Qlgd4takrblrueinowl1

パソコン

CATEGORY | パソコン

DVDとブルーレイはどちらがおすすめ?!違いとおすすめポイントを徹底比較!

2018.06.15

ブルーレイとDVDには、様々な性能の違いがあります。もしかすると、あなたは今ブルーレイとDVDのどっちを選ぼうか悩んでいるかもしれません。そこで今回は、ブルーレイとDVDの違いから、どっちを選ぶのがおすすめなのかということについてポイントを説明します!

  1. DVDとブルーレイの徹底比較! DVDとブルーレイは何が違うの?
  2. DVDとブルーレイの徹底比較! DVDとブルーレイの違いは5つある
  3. DVDとブルーレイの徹底比較! DVDとブルーレイの違いは何といっても容量の大きさ!
  4. DVDとブルーレイの徹底比較! ブルーレイとDVDで画質は違ってくる?
  5. DVDとブルーレイの徹底比較! 音質の違いはあまりない?
  6. DVDとブルーレイの徹底比較! コストパフォーマンスの違いは?
  7. DVDとブルーレイの徹底比較! ブルーレイにも欠点が…?
  8. DVDとブルーレイの徹底比較! ブルーレイは耐久性に欠ける
  9. DVDとブルーレイの徹底比較! パソコンに対応している機器はDVDの方が多い!
  10. DVDとブルーレイの徹底比較! まとめ
引用: https://i0.wp.com/img.logmi.jp/wp-content/uploads/2016/02/catch60.jpg
「DVDとブルーレイ、どっちがおすすめなの?」このお話を始める前に、まずはDVDとブルーレイのそれぞれの違いについてお話ししていきます。やはり、いきなりこっちがおすすめですよと言われても、具体的に何がおすすめなのかわからないですよね。なのでまず始めに、DVDとブルーレイの違いからお話を進めていきます。

関連記事

引用: https://cdn.liginc.co.jp/wp-content/uploads/2013/10/20131016011.jpg
DVDとブルーレイは、同じ映像を映し出す機器でも性能が全く違います。と言っても、具体的にどのような違いがあるのか気になりますよね。 実は、DVDとブルーレイには大きく5つの違いがあるのですよ!ではここから具体的に、どのような違いがあるのかを見ていきましょう。
引用: http://mobilewifi.jpn.org/wp-content/uploads/2016/11/AdobeStock_59253392-1024x768.jpeg
DVDとブルーレイの違いとしては、まず容量の大きさが挙げられますね。もしかすると、DVDとブルーレイのどちらを選ぼうか悩んでいる人の中には「DVDとブルーレイって、どっちの方が容量が大きいの?」と思った人もいるかもしれません。 では実際にDVDとブルーレイの場合、どっちの方が容量が大きいのでしょう。 実は、ブルーレイはDVDに比べてはるかに容量が大きいのですよ!
引用: http://jp.imelfin.com/wp-content/uploads/2013/10/0031.png

ブルーレイの容量はDVDの5倍以上大きい!

Ieer11swkztri4nqkfq4
引用: http://kidsart-myart.up.n.seesaa.net/kidsart-myart/image/5-8ee0f.jpg?d=a1
ブルーレイがDVDに比べてはるかに容量が大きいということがわかりましたが、実際にこれら2つの容量にはどれくらいの差があるのか気になりますよね。実は、ブルーレイの容量はなんとDVDの容量の5倍以上もの大きさがあるのです! 具体的にどれくらいの容量の大きさなのかというと、DVDの場合容量は4.7GB。それに対してブルーレイの容量は25GB。 こうして数字で見てみると、ブルーレイの方が圧倒的に大容量であることがわかりますね。なのでDVDとブルーレイのどっちを選ぶかのポイントは、容量が大きい方を取るか容量が小さい方を取るかということです。 容量を重視して選びたいのであれば、ブルーレイの方がおすすめですね!
M3k7cyp0zd1ekqmjkcsf
引用: https://i2.wp.com/buzzmag.jp/wp-content/uploads/2014/08/Snadm.jpg?resize=625%2C336
ブルーレイはDVDに比べて、圧倒的に容量が大きいということをお話ししました。やはり容量が大きいとそれだけ多くの番組を録画することも可能ですよね。 では次に、同じ映像を映し出す機器としてとても重要な画質についての違いを紹介していきます。 一体、画質はブルーレイとDVDでどのように違ってくるのでしょうか。

画質を求めるならおすすめはブルーレイとDVD、どっち?

引用: https://research.nttcoms.com/database/data/002071/image/photo.jpg
家電屋さんへ足を運んだ時に、あなたはブルーレイで映し出された映像を生で見たことがありますか? ブルーレイは、キャッチフレーズができるのではないかと思うほど鮮明な画質になっているのが大きな特徴です。なのでブルーレイとDVDの画質の違いについては、歴然としています。 具体的にブルーレイとDVDの画質はどれくらい違うのかというと、DVDが35万画素なのに対して、ブルーレイは207万画素となっています。 数字を見ても、圧倒的にブルーレイの方が高画質であることがわかりますね。 なので「ブルーレイとDVDだとどっちの方が高い画質なの?」という疑問については、ブルーレイの方が圧倒的に高画質であるということです。 これは、ブルーレイとDVDのどっちを選ぶかを決める大きなポイントにもなりますよね!
引用: http://abletontutorials.byte.jp/wp-content/uploads/2012/08/HighQuality-Sound.jpg
ブルーレイとDVDだと、どっちの方が画質が良いのかということについてはお話ししました。そうなってくると、やはり音質の方も気になってしまいますよね。 しかし実は、ブルーレイとDVDでは音質にあまり差がないのですよ! これは、音質でブルーレイとDVDを選ぶ人にとっては大きなポイントになるのではないでしょうか。

ブルーレイはDVDに比べて音質がクリア

引用: http://eigo-box.jp/wp-content/uploads/2017/08/IMG_7404.jpg
ブルーレイとDVDの音質の違いはあまりないということをお話ししましたが、そうとは言ってもやはりブルーレイの方がDVDよりはクリアな音質になっています。 この音質の違いは、ミュージカルであったりアーティストのライブ映像を見るとはっきりわかります。というのもブルーレイであれば、まるでその場にいるかのように圧倒的な音を味わうことができるからです。なので音を主軸にした映像を楽しみたいのであれば、このような違いは大きなポイントになってきますね。 少しわかりにくいですが、ブルーレイとDVDの音質を比較した動画もありますのでそちらもチェックしてみてください!
引用: http://www.unirita.co.jp/wp-content/uploads/2016/05/upas_kadai.jpg
ここまでのお話で、ブルーレイとDVDにはどのような違いがあるのかということがわかったかと思います。ブルーレイは容量の大きさから画質、そして音質に渡ってDVDよりも優れているということがわかりましたね。 しかし、ここまで性能が良いとやはり気になってくるのはコストパフォーマンスの面です。多くの人は「やっぱりここまで性能に違いがあるとブルーレイの方が高いんじゃないか」と思っているはずです。 やはり、ブルーレイとDVDのどちらを選ぶかの決め手となるポイントは、価格ですよね。では実際に、性能の面を比較したところでこれら2つのコストパフォーマンスの違いを見ていきましょう。

単純な価格比較はできない?

引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/penta0602/20170307/20170307025439.jpg
事実、DVDよりもブルーレイの方が価格は高いです。だからと言って、単純な価格を比較することはできないでしょう。なぜなら、ブルーレイには価格が高くなるほどの価値があるからです。 もしこれがブルーレイにはDVDと比較できるほどの性能の違いがなければ、価格を見て決めるだけで良いですよね。しかし、ブルーレイにはそれ相応の性能があります。なので、単純に価格だけを見て比較はできないということです。 なのでもしあなたが価格を重視して選びたいと思っているのであれば、このような価格については決め手となるポイントになるはずです。
引用: http://viral-community.com/wp-content/uploads/2014/01/lolipop-fault.jpg
ここまでのお話で、ブルーレイとDVDの違いを見比べてどちらの方が性能が優れているかわかったかと思います。 やはり容量の大きさや画質の高さ、また音質の良さは圧倒的にブルーレイの方が優れていましたね。そして、価格についてはDVDの方がコスパは優秀でしたが、性能の価値を考えるとブルーレイを選んでも損はないほどでした。 こうして振り返ってみると、ここまでのお話ではブルーレイの長所ばかり取り上げられているように見えますよね。「一体、DVDには長所はないのか」と思われそうですが、実はこのブルーレイにも欠点はあります。それは、耐久性や対応機器についてです。 ここからは、ブルーレイの欠点である2点を紹介しながら、引き続きDVDの性能と比較して違っているポイントを見ていきたいと思います。
引用: http://nsfox73pzktsrr.cdn.jp.idcfcloud.com/client_info/FLASHSTORE/itemimage/VM-GA22-02.gif
ブルーレイとDVDの違いとして、ブルーレイがDVDに劣っている事としてまず1つ目に挙げられるのは、耐久性の違いです。 ブルーレイは容量が大きかったり画質や音質が高いということがわかりましたが、その反面でちょっとした傷で読み取れないなんてことが起きるケースが多くあるのです。 DVDのディスクにできた傷を見たことがある人はなんとなくわかるかもしれませんが、DVDだとディスクに多少の傷がついても読み取ってくれますよね。しかしこれがブルーレイだと、読み取ってもらえずエラーを引き起こしてしまうのです。 こうした耐久性を考えると、長い期間使い続けたい人にとってはDVDの方がおすすめなのかもしれません。

ブルーレイは保管にも気を配らなければいけない

引用: http://www.tdk-media.jp/accessory/img/bbg37002.jpg
そして、このように耐久性に欠けるブルーレイであることから、保管にも注意を払わなければいけません。 実は、DVDとブルーレイでは保管するための不織布ケースが違います。これは、DVDの不織布ケースは凹凸が多いからです。 こうした保管に気を配らなければいけないということも、ブルーレイの欠点と言えますね。
TDK LoR Blu-ray用ファイルタイプ・ケース12枚収納
価格 2,780円
引用: https://pc.siraberu.info/wp-content/uploads/2016/01/tv_dvd1-e1453878537270.jpg
そしてもう1つである、対応機器の違いです。 今ではパソコンでDVDを見たりする人も多いですよね。「でも、今ではパソコンでもブルーレイに対応している機器があるよね?」このように思った人もいるでしょう。 確かに、ブルーレイでもパソコンに対応している機器はあります。しかし、実際にDVDと比べると圧倒的にブルーレイの方がパソコンに対応している機器は少ないのです。 なので普段からパソコンでDVDを見る人からすると、ブルーレイでなくてもDVDで十分ですよね。 それにブルーレイだと耐久性に欠けているので、やはり長い期間使っていく上ではDVDの方がおすすめなのではないでしょうか。
引用: https://www.sony.jp/support/vaio/other/diagnosis/02/images/001_pct_02.jpg

パソコンのスペックが追いつかないことも…

引用: http://cpr-inc.jp/cpr/wp-content/uploads/2015/11/macbook-926335_1920-1024x681.jpg
また話を加えるなら、ブルーレイはDVDに比べてパソコンのスペックが追いつかないということも多々あるということが欠点として挙げられます。 いくらブルーレイがパソコンに対応していたとしても、パソコンの処理能力が対応しきれなかったら意味がありませんよね。 なのでもしブルーレイに対応したパソコンでなければ、それこそお金の無駄になってしまうなんてことにもなりかねません。 このように、メリットが多いように見えて実はブルーレイにも欠点が多いということがわかります。
引用: https://nac-chib.com/blog/wp-content/uploads/2016/01/bus0064-003.jpg
今回は、DVDとブルーレイの違いからどちらがおすすめなのかについてお話ししました。 容量や画質、そして音質を求めるのであればブルーレイが良いのかもしれませんが、長い期間使っていくのであれば耐久性があってかつパソコンなどといった機器にも多く対応しているDVDがおすすめであることがわかりましたね。 しかし、最後の決め手は価格と使用目的です。ぜひあなたの目的に合った方を選んでくださいね!

関連記事