Rhsfmc8svcjsgaott4mg

CATEGORY | 服

ティントの正しい落とし方!眉・手・服・口別に簡単に落せる裏ワザ!

2018.10.16

きれいな発色が続くティントは、眉や口のメイクで大人気!ですがティントはリムーバーが無いと落とし方が難しいため、服や手につくと大変!今回は、ティントの正しい落とし方を、眉や手など部分別にご紹介します。ベビーオイルを使った簡単な沈着の落とし方は必見です!

  1. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】①眉
  2. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】②口
  3. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】③頬
  4. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】④手
  5. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】⑤髪
  6. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】⑥服
  7. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】⑦メイク道具
  8. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】色素沈着してしまったら?
  9. 【眉や手も簡単!ティントの落とし方】ティントを使う前の一工夫
  10. 《まとめ》
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/46/46761facbddccd70b066e0fa59fd6a11_t.jpeg
朝にしっかり眉毛を書いても、夕方には消えかかっている…というお悩みはありませんか?眉毛は顔の印象を大きく変えてしまうので、メイクでも気合が入るポイントですね。ですがペンシルやパウダーで施すナチュラルな眉メイクは、時間と共に崩れるというデメリットもあります。そこで人気が急上昇しているのが、眉ティント。眉ティントは皮膚を染めるため、長時間眉メイクを持続させることができるアイテムなのです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/45/45c6ab865ce8b8e0cfc201b162b083c2_t.jpeg
メイクを落としても眉はそのまま色づいたまま、というのが眉ティントの魅力。これはお泊りや忙しい朝でもうれしいですね!ですが使用するアイテムによっては発色が濃くなってしまう場合もあり、塗る際に失敗してしまうことでティントを落とす必要も出てくるでしょう。一番簡単で眉ティントをきれいに落とすことができるのは、専用のリムーバーとなっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/60/60c369fa4f9a3bd2e1754b41e245beeb_t.jpeg
もしリムーバーが手元に無い場合は、コットンにクレンジングオイルやベビーオイルをしみ込ませて、眉をなでるように拭き取ります。眉ティントは皮膚の表面にある角質にのみ色を沈着させるので、軽くこするだけで落とすことができます。何度も強くこすると肌荒れの原因になるので、やさしく拭き取っていきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a1/a1dc5170ab0d80cc1127587fa034ad6d_t.jpeg
リップティントは口紅やグロスよりも色落ちしないので、年齢を問わず多くの女性から大人気!カップに口紅がつくことも、食事後に口紅を塗り直す必要もありません。ですが一度つけると落ちにくいリップティントは、簡単には落とせないというデメリットも持ち合わせています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/76/7600b35de8345473f01f69ad674ad94a_t.jpeg
リップティント専用のリムーバーは色々なメーカーから発売されているので、ティントと併せて用意しておくと良いでしょう。もしリムーバーが無ければ、口に入っても安全なオリーブオイルを使用します。まずオリーブオイルをコットンに染み込ませ、唇をパックするようにオイルを浸透させましょう。その後オイルをコットンで拭き取り、ティントの色を取り除いていきます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/24/2440282eb0c8eaef82d106b6926987b0_t.jpeg
口の周りにティントがはみ出してしまったときは、綿棒にベビーオイルをしみ込ませ、はみ出たティントを取り除いていきましょう。綿棒をくるくると転がすようにすると、ティントが広がる心配もありません。その後ファンデーションで口の周りのメイク直しをすると、ティントが目立たなくなりますよ!口の周囲の皮膚は薄いので、肌に負担をかけないようにしましょう。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fc/fcb6070e15c2be51df29907909b38d89_t.jpeg
ティントを塗っているときや乾かしている最中に、うっかり頬にティントがついてしまった…発色が優れたティントが頬に付着すると、色素沈着してしまったらどうしようと焦ってしまいますね。でも大丈夫!短時間でティントが皮膚に沈着することはないので、落ち着いて頬のティントを取り除きましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/92/9241c9147dfdbb105eacd9f452dd8ab5_t.jpeg
メイクの途中でティントが頬についてしまったときは、ベビーオイルを使って落としましょう。範囲が狭いときは綿棒を使い、広範囲にティントが広がっているときはコットンやティッシュを使います。まずは余計なティントを綿棒やティッシュで拭き取り、残ったティントにベビーオイルを馴染ませていきましょう。このときファンデーションも一緒に落ちてしまいますが気にせず、ベビーオイルを拭き取ってください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/16/16eca6ce66db25e5c0f00e406f133c40_t.jpeg
ベビーオイルを拭き取ったら、メイクが落ちてしまった部分に再度ベースメイクを施します。もしベースメイクをする前にティントが頬に付着してしまったのであれば、クレンジングオイルを使用しても構いません。できるだけ時間を置かずにティントを落とすと、簡単にきれいになりますよ!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/64/64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_t.jpeg
指先や手の甲にティントがついてしまった…その場合はまずハンドソープでやさしく手を洗ってみましょう。ティントがついてからすぐに手を洗うと、洗浄力の弱いハンドソープでも簡単に落とすことができます。ですがティントが付着してから時間が経過しているときや、手のしわにティントが入り込んでいる場合は、ハンドソープでは落ちにくいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f7/f79c635bab2ee54f744a35e649a4ea0e_t.jpeg
手についたティントをが落ちにくいときは、眉や口に使うリムーバーを使いましょう。リムーバーは肌に付着したティントを簡単に落とすことができるので、手に使用することもできます。もしリムーバーが無いときは、クレンジングオイルを代用します。手の水分を取り除き、ティントが付いている部分にクレンジングオイルを馴染ませましょう。最後に手全体をきれいにすすぎ、ティントが落ちているかどうか確認します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ce/ceaf2d1545c37ddf0043594afbafa87d_t.jpeg
その他に手についたティントを落とすには、台所用洗剤を代用する方法もあります。手の細かいしわに入ったティントもきれいに落とすことができるので、なかなかティントが落ちないときは試してみましょう。台所用洗剤は洗浄力が強いので、使い終わったあとはハンドクリームで保湿をしてくださいね!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/34/34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_t.jpeg
眉や口につけたティントを乾かしている最中に、髪についてしまうことがありますね。そのまま髪にティントをつけたままにしていると、そこから頬やおでこに色移りしてしまうことも…髪に付着してしまったティントは、きれいに落としておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/13/1315dcc27c3f3123db1a3d3534d43de6_t.jpeg
ティントは粘度が高いので、まずはティッシュで髪をすべらせるように拭いていきましょう。その後濡らしたティッシュで髪を挟み、ティッシュに色移りがしなくなるまで同じ作業を繰り返します。髪の傷んでいる部分にティントを付着したまま放置していると、色が沈着することもあります。できるだけ早く髪から落とすようにしてくださいね!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/41/41ec6160c880736d81b259ddba1b9f87_t.jpeg
ティントでメイクをした後に着替えをすると、服にティントがついてしまうことも…発色の良いティントは服につくと目立ってしまいますね。服についたティントをきれいに落とすには、早い段階での染み抜きがポイント!気づいたらすぐに対処しましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ff/fffccc47217fe5fe261c5bb3ef933fcd_t.jpeg
自宅ですぐに洗濯ができるのであれば、服のティントがついてしまった部分に衣類用洗剤をつけて手洗いしてみましょう。軽い汚れであればきれいになりますが、色が服の繊維に深く入り込んでしまうと落ちません。もし固形石鹸が自宅にあれば、ティントがついている部分に石鹸をこすりつけ、もみ洗いをしてみましょう。すすぎをしてティントがしっかり落ちているようであれば、そのまま洗濯機でいつも通りに洗って終了です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3a/3a7366d5a97f05e7c39f0dff06ce0a18_t.jpeg
外出時は染み抜きが難しいことも…もしポーチにティント用のリムーバーが入っていたら、ティッシュにリムーバーをしみ込ませ、服の上から軽くたたいて染み抜きをしましょう。服の裏側にもティッシュをおき、色が移るようであれば成功です。繊維への色の沈着は防げるので、後はできるだけ早く洗うようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/63/63330539693dc1de67b44caca30565d2_t.jpeg
メイク道具のスポンジやブラシにティントがついてしまったときは、クレンジングオイルやベビーオイルを使いましょう。もしティントの色が落ちないときは、お湯に台所用洗剤を少量入れつけおきします。すすぎは念入りに行い、しっかり乾燥させてから使うようにしましょう。
もしティントが付着した部分が色素沈着してしまったら…このまま色がついたままなのでは?と不安になりますね。ですがティントは皮膚の表面にある角質のみ染めているので、数日後には色が落ちる仕組みになっています。無理にこすって落とすよりも、ファンデーションやコンシーラーで隠し数日間様子を見ましょう。徐々に色が薄くなっていくので、安心してくださいね!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/38/38425453dde689fa83522d66daf0c693_t.jpeg
ティントが色濃く発色するということは、角質のキメが乱れ肌の乾燥が進んでいるという証拠です。そのためティントを使う前は、しっかり保湿をしておきましょう。保湿をしてからティントをつけると色がきれいに出るようになり、落とすのも簡単になります。いつもティントが落としにくいという方は、つける前の保湿を試してくださいね!
ティントをつける前に、ベビーオイルで保湿する方法がおすすめです。特に唇は乾燥するとひび割れ、ティントの色が沈着しやすくなります。色落ちが心配であれば事前に唇をオイルパックし、余分なオイルは拭き取ってからティントを使うと良いでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e1/e1ed422c50fba6562088ccc0de4dec00_t.jpeg
部分別にティントの落とし方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?落とし方をマスターして、ティントを使いこなしましょう!

関連記事