Thvln5wsdluryagw9pql

対処

CATEGORY | 対処

iPhoneが動かない・故障の時の対処法!画面が真っ暗?熱い?

2018.09.12

iPhoneが突然動かないと不安になる。画面が真っ暗になったり熱いと感じたりすると故障かもと思ってしまいます。例えば初期化したり、アップルマークを確認するなどの対処法がありますが、どうなんでしょうか。今回はiPhoneが動かないときの対処法をまとめます。

  1. iPhoneが動かなくなると焦りますよね
  2. iPhoneが動かないときは修理に出すのが一番ですが・・・
  3. iPhoneが動かないときにはどんな症状があるのか?
  4. iPhoneが動かないときの応急処置について
  5. iPhoneが動かないときの応急処置1 電源を切って再起動してみる
  6. iPhoneの強制終了の方法について
  7. iPhoneが動かないときに再起動をするときの注意点1 充電の確認
  8. iPhoneが動かないときに再起動をするときの注意点2 画面が真っ暗の状態でも試してみる
  9. iPhoneが動かないときに再起動をするときの注意点3 データの飛ぶ可能性あり
  10. iPhoneが動かないときの応急処置2 アプリを一旦消して、再ダウンロードする
  11. iPhoneが動かないときの応急処置3 SIMを入れなおしてみる
  12. iPhoneが動かないときの応急処置4 機内モードを付けてみる
  13. iPhoneが動かないときの応急処置5 ホームボタンが使えない!
  14. iPhoneが動かないときは応急処置でとりあえず対処しよう
  15. iPhoneが動かない場合の応急処置でもダメだった場合について
  16. iPhoneが動かない場合の応急処置でもダメだった場合1 修理に出す
  17. その他の修理パターン
  18. iPhoneが動かない場合の応急処置でもダメだった場合2 初期化してみるという方法
  19. iPhoneが動かない場合の応急処置でもダメだった場合2 初期化の注意点
  20. iPhoneが動かないことにならないような予防も大切
  21. まとめ
アップルマークで有名なiPhoneは生活とは切っても切り離せないアイテムでもあります。 ユーザー数も多く生活のあらゆる面で、サポートを受けているため、突然動かなくなってしまっては、大変困りますよね。突然画面が真っ暗になってしまったり、熱いと感じたりなど、故障かもと疑ってしまいたくもなります。
iPhoneが熱い状態になったり、アップルマークの画面でフリーズした事態に陥ったらどのような対処をすればいいのでしょうか。iPhoneが動かない場合の対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。初期化をすればいいのか、アップルマークを確認すればいいのかなど、様々なことが考えらえれますよね。今回熱い、動かないなどのあらゆる症状に合わせて、iPhoneが動かなくなってしまった時の対処法をまとめていきます。
アップルマークの画面でiPhoneが動かなくなったり熱い状態になったりアップルマークで画面が真っ暗になったときには、一番最初に思いつくのは修理に出すことですよね。しかし、修理を受けるとお金がかかりますよね。本当に修理が必要な重大な故障であれば、それもしょうがないとは思えますが、ちょっとしたことで修理を受けて無駄なお金を支払ってしまうのは、非常にもったいないといえるでしょう。できれば、自分で対処できることは、自分でやった方がお得ですよね。ある程度のトラブルであれば、自分で対処することが可能なものが多いといわれています。
また、どうのような理由で故障が起きてしまうのかがわかれば、その予防や対策もわかりますよね。大切なiPhoneを長く使い続けるためにも、こういったことへの「対処法を知っておくべきといえるでしょう。
アップルマークの画面でiPhoneが動かない時には様々な症状が発生しますよね。例えば、突然画面が真っ暗になったりすることもあれば、使用していた画面でフリーズしてしまうといったこともあります。iPhoneが異常に熱い状態になってしまうこともありますし、そういった場合に故障かもと不安になってしまいますよね。このような症状が起きたときにどのように対処していけばいいのかについてまとめていきます。熱い・動かないなどの同じような症状に陥ったことがあるという人は、ぜひ参考にしてみてください。
まずは、誰にでもできるiPhoneが動かないときの応急処置を紹介します。iPhoneが動かなくなってしまったときには、まずこのようなことを試してみてください。案外簡単ン位元通りに戻ることもあります。 iPhoneの調子がおかしいかもしれないと感じたときには、これらの方法を試してみてください。応急処置にもいろいろな種類があるので、頭に入れておくといいでしょう。
それでは、iPhoneが動かなくなってしまったときの応急処置の方法を紹介していきます。
まず、最初の応急処置としては、再起動というものが挙げられます。iPhoneが動かなくなってしまった時の原因として考えられることの1つに、データ通信やアプリなどを同時に利用しており、iPhoneが重たくなってしまったため、画面がフリーズしてしまうといったことが考えられます。
そういったときには、とりあえず再起動をしてみると、今行っていることを全て強制終了することができるので、元通りに戻ることが多いといわれています。なんとなくiPhoneが重たくなってきた、画面が止まってしまったという事態になったときには、とりあえず再起動してみることをおすすめします。そして、それでも調子が戻らなければ、修理なり、機種変更などをしてみることを検討してみるといいでしょう。
再起動をするためには、iPhoneの電源を着る必要があります。基本的にiPhoneの電源を切るためには、電源ボタンを長押しすることが一般的ですが、電源ボタンを長押ししても画面がフリーズして反応がない場合には、、再起動のための電源終了ができなくなってしまいます。そんなときには別の方法で強制終了をしなくてはいけません。この方法については、知っている人がそこまでおおくないので、覚えておくといいでしょう。強制終了の方法としては、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しするという方法です。
ボタンの組み合わせ的には、スクリーンショットを撮影するときの組み合わせと一緒ですね。これをやることで、強制終了ができます。アップルマークが出てくるまで長押しを続けてください。アップルマークが出てくれば、再起動が成功した証になります。そのご、また電源をつけてみていつもの調子でiPhoneが操作できていれば、再起動が成功となります。
再起動を使用と思っていたのに、電池が切れていれば、電源が入りませんよね。当然のことですが、画面が突然動かなくなって、電源を切って、画面が真っ暗になった状態で何の反応も示さなくなってしまったら焦ってしまいます。ただ、充電不足なだけなのですが、再起動するときには、コンセントやコネクターがきちんと接続されていて、充電が確保できていることをしっかりと確認しておいてください。
よくiPhoneが動かないときに画面が真っ暗になってしまう場合もありますが、そういった状態でも再起動をやってみることをおすすめします。画面が真っ暗になっているからといって、電源が落ちているわけではなく、画面は真っ暗だけど電源はついているという状態になっている可能性の方が高いと考えられます。
画面が真っ暗になって、電源が入っていないと思えても、一度は再起動を試してみることをおすすめします。すぐにアップルマークがでてくるかもしれません。
パソコンなどでもそうですが、強制終了を行った場合、現時点で作業しているもので、保存がなされていない場合は、データが消えてしまう可能性があることに注意をしてください。せっかくとちゅうまで作業したものであっても、データが消えてしまうと意気消沈してしまいますよね。再起動するときには、画面がフリーズした時に、やっていたことを思い出しながら、データが消えてしまうということに対して覚悟を持って、再起動を行うようにしましょう。リカバリーの範囲が分かっている方が、心のダメージが少なくて済みます。
iPhoneが動かなくなってしまう原因の1つに特定のアプリが入っていることが原因で調子が悪くなっていることが考えられます。その他のアプリは正常に動作しているにもかかわらず、特定のアプリだけは、例えば通知が全く庫内であったり、あぷりが突然終了するなどのことが起きることってよくありますよね。そんなときには、そういった調子の悪いアプリを一旦消去してください。
iPhoneでいえばアンインストールという方法をとります。そして、再ダウンロードすることによって、調子を取り戻すことがあります。iPhoneの場合は、アプリのアイコンをタップし続けることによって、アイコンが震えます。そして右上に×印がでてくるので、それをタップすることでアプリを消すことができるので試してみてください。
ただ、注意が必要なのは、アプリゲームなどの場合、ログインやアカウント情報を保存しておかないと、再ダウンロードしたときにデータを引き継ぐことが難しくなります。トークアプリなどの履歴も消えてしまうので、そういった可能性を考慮して注して、アプリを消してみてください。
再起動やアプリの再インストールでも対処できない場合には、SIMカードを入れなおしてみることも一つの方法としてあります。SIMカードは、iPhoneの場合電源ボタンの反対側や近くに設置してあります。そこにあるSIMカードを一旦抜いてみましょう。ちょっと見慣れない部品でもあるので、抜くのは不安かもしれませんが、入れなおす程度であれば、深刻な事態にはなりにくいので大丈夫です。こうすることで、再起動とどうようの効果を得ることができるのでおすすめです。
まだまだ応急処置はいっぱいあります。今度はiPhoneの中にある機内モードをONOFFしてみることです。飛行機に乗る時ぐらいしか使うことがありませんが、これによって、ネット通信を一切遮断することが可能となります。なので、ネット通信によって、iPhone重たくなっていると感じているのであれば、一旦機内モードにすることで、ネットの通信んを切ってみるといいでしょう。そして、また元に戻すと、元通りになるのでいいですね。SIMカードを抜き差しするよりも簡単でハードルが低いのおすすめです。
よくiPhoneを使っているホームボタンが反応しなくなる時がありますよね。特に、画面がフリーズしたときや、重たくなっているとき、真っ暗になってしまった時など、熱い状態になったときにもホームボタンが作動しなくなる時があります。
こんなときには、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」をオンにすることによって、画面上にホームボタンを出すことができます。これならホームボタンが作動しなくなっても、電源を入れたり、操作をすることができますよね。もしものときの知識として覚えておくといいでしょう。
iPhoneを使っていると色々なトラブルや故障などに遭遇することがありますよね。その中でも最も多いと考えられるのが、画面がフリーズしてしまうことでしょう。画面が真っ暗になってしまったり、iPhoneが熱い状態になってしまったりすると故障を疑ってしまいますが、焦らずに上記の応急処置方法を試してみましょう。
中には、初期化をしてみるなどの方法も挙げられますが、あまり知識がない人にはリスクが大きいので、初期化に関しては、初心者向けではないでしょう。なので、まずは、これらの応急処置を試してみてください。そして、それでもだめだった場合は、次のステップを試してみることをおすすめします。
ここからは、iPhoneが動かなくなってしまった時に、応急処置を試してみたが、それでもだめだった場合にどうすればいいのかについてまとめていきます。先ほど紹介した応急処置を試して、必ずiPhoneが元通りになるとは限りませんよね。もしかしたら本当に故障している可能性だって考えられます。もしそうだとしたら、必要な対処にしなければならないので、覚えておくといいでしょう。それでは、応急処置でも駄目だった場合の対処法についてまとめていきます。
応急処置でも駄目だった場合は、故障している可能性もあるので、修理に出すのが一番です。実際に作業をしてもらうだけではなく、相談なども受けることができるので、気軽に依頼することができます。修理を受ける方法としては、iPhoneを購入した携帯ショップに行くか、Appleの サポートに問い合わせるという補法が考えられます。どちらかに問い合わせれば、修理を受け付けてもらえます。また、その時に、契約プランによっては、修理に対する保証を受けることができることもありますので、契約書などを一度確認しておくといいでしょう。
これ以外にもiPhoneを修理してもらう方法はあります。例えばappleストアにいって対応してもらうというものもありますし、個人でやっているようなiPhone修理の専門店に行くといった方法も考えられます。どういった方法を選んでも、iPhoneを故障から直すことができるので、頭に入れておくといいでしょう。おすすめとしては、携帯ショップかAppleサポートがいいでしょう。そちらの方が確実で安心です。
こういった症状が出てきた場合、精密機械の故障ではなく、iPhoneの容量がパンパンになってしまっていることが原因で、iPhoneが重たくなってしまっているのであれば、初期化してしまうというのも一つの方法です。初期化することによって、iPhoneの中に入っているデータを全て初期化することができ、すべて購入した時の状態に戻すことができます。初期化によって、元のスムーズな動きを取り戻すことができることもあります。しかし、初期化には注意が必要です。初期化しているときにはアップルマークが出てきます。
iPhoneを初期化する場合注意しておきたいのは、初期化によってデータがすべて消えてしまうということです。初期化ということは、アプリゲームのデータも、電話帳も、LINEの履歴などもすべて消えてしまうということになります。必ず初期化をするときにはバックアップを取っておかないと大変なことになります。これまでの中で、必要なデータというのは必ずあるはずです。
初期化をするときには、まずバックアップを取っておくことや、アプリなどのIDを保存しておくことをおすすめします。初期化は良い方法ではありますが、最終手段的な位置に置いておくといいでしょう。初期化の際にアップルマークを眺めながら、必要なデートのバックアップを忘れていたら目も当てられません。初期化中のアップルマークが出ているときには、もうどうしようもないので、あきらめるしかないでしょう。
iPhoneの画面が真っ暗になったり、異常に熱い状態になるなど故障に近い症状はたくさんあります。アップルマークが出てフリーズするなども考えらえれます。そういったことを防ぐために、予防することも大切です。画面が真っ暗になる前に対策をしましょう。
例えば、iPhoneが熱い状態になったら少し休ませるといったことも大事です。iPhoneが熱いということは、作業量が多くなっているということでもあり、画面がフリーズしたり真っ暗になる原因にもなります。iPhoneが熱い状態のときはすこし休ませて、裏面のアップルマークでも見ていましょう。
iPhoneが熱い状態になったり真っ暗になったら対処法を試しましょう。美しいアップルマークが置物にならないように大切に扱いましょう。iPhoneがよく熱い状態になったり、画面がフリーズする人はチェックしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnlDjBHBcUA/?tagged=iphone