Tnyb3l53fzm5tqhopcej

ブランド

CATEGORY | ブランド

スキンケアブランドおすすめ10選!人気ブランドとその違いを解説!

2018.10.05

スキンケア商品には様々なブランドがあります。どれが人気なのか、違いが分からないという方も多いのではないでしょうか?そこでこの記事ではおすすめのスキンケアブランドを徹底的に解説します。自分にピッタリのスキンケアブランドを見つけて美肌を目指しましょう。

  1. どのスキンケアブランドがよいのか?
  2. おすすめスキンケアブランド1 FANCL(ファンケル)
  3. おすすめスキンケアブランド2 ノエビアNOV
  4. おすすめスキンケアブランド3 CLINIQUE(クリニーク)
  5. おすすめスキンケアブランド4 L'ORACLE(オラクル)
  6. おすすめスキンケアブランド5 SK-II(エスケーツー)
  7. おすすめスキンケアブランド6 ORBIS(オルビス)
  8. おすすめスキンケアブランド7 資生堂(SHISEIDO)
  9. おすすめスキンケアブランド8 DHC(ディーエイチシー)
  10. おすすめスキンケアブランド9 POLA(ポーラ)
  11. おすすめスキンケアブランド10 COSME DECORTE(コスメデコルテ)
  12. スキンケアブランドはライン使いがおすすめ?
  13. スキンケアの順番は重要?
  14. 国内外どのスキンケアブランドがよいのか
  15. まとめ
メイクアップも大事ですが、それ以前にスキンケアがきちんとされていないとファンデーションのノリが悪くなり、見た目もよくありません。見た目の美しさに違いが出てくるスキンケアはとても重要です。この記事を参考におすすめや人気の品、それぞれの違いを見極めてベストなブランドを見つけていきましょう。
気に入ったブランドが見つかったら、同じスキンケアブランドのものをライン使いするのがおすすめです。成分が同じものや相乗効果が望めることが多いので、バラバラのブランドを使うよりも美肌効果が高くなることが期待できます。また、ブランド独特の特徴や違いが分かればより自分にピッタリのブランドを見つけやすくなります。

関連記事

きちんとしたスキンケアブランドのものを使いたいけれど、あまりに高額のものは厳しいと言う方にこちらのファンケルは人気です。無添加にこだわっているので、デリケートな肌質の方にも安心です。良心的な価格と確かな品質を大事にしているので、学生から主婦の方まで愛用者が多いブランドです。コンビニでも気軽に購入できます。
ファンケルといえばこちらのマイルドクレンジングオイルが人気です。重ね付けのマスカラも小鼻の毛穴汚れもスルンと落とせるので、お肌を擦らなくてもOKです。また、まつ毛エクステをしている方でも使えるオイルフリーなので、ベタつき、ヌルヌル感がありません。使っていると毛穴汚れが目立たなくなると口コミで評判です。
ファンケルの化粧水などはコンビニで購入ができます。お試しや旅行にピッタリの小さめサイズなので、購入もしやすいのではないでしょうか。少しお肌の調子が気になる時にきちんとスキンケアをしたい方におすすめです。
皮膚科医が安心して使える化粧品を作ろうというモットーの元に作られたブランドがノエビアです。他のスキンケアブランドの化粧品を使うと肌荒れをしてしまうデリケート肌の方から人気の商品です。価格も安いものだと1,000円以下なので、試しやすいブランドです。ニキビなどの肌トラブルがある時にもどうぞ。
洗顔フォームは、モコモコの密度の高い泡が作れると人気です。中々泡立たない洗顔フォームを使っているとお肌に少しづつ普段をかけているので、違いが出てきます。泡立てネットを使うと更に泡立ちやすいのでおすすめです。こちらを使い始めてからニキビが改善されたとの声が多く、洗い上がりもサッパリしているので、脂肌の方でも気持ちよく使えます。
1968年にニューヨークで誕生してから世界中で愛されてきたスキンケアブランドです。価格は5,000円からと少々高めですが、よりよいスキンケアブランドをお探しの方におすすめです。美肌について専門的に開発しているので、毎日使っていると潤いが全く違うと言う口コミが多いです。手触りが変わり、ずっと触っていたくなるお肌へと導きます。
スマートカスタムリペアプラスは年齢を重ねたお肌を美しく健やかに導く美容液です。どんなに塗ってもベタつきが無く全部お肌に吸収されていくような質感で人気です。とても使用感がしっとりしているので、特に乾燥が気になる際におすすめできます。年齢による乾燥はシワ、シミの元となるのでこちらでしっかりとケアをしてはいかがでしょうか。
天然の植物の力を借りて美肌へと導きます。オーガニックスキンケアに興味のある方に人気があります。植物が主となっている点が他のスキンケア用品との違いではないでしょうか。70種類以上の植物の成分が配合されているのでお肌のバランスを正しく整えます。価格は安くても4,500円からなので、自分へのご褒美にいかがでしょうか。
パワーモイスチャーは美容液なのですが、まるでクリームの様にしっとりと潤うと人気です。ゼロニウム、ローズ、ネロリなどの植物から作られています。香りもとても優雅でリラックスができます。使い続けていると肌質が改善すると言う口コミもあるので、自分のお肌の質を上げたい方にいかがでしょうか。お肌が柔らかくなったと感じられるので、その他の化粧水などの入りもよくなります。
こちらの他のスキンケアブランドとの違いは「ピテラ」という成分に着目している点です。ピテラとは特別な酵母なので、普通に生活していては得られない美肌効果を得ることができます。価格は8,500円からとお高めなのですが、年齢を重ねてアンチエイジング効果を求めている方から人気です。年齢を重ねることが楽しみになってくる、そんな気持ちにさせてくれるスキンケアブランドではないでしょうか。
エスケーツーの代表的な商品です。75ml / 160ml / 230mlと量が選べるのでまず最初は少量から試したいと言う方におすすめです。頑固な大人ニキビにも効果が望めるので今までどのスキンケアブランドも効果を感じられなかった方にいかがでしょうか。もちろんピテラを多く含んでいるので、お肌を優しくトリートメントします。口コミでは20代の方からも人気で幅広い年代層に好評を得ています。
オルビスはスキンケアだけでなく、健康食品、ダイエット食品、化粧品なども販売している会社なのでネームバリューがあります。価格も1,500円から3,000円までとお手頃なのでお試しになった方も多いのではないでしょうか。オイルカット、無香料無着色とお肌に害のあるものは除去してある作りなので化粧品が原因の肌荒れなどを防げます。他のブランドとの違いは低価格な点にもあるので、まずは実際に使用してはいかがでしょうか。
こちらのアクアピーリングジェルは毎日しっかりとメイクをされる方から人気があります。メイク汚れや古い角質を落とすだけではなく肌そのものを柔らかいものにしてくれます。週1回位の間隔でケアすると憧れの透明感が感じられると評判です。その後使用する化粧水や美容液の入りも格段に上がります。お肌のくすみや黒ずみが気になる方におすすめです。
1872年に作られた日本が世界に誇れるスキンケア、化粧品のブランドです。誰でも一度は使った事がある、見た事がある商品が多いので、安心感があります。この安心感が他のブランドとの違いではないでしょうか。画像のカーマインローションはニキビを改善させてお顔を鎮静化させると人気です。安いものだと500円以下から8,000円と商品の幅がとても広いです。是非あなたのお気に入りが見つかるでしょう。
オイルデルミンはボトルの見た目も可愛い商品です。小瓶ではなく大瓶もあるので、用途目的に合わせてチョイスできます。拭き取り化粧水なのでライトな使い心地です。あまりべた付きを感じたくない、サッパリした使い心地をお求めの方におすすめです。100年もの長い間日本女性から支持を得ていた化粧品でもあります。コットンで拭き取るとお肌の古い角質や汚れが落ちて美容効果が高まります。
サプリメントや化粧品でお馴染みのDHCはスキンケアラインも充実しています。お肌に関することからまつげケア、リップケアと幅広く揃えられて価格もリーズナブルで魅力的です。コンビニ、ドラッグストアなどどこでも購入できて、急なお泊りや旅行の際にコンビニで購入した方も多いのではないでしょうか。プチプラの割にはお値段以上の働きをしてくれるスキンケアブランドとして人気です。
DHCといえばオリーブバージンオイルが代表商品です。こちらはお顔に塗って頂くのはもちろんですが、髪にも使えるのでおすすめです。オイルでしっかりと潤うのですがヌルヌルした感じがせずに、お顔が乾燥からバリアされている感じです。色んな肌質の方から人気の浸透率のよいオイルです。オーガニックにこだわる方にも良いのではないでしょうか。
日本で誕生したスキンケアブランドです。他のブランドとの違いは年齢を重ねたお肌に嬉しい効果が望める点です。価格は5,000円からなので、本格的にアンチエイジングをしたい方にいかがでしょうか。静岡が発祥の地で、昔から日本女性の肌に合う化粧品を作ってきました。外国製のものはお肌に合わないと感じている方はこちらを使うと違いが実感できます。
POLAのなかでもアンチエイジングケア専門の化粧品であるB.Aシリーズは乾燥が気になる方にも満足して頂けます。特にミルクは柔らかいテクスチャで他のクリーム類とは違い、お肌にスッと馴染む感覚が気持ちよいと話題です。同じくローションやセラムとライン使いすればより年齢対策が取れます。
高級なスキンケアブランドとして知られているコスメデコルテ。何と言っても、パッケージから高級感を醸し出しているので、鏡前に置いておくと他の化粧品には無い雰囲気が出ます。リポソームという美容性成分を含んでいてお肌に効率良く美容成分を運びます。色んなランキングでも1位を獲得しているスキンケアブランドなので、確かな使用感を求めている方におすすめです。
モイスチュアリポソームはコスメデコルテの代名詞でもあるリポソームをふんだんに含んでいる美容液です。他のスキンケアブランドとの違いはこのリポソームにあるので、お肌の角質の奥から整えていきます。特にインナードライと診断された方にうれしい効果が望めるので、混合肌の方が使うのもおすすめです。40mlと60mlがあります。
色んな化粧品、スキンケアブランドがありますが、アレもコレも気になるとつい色々買い込んでしまいがちです。そうなると化粧水と乳液のブランドが違うと言うこともよく起きますが、スキンケアブランドはできるだけライン使いするのが理想です。その理由はブランド独特の美容成分が含まれている時にライン使いした方がその成分を効率良くお肌に浸透させる事ができるからです。
基本的にはよいことであるライン使いですが、デメリットも存在します。その一番の理由は他に気になるブランドがあっても変わるタイミングが難しい点です。また、全て買い揃えるとなるとお財布にも厳しく、スキンケアがマンネリ化してしまいがちです。あまりライン使いする事に固執し過ぎずに臨機応変に使い分けるのが自分への負担もかからずによい方法です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/80/8066040673ba0f8377cd5943a16673da_t.jpeg
化粧水に美容液に乳液、沢山あるとどの順番でケアすればよいのか迷ってしまいます。どうせ全部お肌に塗れば一緒だといい加減に考えてはいませんか?ケアの順番は非常に大事でその後に塗るケア用品のお肌への入りが違います。ブランドによって、ケアする順番は違うので、公式ウェブサイトを見て確認したり、お店のスタッフに聞くのが間違いないでしょう。
基本的なスキンケアの順番はクレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリームです。もちろんこれら全てを同じブランドでライン使いすれば美肌効果はグンと上がります。また、正しい順番も知りやすいのでライン使いにはメリットが多いです。しかし上記でも述べた様にあまりライン使いやブランドに神経質にならず、自分のお肌に合うものを使い続けることが重要です。
海外製のスキンケアブランドは見た目も可愛いものが多く、魅力的です。しかし成分表などを確認しにくかったり、日本人の肌には合わない場合もあるので最初のうちは注意が必要です。海外のスキンケア製品は少し前まで海外旅行のお土産の定番でしたが、最近ではアマゾンなどで個人輸入も出来ます。
日本国産の化粧品やスキンケアブランドは海外からも評価が高く、世界一の品質と言ってもよいでしょう。肌荒れしている、デリケート肌、アトピー肌などの方はまず日本国産のものをチョイスしてはいかがでしょうか。
スキンケアはお肌の基礎を作るので、一番丁寧に正しい方法で行う必要があります。自分に合うスキンケアグッズを見つけるのは美肌への近道なので、色々と試したり、口コミを調べたりしてみましょう。今回ご紹介した以外にもスキンケアブランドは沢山あるので、きっとあなたにピッタリのものがあるはずです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.amanaimages.com/preview640/10367004472.jpg