Kordg7sjnndsnlbkzdzx

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

折り紙でひまわりを作ろう!リースなど飾りに使えるおすすめ折り方!

2018.09.21

折り紙の可能性は底知れないものがあり、元気の表れ「ひまわり」を作ることも出来ちゃいます。そこで今回は、平面のモノから葉があるブーケ・リースなどの飾りにも使えるモノまで「折り紙によるひまわりのおすすめな折り方」についてまとめています。

  1. 折り紙でかわいいひまわりを作ろう!
  2. 夏の時期にはひまわりがピッタリ!
  3. 季節感を簡単に出すことができる!
  4. 平面の折り紙なら子供でも折りやすい!
  5. 折り紙ひまわりの作り方とは?
  6. 折り紙ひまわりの折り方1:平面
  7. 折り紙ひまわりの折り方2:リース
  8. 折り紙ひまわりの折り方3:葉
  9. 折り紙ひまわりの折り方4:ブーケ
  10. 折り紙のひまわりは人気!誕生日プレゼントの装飾に使おう!
折り紙は子供の遊び道具の定番ですが、使い方によっては子供を喜ばせるプレゼントにもなりますし、季節を感じる装飾にもなります。例えば桜やランドセルを作ることで春の季節を感じることができますし、傘や長靴を作れば梅雨の時期をイメージできます。そして夏の時期であればひまわりがおすすめです。ここからは折り紙でひまわりを作る方法について紹介していきます。
夏の花と言えばひまわりをイメージする人も多いので、夏のイベントなどでは折り紙でひまわりの装飾を作ると季節を感じることができて、非常に雰囲気が出るので装飾としての効果は高いです。実際に折り紙であれば平面の簡単なものから立体的でリアルなものまで折り紙があれば作ることが可能です。
ひまわりなどの折り紙は1色ではなく、様々な色を組み合わせることができるメリットもあります。このように様々な色を組み合わせることで簡単に季節感を出すことができます。画像のようにリースの輪を水色など涼しい色を使うことでその場の雰囲気が良くなる装飾を作ることが可能です。
折り紙のひまわりにもいくつか種類がありますが、平面の種類であれば子供でも簡単に折ることができます。折り紙を上手に折るポイントは丁寧に正確に手順を守ることです。またスムーズに折るためには「慣れ」が大切なので簡単な折り紙を練習することも効果的です。練習をすれば子供でも綺麗な立体のひまわりも作ることはできます。
折り紙のひまわりは複数の折り紙を組み合わせて作ることが多いので、しっかりと準備をすることと道具を揃えることが大切です。実際にひまわりの折り紙を作るときには黄色と茶色の折り紙は欠かせませんし、緑色の折り紙があれば葉などひまわりの全体を作ることができます。ここからは折り紙ひまわりの折り方について紹介していきます。
まず始めの折り紙ひまわりの折り方は「平面」です。このひまわりはリースを作るように同じ形に折った黄色の折り紙を、1周するように組むことで作ることができます。黄色い花びらを作るためには折り紙を8枚使う必要があります。糊を使って仕上げることで綺麗に完成させることができます。
そして続いての折り紙ひまわりの折り方は「リース」です。ひまわりのリースを作る方法は緑色や水色のリースを作って、先程の平面のひまわりを等間隔に貼っていきます。1つ1つの工程は簡単ですが、大量の折り紙が必要になりますし、少しのズレが大きな歪みになるので丁寧に作ることが大切です。
そして続いての折り紙ひまわりの折り方は「葉」です。平面でシンプルなひまわりでも緑色で作った葉を添えることでリアルなひまわりを作ることができます。ポイントは葉の凹凸をしっかり付けることと、濃い緑と薄い緑で変化をつけることでよりリアルなひまわりを作ることができます。
そして続いての折り紙ひまわりの折り方は「ブーケ」です。ブーケを作るためには立体的なひまわりで花束を作ります。基本的な作り方は簡単ですがハサミを入れて立体的にするので繊細な手順を踏む必要があります。糊などを使って固定しながら着実に工程を進めていくことが大切です。
今回は折り紙でひまわりを作る方法について紹介してきました。折り紙のひまわりは比較的簡単に作ることができますが、折り紙を複数使ったりハサミや糊が必要になるので手間はかかります。その分夏を代表する装飾になるので雰囲気が出ますし、夏の時期に誕生日の子供がいればプレゼントの装飾に使うと喜ばれます。