Qbszm9bta2hmonx4isnq

パソコン

CATEGORY | パソコン

Wi-Fiダイレクトとは?そのメリットと使い方の基本を解説!

2018.11.27

現代ではプリンターやスマホなど様々な機器がWi-Fiに接続されています。今回は、Wi-Fiダイレクトについて取り上げます。Wi-Fiダイレクトとは?という用語解説から、Wi-Fiダイレクトのメリットや、具体的な使い方について紹介します。

  1. 【Wi-Fiダイレクトとは?】用語の解説や、メリット、具体的な使い方を紹介します。
  2. 【Wi-Fiダイレクトとは?】そもそもどんな意味の言葉?
  3. 【Wi-Fiダイレクトとは?】メリットとは何なのか
  4. 【Wi-Fiダイレクトとは?】具体的にどのような場面で使われるのか。
  5. 【Wi-Fiダイレクトとは?】まとめ。
引用: https://nz-wa-hori.com/wp-content/uploads/2017/08/max16011508-2_TP_V.jpg
この記事では、Wi-Fiダイレクトについて取り上げます。始めに、Wi-Fiダイレクトとは?という疑問に対する解説で、その後に、Wi-Fiダイレクトのメリットや、具体的にどのような場面でWi-Fiダイレクトが使用されているのかを解説します。下記で紹介しますが、Wi-Fiダイレクトは、Wi-Fiの電波を使用して、複数の機器を接続する方式です。そのためコードレスでプリンターとPCなどの接続が可能で、これから紹介する方法を使用すれば、デスク周りの配線をすっきりさせられるかもしれませんよ。
引用: https://net-hikaku.net/wp-content/uploads/2018/06/c0428ca0e456bce33b10f5a1accf6953_m.jpg
引用: http://mac-lib.com/wp-content/uploads/2016/02/07.jpg
まずは、「Wi-Fiダイレクトとは何?」という疑問を持っている人のために、Wi-Fiダイレクトという言葉の意味について解説します。Wi-Fiは知っていても、Wi-Fiダイレクトという言葉は知らない人が多いのではないでしょうか。
Wi-Fiダイレクトとは、簡単に言うとWi-Fi規格に対応した機器同士を直接的に接続する仕組みのことです。 Wi-Fi規格に対応している機器同士が必ず繋がるわけではなく、Wi-Fiダイレクトの機能が搭載されている必要があります。 Wi-Fiダイレクトでは機器同士が直接(ダイレクト)に繋がるので、無線LANルーターなどのアクセスポイントを経由しません。

スマホなどをWi-Fiに接続するには、必ずルーターなどの親機が必要というイメージがありました。もちろん家庭内のWi-Fi環境を構築するにはルーターが必要ですが、そこから、例えばプリンターとスマホをWi-Fi接続するときには、Wi-Fiダイレクト対応機器であれば、ルーターを経由せずに接続できます。
イメージとしては、パソコンとプリンターをUSBケーブルで繋いでいるところを、Wi-Fiダイレクトを使えば、無線電波がUSBケーブルの代わりになるという感じです。 しかも、Wi-Fiダイレクトの機能が搭載されているのは機器の片方だけでOKで、もう片方はWi-Fiの規格に対応さえしていればよいのです。

引用: https://www.sony.jp/support/tv/net/wifidirect/images/x8500c_home_settei_wifidirect_ready2.jpg
引用: https://support.hp.com/doc-images/739/c06019006.gif
ここまでの解説で、「Bluetoothとは何が違うのか」という疑問を持った人もいるでしょう。確かにWi-Fiダイレクトは接続スタイルとしては、Bluetoothと似ています。しかし、Bluetoothとの違いは、接続できる距離の違いです、Bluetoothは、イヤホンやヘッドホンなど、スマホと近距離で接続するのを想定しています。しかし、Wi-Fiダイレクトは、比較的遠距離でも安定して接続できるのが特徴でありメリットでもあります。また、通信速度も速く、通信容量も大容量のため、Wi-Fiダイレクトの方がメリットが多いと言えるでしょう。
引用: https://www.sanwa.co.jp/product/input/bluetooth/images/info/img_point01_01.jpg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/32/32ce011986a83f4d4d50867565ad9ce5_t.jpeg
Wi-Fiダイレクトを使用する注意点ですが、2018年現在では、Wi-Fiダイレクトの正式なロゴマークは発表されていません。そのため、Wi-Fiダイレクト対応機器かどうかは、見た目だけでは判断できないのが現状です。そのため、もしWi-Fiダイレクト対応機器かどうか知りたければ、メーカーのホームページにアクセスしてスペック表を見ると良いでしょう。
Wi-Fiダイレクトは、カメラやプリンターなど様々な機器に搭載されていて、具体的には、カメラの写真データをWi-Fiダイレクト経由でプリンターに送信するなどの使い方をします。従来はUSBケーブルで接続していましたが、Wi-Fiダイレクトによってコードレスでの接続が可能になりました。通信速度も大きいため、周辺機器へのデータ転送も高速で行えます。
またAndroid搭載スマホには、Wi-Fiダイレクトが搭載されている場合が多いです。この場合の使い方は、2つのスマホ間で、Wi-Fiダイレクト経由でファイルの送受信をする際に使います。その都度PCなどを経由する必要がないため、よりスムーズにデータ転送ができます。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-c7LXeW-MoQ4/VLjRuabBPeI/AAAAAAAA3e0/PZWJIF7u1FE/s1600/seu-13-1.jpg
引用: https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2018/05/23/TIMA7071%281%29-w1280.jpg
今回は、Wi-Fiダイレクトについて取り上げました。「Wi-Fiダイレクトとは」というワードの解説から、メリット、使い方を紹介しました。主に複数の機器でデータ転送に使われる使い方が一般的で、従来のケーブルを介するよりも高速で大容量のデータ転送が行えます。ぜひ参考にしてみてください。
引用: http://help.mb.softbank.jp/203sh/pc/SCREENS/203sh_screen_10_0060.png

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://mobareco.jp/wp-content/uploads/2016/11/p54820t2.png