がでることもあります。健康をも害するおそれがあるので、普段から血行促進のためにマッサージが効率的でしょう。頭皮もシャンプーのときにマッサージをすることで少量でもしっかり泡立ち、コスパ力につながり、頭皮も活性化します。

頭皮を清潔にする

頭皮を清潔にしておかないと、毛穴に皮脂などのよごれがつまって、大切な育毛剤の栄養が入れません。毎日シャンプーすることで、汚れも少なく、少量のシャンプーや育毛剤で済みます。コスパ力も考慮したうえで、頭皮はひごろから清潔にしておきましょう。
Pgt5le1ltbddh6fethe7
引用: https://www.pinterest.jp/pin/542191242620716072/

【育毛剤の副作用】頭痛

育毛剤は頭皮に使いますが、血行がよくなりすぎるとかえって頭痛をひきおこしてしまうかもしれません。市販タイプは効果が弱いですが、それでも頭痛が出る場合もあります。そのときは使用をやめて、それでも改善しないときは、専門医に診てもらいましょう。

【育毛剤の副作用】めまい

育毛剤の副作用の中には、めまいがする場合もあります。ほかにも吐き気をもよおすこともあり、深刻な脳の病気の可能性もでてくるので、まずは使用をやめて、すぐに専門医に相談をしてみましょう。

【育毛剤の副作用】皮膚炎

もともと肌が弱い人は、育毛剤の成分が強すぎて肌を傷めてしまう可能性があります。そのまま使うとますます悪化させてしまい、治りも遅くなるので、早めに治療しましょう。初めて育毛剤を使う人は、効果がゆるいタイプから始めてみてください。

【育毛剤の副作用】精力減退

男性が育毛剤を使うと、精力減退してしまうこともあります。男性ホルモンを抑えることで髪の毛の成長を促進させる成分が入っている場合、その影響で性欲が減退してしまう場合があるのです。
Jbhrw5x8zk0nghbs7sft
引用: https://www.pinterest.jp/pin/33495590959011046/

使用をやめる

もしも育毛剤を使って副作用がでた場合、たとえ髪の育成効果があったとしても、ただちに使用をやめてください。そしてしばらくしても改善がなければ、医師に相談をします。自己判断では解決しないことも多いため、市販の育毛剤でも必ず病院を受診しましょう。
Sosiww8iuifv5ejr0agl
引用: https://www.pinterest.jp/pin/578853358330471605/

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング通販編】1位:チャップアップ(ソーシャルテック)

食物エキスが抽出されている、自然派素材で肌にやさしい育毛剤です。3種の有効成分は、頭皮トラブルを回避して、血行を促すことで育毛効果にみちびきます。また、15種類のアミノ酸は、毛根の栄養素となり低価格でおすすめです。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング通販編】2位:イクオス(キーリー)

ミノキシジルと同様の作用があるとされるAlgas(アルガス)-2が配合されている低価格で人気の育毛剤です。薄毛の根本的な原因を取り除き、脱毛を予防します。また、血行促進で発毛を促してくれるのです。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング通販編】3位:濃密育毛剤BUBKA

引用: https://bubka.jp/img_common/products/zeroBig01.jpg
アルコールが少ないことから、肌にやさしく作用することで注目されているコスパ力育毛剤です。コラーゲンは薄毛を抑える効果が期待されるといわれ、プラスしてM-034で抜け毛予防と発毛促進が望めます。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング通販編】4位:薬用プランテルEX

引用: https://plantel-ikumou.com/img/sect1_img.png
育毛効果がある商品販売実績が人気の育毛剤です。製薬会社と毛髪診断士がタックを組んで開発された低価格商品で、ミノキシジル効果を超えるペブプロミンα×リデンシルが5%配合されています。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング通販編】5位:スカルプD 薬用育毛トニック(アンファー)

引用: http://scalp-d.angfa-store.jp/ad/jet/images/jet_lst__img_product_jet.png
プシューと波動ジェットの力で、頭皮に心地よい刺激を与える画期的な低価格育毛剤です。毛髪が細く寂しくなってきた人やヘアケア方法が分からない初心者の人でも使いやすくおすすめの育毛剤になります。
Sjseh1uu2ktscheycttk
引用: https://www.pinterest.jp/pin/820710732069204760/

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング市販編】1位:サクセスバイタルチャージ(花王)

引用: https://www.kao.com/jp/kao_imgs/success/scs_vitalcharge_00_img_l.jpg
シャンプーなどで人気の花王から販売されている育毛剤です。t-フラバノンという成分が、髪の毛を太く強く育てていく特徴をもっています。また、血行を促進させるセンブリエキスなどを配合しているので、効率的に頭皮環境を整えることができるでしょう。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング市販編】2位:MARO薬用育毛 3Dエッセンス(ストーリア)

引用: http://www.maro-men.jp/assets/img/products/hair02/thumb.png
MARO薬用育毛 3Dエッセンスは、頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムや皮脂を抑えるニンジンエキス・血行をよくするセンブリエキスが配合されています。血行促進と炎症抑制によって頭皮環境をよくする育毛剤です。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング市販編】3位:薬用毛髪力イノベート(ライオン)

引用: http://mouhaturyoku.lion.co.jp/lineup/innovate/image/package_innovate.jpg
大手ライオンが開発した育毛剤です。発毛促進シグナル増幅成分「サイトプリン(6-ベンジルアミノプリン)」髪の生成を促進して、「ビタミンE誘導体」が血行をよくすることでフサフサの髪をめざします。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング市販編】4位:NFカロヤンガッシュ(第一三共ヘルスケア)

引用: https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/imgs_product/pict_karoyan_nf_gush.jpg
頭皮の血管を拡張することで、髪に大事な栄養をしっかりと届ける働きをします。また、余分な脂質をとり、殺菌作用で発毛環境を整備するのです。男性だけでなく女性にも効果が期待できるでしょう。

【コスパ力の高い育毛剤おすすめ2019年ランキング市販編】5位:ハツモールSP無香料(田村治照堂)

カルプロニウム塩化物を含む5種類の成分が配合されていることで、頭皮をやわらかくし、栄養分の浸透をよくします。その結果、しっかり毛細血管を栄養分が通って、髪の毛の活性化をはかるのです。低価格で話題の育毛剤になります。
R7xc24fgyjgrx1l8irqh
引用: https://www.pinterest.jp/pin/632333603906660481/

【女性用市販育毛剤おすすめ2019年低価格ランキング】1位:柑気楼(はぴねすくらぶ)

引用: https://www.e-hapi.com/ito/prod/001788s.jpg
その名のとおり、柑橘系の香りがよく、いつまでも使い続けたい気持ちになってくるさわやか市販の育毛剤です。3種類の柑橘エキス配合で、頭皮にしっかりうるおいを与えて保湿します。また、センブリエキスは血行促進効果があるので、抜け毛を防いでくれるのです。

【女性用市販育毛剤おすすめ2019年低価格ランキング】2位:無添加育毛剤マイナチュレ(レッドビジョン)

引用: https://www.my-nature.jp/wp-content/uploads/2016/03/thumb_01.jpg
女性の薄毛の味方になってくれる市販の育毛剤です。せっかくの育毛成分も肌を傷めてしまうと意味がありません。頭皮にやさしい成分配合で、デリケート肌の人でも安心して使うことができる低価格の育毛剤なのです。

【女性用市販育毛剤おすすめ2019年低価格ランキング】3位:frowrich(サントリーウェルネス)

引用: https://www.suntory-kenko.com/common/img/thumb55001s.jpg
サントリーウエルネスから誕生した育毛剤です。パープル色のボトルがおしゃれで、女性受けがよく、人気になっています。花色素ポリフェノールEXは抗酸化作用が、酢酸DL-α-トコフェロールは血行促進効果が期待できるのです。

【女性用市販育毛剤おすすめ2019年低価格ランキング】4位:ベルタ育毛剤

引用: https://belta-shop.jp/images/belta_hair/2nd_pc_top_06.png
女性特有の髪の悩みを徹底的にケアする育毛剤です。配合されているほとんどの成分が天然素材であり、肌にやさしく作用する点からも多くの女性に注目されている低価格の育毛剤といえるでしょう。

【女性用市販育毛剤おすすめ2019年低価格ランキング】5位:CA101 スカルプエッセンス

引用: https://www.ca101.net/assets/img/haircare/scalp/items.png
衰えてきた頭皮を改善する育毛剤です。高圧抽出プラセンタエキスとヒアルロン酸を配合していることで、うるおいと弾力のある強い太い髪をよみがえらせます。

【おすすめ人気育毛サプリ】アガルプ(リッチモア)

引用: http://gain-works.com/ss/wp-content/uploads/2018/08/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%97%EF%BC%91.jpg
1日4粒で、体の中から育毛ケアができます。スカルプ成分ほか7種類の成分が、毛根環境をよくし、そのあとのスキントラブルを回避する美容成分も配合しているのです。
Dtanbrlxcwnhwi9opzc1
引用: https://www.pinterest.jp/pin/564638872029614224/

医薬品は期待できる?

世の中には数多くの育毛剤がありますが、自分に合ったタイプでなければ効果が期待できません。もしも思ったような効果がでなかった場合、それは医薬部外品だからかもしれないのです。医薬品に分類される育毛剤は医師処方のもので、効き目が高まるので注目されています。

医薬品はおすすめでない?

広告の中には、医薬品の育毛剤は高いので、あまりおすすめでないといった情報もでています。しかし、医薬品以外の育毛剤は、ゆるやかな改善なのでできるだけ即効性を期待するのであれば医薬品がよいでしょう。もちろん個人差はありますが、誇大広告などの口コミにだまされないようにしてください。
V3cbe2v6ohnhscdkvejm
引用: https://www.pinterest.jp/pin/783767141374769640/

発毛剤や養毛剤との違いは?

育毛剤は頭皮環境を整える、初期段階での薄毛が気になる時期に使うのが効果的ですが、発毛剤はすでに毛がなくなったところに塗ることで発毛を促進します。一方、養毛剤は今の状態を維持するために育毛ケアをするためのものです。

飲む育毛剤はあるのか

飲む育毛剤といった正規のものはありませんが、プロペシアなど、医師から処方された内服薬は存在します。これを飲む育毛剤と呼ぶこともあるのです。直接体の中に吸収される分、即効性があり、高い効果が望めるでしょう。
Ln2u5jnc7h2jahq4kzyq
いかがですか。男性に多い薄毛や抜け毛も最近では女性にも多くみられるようになりました。そのため、さまざまな育毛剤が世の中にあります。
●口コミやランキングなどを参考に選ぶ
●頭皮を清潔にした状態で使う
●高い効果を期待するのであれば、医薬品の育毛剤を使う
どんなに多くの人がよいとされる育毛剤でも、自分の肌に合っているかどうかはわかりません。まずは長く使うことを頭にいれながら、成分内容とコスパ力のある育毛剤を試してみましょう。