K6e8ftrzqa1hpckhzx7s

コツ

CATEGORY | コツ

ウェディングドレスの買取徹底解説!高価買取のためのチェックポイントは?

2018.09.28

どうせならと言うことでウェディングドレスを買った人でも、買取などの売りに出すケースも少なくありません。そこで今回は、高価買取のためのチェックポイント・査定相場・コツなど「ウェディングドレスの買取」についてまとめています。

  1. ウェディングドレスの買取!高価買取のためのチェックポイントを紹介
  2. ウェディングドレス高価買取のポイント1:クリーニングに出す
  3. ウェディングドレス高価買取のポイント2:付属品を揃える
  4. ウェディングドレス高価買取のポイント3:デザインを変えない
  5. ウェディングドレス高価買取のポイント4:綺麗な状態を保つ
  6. ウェディングドレス高価買取のポイント5:良い写真を撮る
  7. ウェディングドレスの買取!相場価格はどれくらい?
  8. ウェディングドレスの査定が下がる場合1:デザインが古い
  9. ウェディングドレスの査定が下がる場合2:サイズが特殊
  10. どこで売る?最適な買取サービスとは!
  11. 売ることも想定!ウェディングドレスは今後も考えて着る
ウェディングドレスは結婚式で着用をしてから、自宅に置いていても仕方ないという判断から売りに出す方が多くいます。そこで気になるのは、やはり買取価格です。当然高価買取をしてもらいたいわけですが、果たして高価買取のコツやポイントはあるのか。ここからは、ウェディングドレスの買取について解説していきます。

高価買取において基本的な知識

まずは高価買取をしてもらうためのポイントを押さえていきます。はじめになる、ウェディングドレス高価買取のポイントはクリーニングに出すということです。これは、基本的な知識となり当然ですが綺麗な状態で売りに出した方が高価買取は実現できます。しっかりとプロに任せてクリーニングをしておくことが大切です。

早めにクリーニングに出すことが大事

クリーニングに出すのは、結婚式が終わってからなるべく早い方が良いです。時間が経てば劣化してしまう恐れもありますし、そうなれば高価買取は難しくなります。そして、クリーニングに出す際はどこでも良いわけではなく、ウェディングドレスのクリーニングに特化したお店が良いです。

購入した状態に近い方が良い

そして続いての、ウェディングドレス高価買取のポイントは付属品を揃えるという点です。ウェディングドレスを購入した際には、様々な付属品がついています。売りに出す際は、購入した状態に近づけておくことが高価買取のコツでありポイントです。

先を見据えてまとめて保管を

ウェディングドレスに関しても洋服などと同じで、タグやドレスのカバーなど買った状態に近い方が買取店としても売りやすくなるため、当然高価買取が実現しやすくなります。特に保証書は大事に保管をしておくべきで、先のことを考えずに捨ててしまう方が多いですが、きちんとまとめて置いておくようにします。

非常に注意が必要な点

そして続いての、ウェディングドレス高価買取のポイントはデザインを変えないという点です。これは非常に重要となる部分で、ウェディングドレスは一生に一度着るくらいの価値のあるものです。そのため、デザインを自分用にオリジナルで変更する方がいますが、今後売りに出すことを考えている場合は避けた方が良いです。

デザインを変えると価値が下がってしまう

自分だけのドレスとしてカスタマイズしたい気持ちはわかりますが、元々の形をいかにキープできているかは、ウェディングドレスを買い取って売る店側からすると重要なポイントとなります。次の買い手が見つかりやすいという点が大きく、カスタマイズされているドレスは個人の好みが強く出るため、買取査定時に大きく影響します。

ドレスの状態は査定に影響する

そして続いての、ウェディングドレス高価買取のポイントは綺麗な状態を保つということです。当然ですが、ドレスの状態は売りに出した時に査定のポイントとして大きく影響します。汚れやほつれの多いドレスよりも綺麗な状態の方が高く買い取ってくれるのは当然のことです。

クリーニング後もクローゼットに保管

結婚式後にクリーニングにきちんと出したとしても、適当に保存をしていては管理不足でドレスが傷んでしまう可能性があります。しっかりとカバーにかけてクローゼットにしまっておくことが大切ですし、虫食いを防ぐためにも適切な保管方法を学んでおく必要があります。

関連記事

購入する人の参考になる写真を

そして最後になる、ウェディングドレス高価買取のポイントは良い写真を撮るという点です。売りに出す際は、店側も着用時の写真を掲載します。買い手となるお客様も、実際にドレスを着た時にどのような感じになるのかは、写真をまず見て判断しますので重要です。

気にするべきコツとなる部分

高価買取のためにもきちんと写真は意識をしておくことが大切です。相場価格以上で買取をしてもらいたい場合は、プロのカメラマンに撮影を頼んでおく方が良いです。ドレスを着用した写真は大抵の人がプロに依頼をしますが、そのまま売る時に写真を提出する方も多くいます。重要な高価買取のコツとも言える部分です。

相場を知ることは大事

ウェディングドレスは一回着ると売りに出す方が多いですが、気になるのは買取の相場価格です。相場を把握しておくことで、売りに出すかどうかの判断基準にもなります。相場価格はブランドによっても変わりますので一概には言えませんが、高級な有名ブランドであれば相場価格は20万円から40万円になります。

正確な査定をしてもらうことが大事

相場価格をある程度は把握しておかなければ、買取価格を提示された時にすんなりと売りに出してしまうことも考えられます。交渉をするためにも相場価格を把握しておくことは大切ですし、他の店舗に依頼をするという判断も相場を知らなければ出来ません。一度ネットで無料査定ができるものもありますので、試しておくのも一つの方法です。

高く売るためのコツと言える部分

ここからは、逆の発想で高く売るためのコツとして査定が下がる場合も学んでおきます。はじめになるウェディングドレスの査定が下がる場合はデザインが古いものです。洋服にしても何にしてもそうですが、新しいモデルの方が当然買取価格は高くなります。

人気のデザインかどうかも重要

そして、買取価格に大きく影響する部分としてはドレスが人気のモデルかどうかも関係してきます。デザインやブランドなど、多くの人が憧れをもつものであれば当然高価買取が期待できます。コツと言えるかは微妙なところですが、最新デザインのドレスを持っておく方が、今後の売値を考えると圧倒的に有利です。

着用できる範囲が狭いと査定は下がる

そしてもう一つの、ウェディングドレスの査定が下がる場合はサイズが特殊ということです。仕方のない部分とも言えますが、人それぞれ体型は違います。そのため、着れる人が少ないサイズのウェディングドレスは高価買取はされづらくなり、査定金額は下がってしまう可能性が高いです。

定番サイズがやはり買取されやすい

買取をして売る側としても、やはりターゲットは多い方が良いに決まっていますので、いわゆるノーマルと言えるサイズのドレスを求めています。高価買取のコツ依然に自分の体型の問題となりますので、解決することは難しいですが、知識として知っておくことは大切です。

おすすめの買取業者とは

ウェディングドレスを買取してもらうにも、どこに買い取ってもらうかは重要です。この時のポイントとしては、ドレスの買取を扱っている業者が良いです。ウェディングドレスだけに限らず、パーティードレスなども扱う業者は高価買取をしてくれる可能性が高くなります。

ドレスの買取に積極的な店を選ぶ

有名な買取業者としては「歌舞伎屋」や「My Princess – いがらしゆみこ美術館」です。宅配によって買取を行ってくれますので、自分で持っていかなくても売りに出すことが可能です。ネットで調べて一度見積もりをしてもらうのもありです。

関連記事

ウェディングドレスは基本的に、一度着用すると売る方が多くいます。そのまま置いていても時代の流行りなどもありますので、もう一度着用することは考えにくい点から、今後のことを視野に入れてドレス選びをすることも結婚式では大事になります。