Qblbj7rdfdntcom7lgjb

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

バンダナのオシャレな巻き方は?簡単な巻き方で一気にオシャレに!

2018.04.04

最近おしゃれアイテムとして人気急上昇のバンダナ。可愛い巻き方や扱い方、コーデ活用方法などの使い方を紹介します。鞄やヘアゴムなど最近のバンダナは多様化され、コーデの幅が広がります。簡単な巻き方で一気にオシャレに差をつけましょう。

  1. バンダナの巻き方やアレンジについて
  2. バンダナの巻き方 【折り方アレンジ】
  3. バンダナの巻き方 【ヘアアレンジ】➀クルクル巻き
  4. バンダナの巻き方 【ヘアアレンジ】②ターバン巻き
  5. バンダナの巻き方 【リボン結び】
  6. バンダナの巻き方 【ネック飾り】
  7. バンダナの巻き方 【アーム飾り】
  8. バンダナの巻き方 【バッグにワンポイント】
  9. バンダナの気になる点 【ペイズリー柄】
  10. 【まとめ】バンダナの巻き方 
バンダナの巻き方や使い方、コーディネート次第でとてもおしゃれにキュートにアレンジできます。ヘアバンドとして頭に巻いて使ってみたり、腕や首などに巻き付けてみたり、様々な巻き方をおすすめしていきます。バンダナの使い方をマスターしてコーディネートを楽しんでください。
Fodzo38mdkwalf3guc2d
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTS9VtkRGsZAVUJXAOryRATmz03Pwnjsrge7_pybNDIiHwqgYYf
バンダナの巻き方によって色々な折り方が考えられます。基本的なバンダナは正方形のタイプが多いようですので、その基本形を使った基本的な折り方をマスターしましょう。
Axphctdd90hdjd7ethc2
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR5aFdW4jdXTtUTjeMH_KpajP3Iw2q4uLEqiV_HOTFJRBgIGysbEQ
バンダナの両端を中心部に向かって三角に折り、さらに中心部にむかって半分に折り進めていきます。5センチ程度の幅になるくらいまで繰り返し、中心部に向かって半分に折っていきます。その他、端と端を重ねて折り鶴を折るときのように三角形を作り、そこからくるくる細く巻き付けていく「三角折り」が簡単です。
折り方はバンダナをアレンジしやすいように、また簡単に進めていくための準備ですが、神経質になり細かく綺麗に整えなくても問題ありません。扱いやすいように好みの細さまで折っていくだけなので簡単です。その際品質表示は特に必要ないため、隠すかカットしておく方が仕上がりが良いです。
K0an1aiefhp59xxsdz82
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQdoXlLgNCzyOXEOX9gC0G6ctkoC4F0m4pmCVjvQMTuRaN4uxIC
最近よく見かけるのはヘアバンド代わりに頭に巻いてアレンジするスタイルです。雑貨店などでバンダナ柄の縫い付けてあるタイプが販売されていることがあり、そちらを活用するのも良いですが、一枚物のバンダナなら色んなアレンジに多用できますね。
De9bruf8hjob4cipekpy
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTVgzISvLwVxU1hbGwaOgDVpUqA4xNh64rJLsYygt1izPEiE2nsSw
ヘアアレンジとして頭に巻く時は、ネジっておでこの所あたりで巻き付ける方法が簡単でおしゃれです。綺麗に折っていかなくても、細くなるよう「クルクル巻き」でねじっていき頭を一周したらおでこでくくりつけます。この時、長めのバンダナで長さに余裕のある時はリボン結びで留めるとキュートですね。
使用するカラーは、コーデに合わせて使い分けるとバランスがとれます。基本的なペイズリー柄の中でも一番人気の赤色系がおすすめですが、ブルーや白地にブラックのプリント採用などもかわいくおしゃれでおすすめです。クルクル巻いていく巻き方次第で表に出る柄の見え方も変わるので色んなアレンジが楽しめます。
Oat0cwr69wqie5l1kn3m
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRTHD3_bhEIppZQFkzPaZTfL_JXkR4G3Qs4xr-2TOWJ9iqTm3i57w
F4v6pxmmoacirc7slczg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRb5OMtbXoTPEqDcJopJEfF7EihiR-iatpkI8FH4UClM3bLmxzHZw
クルクル巻きとは違い、太めのターバンのようにアレンジする「ターバン巻き」も好評です。三角折りをしていき適度な太さ10センチ程度に折れば、頭を包むように巻き付けます。頭頂部で巻き終えて巻き付けた部分を整えると、アクセントになりキュートさが増します。
Hrk1asn995pcff0ij3pn
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQJxAINvGcEp4Wsu-Mbu3eLvFrd4KTk863yJxuQZib1abShzqng
ヘアアレンジはアップヘアがすっきりとまとめられて可愛くおすすめですが、ハーフアップなどもキュートですね。ストレートヘアより、ニュアンスヘアや軽く巻き髪スタイルの方がコーデがしやすいようですしおしゃれでおすすめです。
N0vzyxet2lhcdjwkmj74
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSXyAasAFZaswvoPTjYcBqcRYirx1QVtX6JHiUcS0UZLsoV_eUiYg
Rhvcqo4ceipngzct0hzj
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTL-CwVoruRnKWqAfCq8nMJ1FqSrBFAIQGrh1g1EddAvzCMN9txeQ
バンダナは正方形のタイプがほとんどだと思います。そのバンダナを頭に一周巻き付けるのは、かなり大きめのサイズが必要となる為、手持ちのバンダナでターバン巻きが難しいときは発想の転換をして一部分を巻いてみることを考えてみましょう。
Ihawxapjzlw5rm1s7txj
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR2eJZrCEt0NpheAnF6AMXhBporBHgpsfKKxHGZoni7O0U5L5q85w
例えばリボン結びの方法が実現できるのはポニーテールをした際に、ヘアゴムで結んだあとをバンダナで巻き付ける方法です。これなら頭を一周しないぶん短い小さめのバンダナでも間に合います。あとはさらに小さなバンダナを利用するか手持ちのバンダナをカットし、ヘアゴムに直接巻き付けてリボン結びをしたり、ヘアピンに留めて髪飾りを作っておくのも良いですね。
Jyse8rq7pujzfge6wssu
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSw3TsGIUrG4TZJluBTH8fvgSNvrO3gOncShOj2u1TTVZuhvvxy
くるっと一巻きするだけの簡単な方法もありますが、布端が気になる方は簡単に布周りを縫い付けておくとおさまりが良くなります。縫い付けずにラフに巻き付けるのもカジュアルスタイルでおしゃれなのでおすすめです。
巻き方一つでおしゃれにコーデアップでき、寒い冬には首周りを暖かくするのでおすすめです。バンダナの巻き方はクルクル巻きでも太めの巻き方でも合わせやすいので、アウターの首周りと襟口がもたつかないように調整しましょう。首にバンダナを巻く時は、ジャラジャラしたネックレスなどは首元コーデにまとまりがなくなるので避けた方がよさそうです。
Vofazrhbceyqc5omsqww
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQL2K9pRd4_t5BGuiwjwD78BuXux_jd4lMRTwQFVcdum2-GQhqhjg
また端だけを結んで三角部分を残して首元に巻く方法もおすすめです。首元をおしゃれに着飾るバンダナは大判のものを使いましょう。首を巻ききれない時は二枚程度つなげて使用するといいでしょう。結び目は首元中央だけではなく斜めに留めたりするとイメージが変わります。
Usss4mtus7zr4delammh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS-AUytbUvtP7n1eeCM1urCaJUc5Y6rM9l8txMs5qgpC9BTTUI3mg
Jtldnxumn0hc7efhcmgb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTs929Kq570TOyw2xqlLqAPSM-f-vMHkQIc_-OMQOMqwXgtz1Wd
ワンポイントのおしゃれに腕にバンダナを巻いて、チームメイトとお揃いにしたり友達とお揃いにしたりコーデを楽しむのも良いですね。腕飾りといっても巻き付ける場所によって全くイメージが変わりますが、特に手首あたりに巻くのがおしゃれです。
Edm59cbx9u9qzcni6qde
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQbeZKAjPp9MM8sVj7QcpSt0_3xsmHVg2D9_MVB_hHiZX1XLbGk
腕に巻く時は、グルグル巻きすぎるのはおしゃれではないので、小さめのバンダナで十分です。くるっと一巻きし留めれば簡単に仕上がります。ブレスレットやバングルなどと合わせてコーデすると明るい雰囲気になるのでおすすめです。カラーやジャンルなどテイストをまとめて合わせるようにしましょう。
Szr9r1ttdl15ddrqbqmf
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQpaa-nr-M_3fj3pHEfUaVmvKht-kWvTaIAB3XVB3uRvek3QP_afQ
Fcbaoducgeodbiatwua4
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSPHxFXPkHHk4VzRnQNi5td5VxWpc7ny6fZfhz7opnQ7ZI8jZqXjQ
お手持ちのバッグにバンダナを巻き付けてワンポイントのおしゃれコーデもおすすめです。控えめなバッグもバンダナ一つで大変身です。カジュアルコーデにはマッチします。バッグに巻き付ける時は腕に巻いた時よりも長めのバンダナが合います。一つ結びをして長めにヒラヒラ揺れるスタイルがバッチリです。
Lguinysowlulwhq21etm
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTVo8YtAo5bwagJoWvJi30ChJ6EzoCjTgRCQ9lZmIFQb1o5ZZd
Prhilndasgpahsxuul73
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQu_-HJkV8_5bTzICkjNPaCBqgMWLoZTY9DD_wPyLVLEI47fatY
不思議に思われた方も多いはずです。そもそもなぜバンダナは「ペイズリー柄」なのでしょう。カラーこそ色々展開されていますが、バンダナの柄といえば「ペイズリー柄」を思い出します。バンダナといえば「ペイズリー柄」というイメージの始まりは植民地時代までさかのぼります。
Jpfrexqihubadfyco9sh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSvVJJmdEs6lhapxMYiksijfu48bCpxqEAiswCIJx76aGb3-09D
ペルシャからインドへと発展していき、イギリスに伝わったとされる歴史のある模様で、このペイズリー柄といわれる柄模様の織物を作るようになったのがスコットランドのペイズリーという町だったことから、ペイズリー地方で製作される織物の柄ということで名前がついたようです。
最近ではバンダナだけではなく、雑貨や文房具などをはじめ、アウターなどの衣服などにもペイズリー柄が用いられるようになり、各メーカーやブランドが様々なアイテムを展開しています。とても人気の柄となっています。
Xvsmetjzeev9xfq3f3rg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTzSmKVCUydnNhYcBHxBJpkfiu9sovg82nkfeczeyc4dM6miLN8
なんだか、バンダナのペイズリー柄の発祥を知るとさらに納得のおしゃれができそうですね。ただ、最近では基本のペイズリー柄だけではなく、ペイズリー柄をアレンジした渋めの模様やシックな模様・明るめの柄など様々な模様がアレンジして展開されており目が離せません。
J1oa7v3obo9vcllrks7n
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSIKlc-fV32eYwybigT09CL-jf2lwLOAU_Tac6IFotrLFCllJoC
色々なバンダナの巻き方やオシャレな方法をご紹介しました。簡単にできる方法というのがポイントですね。また、これまでは三角巾代わりや首に軽く巻くだけのイメージだった方も、色んな方法があることに納得していただけましたでしょうか。頭に軽く巻くだけでも色んな方法があります。腕に軽く巻くだけでも腕の位置によって全く雰囲気が変わりアレンジが楽しめますね。どのポイントで巻いても可愛いバンダナですが、頭も腕も首元もそしてバッグまで一式巻いてしまうと全くバランスが取れないのでさけましょう。一つコーデの中に取り入れたバランスのよいコーデをおすすめします。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRVd7686ucZIenYBSvIRGGsHZMLGPh-c6Sq-j-HcSTYkDaYA2HW