Picnicdtop1k7j9gekts

対策

CATEGORY | 対策

白髪がかゆいと抜くのはNG?その原因と正しい対処法を一挙公開!

2018.09.10

白髪がかゆいと感じても抜くのはいけません。しかし我慢も難しいですし、対策が必要です。白髪がかゆいのは、染めるのが原因だったり、フケが原因などの前兆があるはずです。今回は白髪が伸びる際に、かゆいと感じたときの染める方法や原因などの対策を紹介します。

  1. 白髪がかゆいと感じる原因は何?染めるときや生えるときのこと
  2. 白髪がかゆいと感じる原因は何?染めるときや生えるときのこと1
  3. 白髪がかゆいと感じる原因は何?染めるときや生えるときのこと2
  4. 白髪がかゆいと感じる原因1 白髪を染める
  5. 白髪がかゆいと感じる原因2 頭皮の炎症
  6. 白髪染めるなどでかゆいと感じる原因から対策を考える
  7. 白髪染めるなどでかゆいと感じる原因から対策を考える1 正しいシャンプー選びと洗髪方法を実践
  8. 白髪染めるなどでかゆいと感じる原因から対策を考える2 頭皮マッサージ
  9. 白髪染めるなどでかゆいと感じる原因から対策を考える3 白髪染めを変える
  10. 白髪でかゆみを感じる前兆をつぶしていきましょう
  11. まとめ
白髪が伸びるころに感じているところにかゆいとかんじてしまうことってありますよね。ある程度であれば我慢すれば済むことですが、だんだん我慢が難しくなってきますし、抜くなどの対策を講じることがありますよね。しかし、その対策は正しい物なのでしょうか。我慢するのんは難しくても正しい対処法を実践することができます。また、かゆくなる前兆をおさえることで対策を講じることもできます。また、フケや白髪染めなどかゆみの原因になりそうなものも紹介していきます。今回はこのようなことをまとめて白髪のかゆみをどのように対策していけばいいのかについてまとめていきます。
白髪が映えてくるとかゆみを感じてしまう人が多いといわれています。通常であれば、かゆいときは我慢できずにかいてしまうのですが、それでは頭皮を傷つけてしまい、現状がよくなることはまずないでしょう。しかし、頭皮のかゆみは我慢するのが難しいですよね。どうにかして対策を講じないと難しいでしょう。
現代の医学でも白髪がかゆみを生む原因を解明できているわけではありませんが、白髪は、黒髪よりも太いことが関係しているといわれています。人間の毛穴の大きさは変わらないにも関わらず、白髪のような太い髪の毛が伸びるということは、毛穴をより刺激してしまって、かゆみを生んでいると考えられます。以外にもフケや染めるといったことではなく、毛穴に対して白髪が太いことが最初の原因として挙げられます。しかし、これでは、対策を講じるのが難しいですよね。何とか、その他の原因も知りながら対策を知りたいところです。
毛穴に対して白髪が太いことからかゆみを生んでいるという説がありましたが、次に原因として考えられるのは、白髪染めです。やはり白髪が映えてきた人がまずやるのが、白髪染めですよね。白髪染めには、様々な成分がふくまれていますよね。人によってはそれらの薬品や成分が肌に合わないという人もいるはずです。それによって皮膚にかゆみが生じてしまうということになります。これは前兆として、白髪染めの成分を調べることによって、対策することができますよね。自分の体に合わない白髪染めを使わないようにしましょう。
白髪が原因でかゆみを感じる人が多いといわれていますが、実は白髪とは関係なく、単純に頭皮が炎症を起こしていることがかゆみと関係していると考えられています。なので、白髪=かゆいというのは、半分政界でもあり、半分間違いでもあるのです。頭皮は常に傷つきやすくできており、ちょっとでも傷口ができてしまうとそこから雑菌が侵入し、炎暑を起こすことが考えられます。そのため、そこからかゆみが生まれることも考えられますよね。
白髪が生えてくるとかゆみを感じる原因についてある程度理解することができましたね。白髪染めが原因としてあったり、そもそも頭皮が炎症を起こしている場合など、様々なものが考えられました。そこでここからは、白髪からくるかゆみを抑えるための対策を考えていきましょう。白髪が出てきても抜く必要もないですし、フケも防止することができます。白髪が伸びる前に前兆を対策することもできるのでおすすめです。
まずは、自分に合ったシャンプーを選ぶといいのはかなり重要です。シャンプーに含まれる成分が自分の体と合わない場合、フケの原因にもなりますし、白髪以前に頭皮を痛めてしまう可能性があります。できれば、白髪でもかゆみを発生させないためにも、自分に合った正しいシャンプーを選ぶようにできるといいでしょう。シャンプーを選ぶときには、大まかな分類や成分などをチェックしていくといいでしょう。
また、洗髪の方法も重要となります。よく男性の肩で力任せにゴシゴシと洗う人もいますが、それでは頭皮を傷つけてしまい、フケの原因にもなります。かゆみもぞうふくしてしまいますので、我慢できずにより自体を深刻にしていくでしょう。正しい洗髪方法を実践することで、かゆみを生む前兆をふせぐことができるでしょう。
正しい洗髪の方法としては、力任せにゴシゴシとあらうのではなく、指先を使って優しくなでるように洗うというのが重要となります。あまり、キレイにしすぎないようにするのが重要といえるでしょう。また、シャンプーを洗い流すときのも、あまり暑すぎるお湯を使うと頭皮を傷つけてしまうことがありますので、ぬるめのお湯で流すようにして、シャンプーが頭皮に残ることがないようにしましょう。これでフケも防止できますし、かゆみの前兆を抑えて、我慢する必要がなくなります。
頭皮マッサージをして血行を促進するというのも、かゆみを抑えるのに効果的です。きれいな代謝を促進することで、過度なフケがでるのを防止することもできます。なので、白髪が伸びると感じてきた人は、頭皮マッサージを始めてみることをおすすめします。あせって抜く必要はまったくあります。頭皮マッサージをするときにも、あまり強すぎるとフケが出る原因にもなります。あくまで優しくマッサージするようにしていきましょう。
白髪が伸びると同時にかゆみを感じ始めたという人は、白髪染めが体に合っていない場合が考えられます。あせって白髪を抜くことも考えてしまいますが、自分の体にあった白髪染めは必ずあるので、白髪が伸びるのにあせることなく対処していきましょう。やはりこれまでかゆみをかんじなかったのに、白髪染めを使い始めてからかゆみの前兆がでてくるのは、確実に体にあっていないといえるでしょう。そうであれば、低刺激タイプの白髪染めを使ってみることをおすすめします。自分の肌に合った白髪染めをつかってください。
白髪でかゆみを感じる原因と対策について書いていきました。そして、重要なのは、前兆をとらえて対策をすることでもあります。例えば、いつも以上にフケが出ている場合は、頭皮が傷ついている可能性が考えれるので、シャンプーなどを見直すといいでしょう。白髪が伸びるときに合わせてかゆみを感じる場合、白髪染めが原因と考えられます。白髪を見つけると思わず抜くことを考えますが、慌てずに正しい対処を心がけましょう。
白髪を見つけるとどうしても抜くことを考えてしまいますよね。でも抜くのはきりがないとあきらめて白髪染めなどを使うのですが、それが原因でかゆみを生んでいる可能性がありますよね。そういったかゆみに対して我慢できずに書いてしまうのは事態を悪化させてしまうでしょう。大切なことは正しい対処法を実践していくということです。日頃のシャンプーはもちろんですが、自分の体にあった白髪染めを使うなど、白髪を取り巻くことを少しずつ正しい物にしていきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmpA3BXAPSB/?tagged=%E7%99%BD%E9%AB%AA