Bayjmjcjjqwujs797tbi

暮らし・住まい

CATEGORY | 暮らし・住まい

プラグレンチの種類をいろいろ紹介!選び方やどこに売ってる?

2018.12.12

プラグの交換に必要な場合がある工具、プラグレンチはどのような種類があるかご存知ですか?今回はプラグの交換に必要な場合がある工具、プラグレンチの種類や選び方、どこに売っているのかについてご紹介をしますので、プラグ交換をご自身でしたい方は要チェックです。

  1. 【プラグレンチの種類をいろいろ紹介!選び方やどこに売ってる?】プラグとは
  2. 【プラグレンチの種類をいろいろ紹介!選び方やどこに売ってる?】プラグレンチとは
  3. 【プラグレンチの種類をいろいろ紹介!選び方やどこに売ってる?】プラグレンチはどこに売っている?
  4. 【プラグレンチの種類をいろいろ紹介!】単体使用タイプ
  5. 【プラグレンチの種類をいろいろ紹介!】エクステンション付属タイプ
  6. 【プラグレンチの種類をいろいろ紹介!】ソケットタイプ
  7. 【プラグレンチの種類をいろいろ紹介!選び方やどこに売ってる?】まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31IkCV2H7fL.jpg
今回はプラグの交換に必要な場合がある工具、プラグレンチの種類や選び方、どこに売っているのかについてご紹介をしますが、まずはプラグについてご紹介をします。プラグとは、スパークプラグとも呼ばれているカーパーツの一種です。このスパークプラグの存在により、ガソリン車においてガソリンへの着火を行うことができ、そこからエンジンの作動を行うことができます。つまり車を始動させるのに極めて重要なアイテム、というわけです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rtAb%2B-itL._SY355_.jpg
そんなスパークプラグは業者にお願いをして交換をする以外にも自分の力で交換をすることも可能です。その際に工具としてプラグレンチが必要となる場合があります。今回はプラグレンチにどういう種類があるのか、選び方やどこに売っているのかなどについてご紹介するので、交換を考えている方は確認をしてみてください。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31ucCYlT0vL._SY355_.jpg
続いては、プラグレンチについてご紹介をします。プラグレンチとは、スパークプラグの交換に必要なアイテムです。スパークプラグはNGKとデンソーという会社が主に商品を開発していますが、その2社のスパークプラグにあうプラグレンチを用意しないと作業を行うことができないので注意をしてください。プラグレンチには主に16.0mmと21.0mmのものが存在します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/317l0dwiZnL._SX355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510JKfQgmNL._SY355_.jpg
続いては、プラグレンチはどこに売っているのか、というお話をします。まず、amazonを始めとしたネット通販サイトで購入することが可能です。ネット通販サイトですと型番・商品名で検索もできるので、探すのも楽ですね。また、amazonなどのネット通販サイト以外ではどこに売っているのか、というと、ホームセンターですと、プラグレンチがおいてある場合もあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41aPtZ0jztL._SX355_.jpg
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61I-IsbPRpL._AC_SS350_.jpg
プラグレンチの選び方としては様々な種類があるので、車体にあったものを選ぶ事が重要です。ここからは、プラグレンチの種類をご紹介していきます。最初にご紹介するプラグレンチの種類は、単体使用タイプです。単体使用タイプは、そのままレンチとして使えるもので、費用も安いものも多く、使える車種も多いタイプです。エーモン プラグレンチ 16mm ユニバーサルタイプ K35というものが特におすすめです。

エーモン プラグレンチ 16mm ユニバーサルタイプ K35の口コミ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Bw0lmNDML.jpg
マグネット式ではありませんがゴムブッシュが内蔵してあり、プラグが持ち上がってきます。ヨーロッパ車はプラグ位置が 15cm深い位置にありますがこのレンチで十分交換が出来ました。 プラグ交換で吹き上がり、アイドリング安定となり車も順調になりました。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/319i-hd8S7L._SY355_.jpg
続いてご紹介するプラグレンチの種類は、エクステンション付属タイプです。エクステンション付属タイプというのは、延長継手がついているので、プラグが奥にあり作業がしにくい車でも作業がしやすい構造になっています。磁石機能があるものですと、より確実にレンチの開け締めを行えるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41kSs3sL3DL._SX355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mHPyazI3L._SX355_.jpg
続いてご紹介するプラグレンチの種類は、ソケットタイプです。ソケットタイプは構造が少し特殊な車種に向いているプラグレンチで、特に三菱車は普通のレンチですとつけ外しが難しいようで、このソケットタイプのプラグレンチを用いるとスムーズに交換もできますので、三菱車ユーザーにおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61hsYFaB5BL._SY355_.jpg
プラグの交換に必要な場合がある工具、プラグレンチの種類や選び方、どこに売っているのかについてご紹介をしました。プラグレンチの種類も複数あり、それぞれ向いている車種などもありますので、プラグの交換を考えている方はぜひ購入してみてください。