Vs57i7263fmqagjh2u9x

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

納涼会とは?時期や意味・暑気払いとの関係を解説!おすすめの服装は?

2018.09.13

会社勤めをしていると「納涼会」という言葉を耳にしますが、飲み会とは何が違うのでしょうか。また「納涼会」の時期はいつから開かれるのでしょうか。そこで今回は、納涼会が行われる時期や意味・暑気払いとの関係・おすすめの服装など「納涼会とは何か」についてまとめています。

  1. 夏の暑い時期と言えば納涼会!その内容などを理解しておこう!
  2. 納涼会とは?目的などを知ろう
  3. 納涼会の時期はいつから?
  4. 納涼会は会社で開かれることが多い
  5. 納涼会にはビアガーデンがおすすめ!
  6. 納涼会と暑気払いの違い
  7. 暑気払いの時期はいつから?
  8. 暑気払いの時期はいつから1:夏至
  9. 暑気払いの時期はいつから2:小暑
  10. 暑気払いの時期はいつから3:大暑
  11. 暑気払いの時期はいつから4:立秋
  12. 暑気払いの時期はいつから5:処暑
  13. 熱中症や台風に注意しよう!
  14. 納涼会・暑気払いに相応しい服装とは?
  15. 納涼会におすすめの服装1:仕事帰り
  16. 納涼会におすすめの服装2:休日出勤
  17. 納涼会におすすめの服装3:スポーツ終わり
  18. 納涼会におすすめの服装4:浴衣・甚平
  19. 夏の時期に相応しい服装をしよう!
  20. 納涼会は雰囲気が大事!夏で弱った体を吹き飛ばそう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d0/d0f61ec5d8596bac08899ab9acdcd8e4_t.jpeg
暑い時期になると会社の同僚や地元の友達などから「納涼会」や「暑気払い」のお誘いが増えます。主に飲み会になるので社会人になった後に増えるイベントとして認知されていますが、会社などで主催する立場になることもあるので内容などを知っておくと便利です。ここからは納涼会がいつからなのか時期など紹介していきます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7b/7b35962fa2e0fc477d73dcb16ce2ad3d_t.jpeg
まず納涼会の目的ですが、名前の通り暑い時期に涼しさを感じることができる催しを行うことです。会社で企画する納涼会の場合は飲み会であることが多いですが、飲み会に限らず小さい子供が参加できる「流しそうめん大会」なども納涼会に該当します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d3/d31fde4a096a1f525c5f584eba57d5bb_t.jpeg
納涼会の時期は具体的には決まっていませんが、基本的には暑さを吹き飛ばすように涼しくなるようなイベントになるので夏の時期に行います。時期の目安としては梅雨開け当たりになります。特に夏のボーナスの後で、会社にもよりますが繁忙期を除いた時期に開催されます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/87/87672068af58c62f87115cbdf003f509_t.jpeg
この納涼会は一般的に会社の「親睦会」として開かれることが多いです。最も多いのは夏の時期に行う飲み会のことを「納涼会」と表現することです。単に飲み会を開く口実として「納涼会」という言葉が使われることが多いですが、会社で行うBBQなども納涼会に含まれることが多いです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/56/563ab77dd0f1aec61498bbb9512d6855_t.jpeg
この納涼会の中でも人気があるのが「ビアガーデン」です。今では季節を感じるイベントとして定着しています。このビアガーデンであれば会社終わりの飲み会として最適です。夏の時期であまり忙しくない日であれば納涼会も気軽に行うことができます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2e/2e635f4f5ad1d632d574fd79230b5a63_t.jpeg
納涼会と同じように使われる言葉に「暑気払い」があります。暑気払いとは納涼会と同じよに暑い時期に涼を取ることを目的に冷たい食べ物や飲み物を飲み食いすることです。つまり、納涼会と違ってイベントのようなものではなく「行動」として使われることが多いです。もしくは大人数で行う場合を「納涼会」、単独や少人数で冷たいものを取るときを「暑気払い」ということもあります。暑気払いは行動を指す言葉になるので納涼会も暑気払いになることもあります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/46/469aaec581143023529b4981d9537333_t.jpeg
近年では猛暑の影響もあるため、暑気払いと言っても具体的な時期などは曖昧になっています。今では梅雨が明ければ非常に暑くなりますし、残暑も長期間続きます。基本的に7月から8月が暑気払いの時期とされていますが、文化として昔から定められている「暦」が1つの目安になります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/44/44986ab0354cb6f14d4971971e77346c_t.jpeg
まず始めの暑気払いの時期は「夏至」です。夏至は最も昼の時間が長い日になりますし、漢字の「夏」が入っているため、暑気払いの始まりとして目安になります。夏至は6月21日ごろになり、まだ6月ということもあるので少し早いイメージはあります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e8/e8c8d941430bf782ca7b9fca0bb59153_t.jpeg
そして続いての暑気払いの時期は「小暑」です。小暑は夏の始まりとされるような暦です。日付は7月7日の七夕になり、お祭りやイベントごとが増えるため夏の季節をより感じます。イベントやボーナスの時期に最も近いので、少し落ち着いたタイミングが暑気払いにおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/85/85ddccd4f2bd75cdb062130e9a29eddf_t.jpeg
そして続いての暑気払いの時期は「大暑」です。大暑は文字通り1年の中で最も暑いとされる時期です。熱中症などに注意する必要はありますが、暑い日だからこそキンキンに冷えたビールが特に美味しく感じます。暑気払いの目的を達成するのであればピッタリの時期です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/68/68dae4ac866cbc1695025dfdec59d790_t.jpeg
そして続いての暑気払いの時期は「立秋」です。立秋は漢字に秋が入っており暦上では「秋」になりますが、日付は8月7日になるのでまだまだ夏本番です。お盆の時期になると会社の飲み会などを開きにくくなるので、お盆前に暑気払いのイベントを開催するのがおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/08/08e1674f10e8f8e18f38c938ceeb47a1_t.jpeg
そして続いての暑気払いの時期は「処暑」です。処暑は夏の終わりというイメージがある8月23日ごろになります。近年では8月の終わりでも熱中症の危険もあるので暑気払いを行うときには注意が必要です。夏が終わりそうになると憂鬱な気分になることが多いので暑気払いをして気分転換するのがおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/35/35dbac9096f37d0c83f82bc4276f497a_t.jpeg
このように夏の時期に暑気払いを行います。会社の飲み会として暑気払いや納涼会を実施するときには花火大会やお祭りなどイベントなどと重ならないように注意することが大切です。また、近年では台風の数も多くなっているので開催する場合はもしものときに備えることが大切です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/dd/dd66065f68d8dc8c9f129392dec8f34a_t.jpeg
このように納涼会や暑気払いを行うことで夏を元気に乗り切ることができますが重要なことは雰囲気です。会社が主催する納涼会や仕事帰りに誘われる暑気払いなど、シチュエーションは様々ですが大切なことはその場に相応しい格好・服装をすることです。ここからは納涼会におすすめの服装について紹介していきます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/62/62b88b9b30939515434d8bb9a62640ce_t.jpeg
まず始めの納涼会におすすめの服装は「仕事帰り」です。仕事帰りに納涼会・暑気払いを行う場合はクールビズのスタイルであれば問題ありません。スーツやネクタイは暑苦しい印象を与えるので外します。着替える時間などがあればビジネスに相応しい半袖やポロシャツを着るのがおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ee/eea885cf2dd5019615addf022788013a_t.jpeg
そして続いての納涼会におすすめの服装は「休日出勤」です。休日出勤をしたときの納涼会や暑気払いなどに誘われることが多いです。この場合は平日よりもラフな格好で、会社によりますがオフィスカジュアルなスタイルがおすすめです。先程のようにカジュアル過ぎないポロシャツなどがおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/42/42d7a813c0b24f5c7a61f431aa16925d_t.jpeg
そして続いての納涼会におすすめの服装は「スポーツ終わり」です。夏の休日の場合で草野球などのスポーツに参加していると高確率で納涼会や暑気払いに誘われます。状況にもよりますが、大人の休日に相応しいラフな格好が良いです。仕事の関係者がいる場合でもTシャツにジーンズなどでも大丈夫です。BBQなどを行う場合は動きやすい格好がおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/85/850860f1fd74036d6054dc5715c1b9ea_t.jpeg
そして続いての納涼会におすすめの服装は「浴衣・甚平」です。休日の夕方などからしっかりした納涼会を行う場合は夏祭りに参加するよう浴衣や甚平で参加すると雰囲気が出るので良いです。実際に主催する側であれば動き回ることが多いので動きやすい格好が良いですが、特に役割がない場合は夏の季節を感じる格好がおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6b67f313f7939e7be5cb903b5c14e365_t.jpeg
このように納涼会や暑気払いに参加するときは夏の季節を感じるラフな服装や浴衣などがおすすめです。しかし、会社が企画する納涼会などでは若手の社員は役割を与えられて働くことが多いので動きやすい格好で参加するのが望ましいです。実際にビジネスなのかプライベートなのかしっかりと区別して参加することが大切です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/68/6892d7ac7abc2656ee40f73f7daecb2f_t.jpeg
今回は納涼会がいつからなのか時期や服装などを紹介してきました。簡単に言えば夏の時期に開催する飲み会のようなものになるので、季節を感じ十分に楽しむことが大切です。年齢を重ねると夏の暑さが身に染みるようになってくるので、納涼会や暑気払いを行って元気になることがおすすめです。しかし、飲み過ぎは良くないので注意しましょう。