Drznb2yprtln0bjdtnrc

ブランド

CATEGORY | カテゴリー

スーツの種類の違いって?シーンごとの使い分けと正しい選び方を解説!

2018.09.10

男性ならたいていスーツの1着くらいは持ってるもの。でもその種類とシーン別の選び方について詳しく知ってる方は少ないと思います。そこで、知らないと恥をかく、知っていると自慢できるスーツの種類とシーン別の選び方について解説してまいります!

目次

  1. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】スーツを着こなそう!
  2. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】スーツの種類①シングルかダブルか
  3. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とはスーツの種類②】ツーピースかスリーピースか
  4. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】スーツの種類③2ボタンか3ボタンか
  5. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】スーツの種類④柄の違い
  6. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】スーツの種類⑤その他
  7. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】シーン別の選び方①オフィス勤務
  8. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】シーン別の選び方②会食・商談・プレゼン
  9. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】シーン別の選び方③冠婚葬祭
  10. 【スーツの種類と違いって?シーン別の選び方とは】最後に
Acxag9zlqz8korcfxvxr

男性ならたいていの方がスーツの1着や2着は持っていると思います。もちろん、サラリーマンではなく、スーツを着ることがない人であっても、冠婚葬祭やフォーマルな場ではスーツを着るのが普通です。また、就職活動をしている学生やサラリーマンなら、スーツを持ってないなんてことは考えられないですよね。

もともとスーツはモーニングやタキシードといった礼服を簡略化したもの。今のスーツの原型は19世紀にイギリスで生まれました。20世紀に入って急激に経済発展したアメリカでビジネスマンが着始めたことから、ビジネスウェアとして世界中に普及していったと言われています。

スーツは元が礼服なだけに、同じように見えても実はシーン別で使い分けなければいけません。それを間違えるとフォーマルな場で赤っ恥をかいたり、失笑を買うことにもなりかねないです。

Javoczuiuxisq1zxreju

ぜひスーツの種類やシーン別の使い分けを知り、よりおしゃれにスマートにスーツを着こなしてください。

51dcmqxrvvl. ul1200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51dcmqXrvVL._UL1200_.jpg

まずはスーツの種類を解説します。種類といっても、その分け方は様々です。まずはその中で一番大きな違い、シングルとダブルについて説明します。

シングル、ダブルというのは、ジャケット(背広)のボタンが1列か2列かということです。タテに1列だけなら、そのスーツはシングル。タテに2列ならダブルです。3列以上あるスーツは基本的にありません。

ふたつの違いはズバリ、フォーマルさです。ダブルはかなりフォーマルなときに着るものです。あまり普通のサラリーマンが普段の仕事の時に着ることはないでしょう。ただし、かといって就活生がダブルを着るのも場違いです。いつもと違う、ワンランク上のおしゃれをしたいときはダブルを着るといいですね。

51mwmrz2rol
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mwmRZ2roL.jpg

このシングル・ダブルの分け方はスーツを分類するさい、一番大きな違いになりますから、とりあえずこの二つは覚えておいてください。

1/5

続きを読む