J9yrexnpz2ufz3ojafqq

リメイク

CATEGORY | リメイク

ウェディングドレスのリメイク術8選!おすすめアイテムやショップをご紹介!

2018.10.15

新しく購入することはテンションも上がりますが、工夫を凝らした「ウェディングドレスのリメイク」に興味を持つ人も少なくありません。そこで今回は、おすすめアイテムやショップとともに「ウェディングドレスのリメイク術8選」についてまとめています。

  1. ウェディングドレスはリメイクできる!
  2. 購入したウェディングドレスはどうする?
  3. ウェディングドレスのおすすめリメイク術とは?
  4. ウェディングドレスのおすすめリメイク術1:ベビードレス
  5. ウェディングドレスのおすすめリメイク術2:ベビーアイテム
  6. ウェディングドレスのおすすめリメイク術3:ベビーシューズ
  7. ウェディングドレスのおすすめリメイク術4:ワンピース
  8. ウェディングドレスのおすすめリメイク術5:ミニドレス
  9. ウェディングドレスのおすすめリメイク術6:ミニチュアドレス
  10. ウェディングドレスのおすすめリメイク術7:コスプレ衣装
  11. ウェディングドレスのおすすめリメイク術8:新しいウェディングドレス
  12. 眠っているウェディングドレスを有効活用しよう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a5/a57667a141f0e818a5c790f9a975d1cd_t.jpeg
人生の中でも大きなイベントである結婚式の重要な要素にウェディングドレスがあります。ウェディングドレスはレンタルをすることが多いですが、妥協せずに購入する方もいます。しかし、ウェディングドレスは結婚式以外で使うことがないため、有効活用が難しいです。工夫したウェディングドレスのリメイクする方法を知っておくと良いです。ここからはウェディングドレスのリメイク術について紹介していきます。
ウェディングドレスを購入する場合、相場は5万円から10万円になりますが、有名なブランドだと20万円以上することが多いです。実際に結婚式は妥協したくないという方が多いため、高級なウェディングドレスを購入する方も多いですが、結婚式以外では利用する機会が少ないため、押し入れに埋もれてしまいがちです。そのため工夫して有効活用することがおすすめです。
ウェディングドレスのリメイクには自分でリメイクする方法と、ショップに持ち込みリメイクしてもらう方法があります。ウェディングドレスは高価なため、自分でリメイクして失敗するリスクが大きいですが、低価格でリメイクが可能です。ショップでリメイクしてもらう場合は、ショップによって得意分野が異なるのでよく調べることが大切です。ここからはウェディングドレスのおすすめリメイク術について紹介していきます。
まず始めのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「ベビードレス」です。ウェディングドレスのリメイクで最も多いアイテムはベビードレスです。既存のドレスを赤ちゃん用にリサイズするため、比較的簡単に行うことができます。また、工夫次第では既存のドレスよりも変わった雰囲気にすることも可能です。

おすすめショップ

このベビードレスを作る場合は、自分でもリメイクできますが、綺麗な赤ちゃんの写真を残したい場合はショップに任せることがおすすめです。おすすめのショップは「絹の花嫁」です。人気店のため事前に予約状況などを確認することが良いです。
そして続いてのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「ベビーアイテム」です。ウェディングドレスは高級な生地を使っているため、ドレス以外のアイテムにも有効活用できます。特におすすめなのが赤ちゃん用の小物などのアイテムにリメイクすることです。帽子やおくるみ以外にもポーチをドレスから作ると非常に高級感があります。

おすすめショップ

ドレスのリメイクを自分で行うと費用はかかりませんが、時間がかかりますし工夫する手間もかかります。そこでおすすめのショップが「リアンジェ」です。このショップであれば帽子などは5000円前後の価格で作ることが可能で、低価格でリメイク可能です。

関連記事

そして続いてのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「ベビーシューズ」です。ウェディングドレスのリメイクするアイテムでも人気が高いのが、ベビーシューズです。白いシューズは可愛らしく珍しいためニーズがあります。工夫次第では自分で作ることも可能です。
ウェディングドレスから作るベビーシューズを作る場合は、そこまで生地を消費しないため、ベビードレスを作った残りの生地で作ることも可能です。実際に同じウェディングドレスで作ったベビードレスとベビーシューズの組み合わせは非常に可愛くコーディネートできます。
そして続いてのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「ワンピース」です。ウェディングドレスのリメイクとしてはベビー用品に使われることが多いですが、少し生地を足すことで簡単に大人用のワンピースを作ることができます。特に白いドレス以外であればパーティに着れるドレスワンピースを作れます。
結婚式に招待されたときに白いドレスを着用するのはマナー違反になるため、白いウェディングドレスをリメイクするときは少し工夫が必要です。ピンク色のウェディングドレスなどであれば、そのままリメイクをしやすいですが、白いドレスの場合はメインの生地にするのではなく、手づくりのワンピースの装飾に使うなどの工夫がおすすめです。
そして続いてのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「ミニドレス」です。最もリメイクしやすいアイテムはミニドレスです。スカートの丈をリサイズするだけで作ることができます。先程のようにリメイクしたミニドレスも、カラーが白であれば、結婚式などには着ていくことができないため、親戚などに譲ることがおすすめです。
ミニドレスにする場合も工夫次第でバリエーションを増やすことが可能です。ミニドレスだけであれば花嫁も二次会でしか着ることができませんが、工夫次第ではスカートが着脱できる2Wayドレスを作ることも可能です。他にも前面のスカートの丈を短くし、後方のスカートを残すことでカジュアルな印象にすることができます。
そして続いてのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「ミニチュアドレス」です。ミニチュアドレスとは小型のフィギュアなどの衣装に合うようなサイズにリサイズすることです。ドールが好きな人にはおすすめのリメイク方法ですし、ドールが好きな人以外にも思い出が形に残るためおすすめです。

おすすめショップ

実際にそこまで生地を使うわけではないので、ミニドレスを作った余りの生地で作ることが可能です。しかし、ミニチュアになる分、繊細な工程が増えるため技術が必要になります。このミニチュアドレスを作りたい場合におすすめのショップは「HanaKana」です。価格は2万円から3万円ほどかかりますが、思い出の品を身近に置くことができます。
そして続いてのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「コスプレ衣装」です。結婚式で使用したウェディングドレスが手作りであったり、5万円以内の安いものであれば、他人に譲るのも気が引けるという方は多くいます。そのときに活用されているリメイクに「コスプレ衣装」があります。
流石に10万円以上するウェディングドレスをコスプレ衣装にするのはもったいないと感じる方が多いですが、安いウェディングドレスであれば気軽にリメイクできるようです。使っている素材は普段のコスプレ衣装とは異なるため、完成度を高めることもできますし、異世界感を演出することも可能です。
そして続いてのウェディングドレスのおすすめリメイク術は「新しいウェディングドレス」です。最も価値があるリメイクの方法は、ウェディングドレスを基にした新しいウェディングドレスを作ることです。この方法であれば、中古ではなく新品になりますし、親子間でもリメイクしやすい方法です。

おすすめショップ

実際に母親が着ていたウェディングドレスをそのまま着るのは「お古」という感覚があり、抵抗がありますが、 リメイクして新しくしたものであれば娘も着やすいです。このリメイクにおすすめのショップは「アンジェリーク」です。完全オーダーメイドでウェディングドレスを作っているショップであればアレンジが可能であることが多いです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/34/346890abfdb14220469feebda938a50c_t.jpeg
今回はウェディングドレスのリメイク術について紹介してきました。多くのウェディングドレスは押し入れなどで管理され、長期間眠っていることが多いです。リメイクすることで有効活用できるためおすすめです。

関連記事