M24j4qkxz3i7rbzajtve

健康・美容家電

CATEGORY | 健康・美容家電

ストレートアイロンでできるカール・巻き髪!最新スタイルの作り方は?

2019.05.02

ストレートヘアアイロンは、ストレートヘアをつくるものと思っていませんか?実は、ストレートアイロンはカールできるんですよ。今回は、ストレートアイロンを使ったカール・巻き髪のやり方をご紹介します。ショートでもロングでも、最新スタイルが作れます!

  1. ストレートアイロンでも可愛いカール・巻き髪ができる!
  2. ストレートアイロンでできるカール・巻き髪【基本編】
  3. ストレートアイロンでできるカール・巻き髪【ショート】
  4. ストレートアイロンでできるカール・巻き髪【ボブ】
  5. ストレートアイロンでできるカール・巻き髪【ショートボブ】
  6. ストレートアイロンでできるカール・巻き髪【ミディアム】
  7. ストレートアイロンでできるカール・巻き髪【ミディアムロング】
  8. ストレートアイロンでできるカール・巻き髪【ロング】
  9. ストレートアイロンのおすすめの選び方
  10. まとめ:ストレートアイロンで最新カール・巻き髪ヘアになろう!

カール・巻き髪は、カール用のヘアアイロンでしか可愛く作れないと思っているかもしれませんが、ストレートアイロンでも可愛いカール・巻き髪を作ることができます。

以前はしっかりとカールがついた巻き髪が流行していましが、今のトレンドはゆるやかな巻き髪です。だからこそ、ストレートアイロンを使ったほうが、今どきの最新カール・巻き髪スタイルを作り上げることができるのです。ストレートアイロンを使ったカール・巻き髪のやり方を覚えて、トレンドの可愛いヘアスタイルにしましょう。

ショートボブも素敵な内巻きヘアに

ストレートアイロンでカール・巻き髪を作るやり方として、まずは基本的な内巻きをご紹介します。シンプルなボブも、内巻きにするだけでも可愛いアレンジヘアになりますよ。ヘアアイロンを使うときのポイントは、髪を少しずつすくってプレートにはさむことです。そのためには、髪をブロッキングしておくことが大切です。

最初に、ハーフアップにして上の部分の髪を留めておきます。次に下に残っている髪を少しずつすくって、丸くなるようにストレートアイロンでカールしていきます。そして、留めておいた髪もおろして、同じようにカールさせていくだけです。ショートボブはもちろん、ミディアムでもロングでも、同じやり方できれいな内巻きヘアにすることができます。

関連記事

ショートでもゆるふわな巻き髪ヘアに

ストレートヘアアイロンでは、簡単なカールしかできないと思っているかもしれませんが、実はトレンドのゆるふわな巻き髪も作ることができるんですよ。やり方のポイントさえ押さえれば、ショートでも可愛いゆるふわヘアになれます。

まず、髪をハーフアップにして上下にブロッキングします。次に、下の髪のみをストレートアイロンで内巻きカールにしていきます。上の髪もおろして同様に全体を内巻きカールにします。続いて、再び上下にブロッキングします。次は、ストレートアイロンで髪を内巻きにはさんで巻き付け、一回転させたままで毛先まで抜いていきます。そうすると、きれいなカールができあがります。

その次の毛束は外巻きにはさんで巻き付けて、同じように一回転させたままで抜いていきます。このミックス巻を交互に繰り返して、全体をゆるふわなカールに仕上げます。シンプルなショートヘアも、かわいい巻き髪にできます。

切りっぱなしボブでもふんわりヘアに

ショートヘアと同じく、ボブもアレンジに困ることが多いでしょう。でも、ストレートアイロンを使えば、マンネリから脱出できます。

具体的なやり方は、まず全体的に毛先だけを内巻きにします。ショートとは違い、ある程度長さがあるボブヘアは、しっかりとストレートアイロンを一回転させて、大き目の内巻きカールを作るのがポイントです。全体の毛先を内巻きにできたら、次は少し毛束をとって、内巻きにした少し上あたりをストレートアイロンで外巻きにはさみます。

続いて、またその少し上を今度は内巻きにはさみます。これで、くねくねとしたウェーブを作ることができます。これを全体的に繰り返していけば、ふんわりとしたヘアスタイルが出来上がります。

ショートボブを抜け感ヘアに

ショートボブもふんわりとボリュームのあるヘアスタイルにすると、抜け感が出て違ったイメージにすることができます。このヘアアレンジのポイントは、3段階にわけてボリュームを出すことです。

まずは、髪を上・中・下の三分割にブロッキングします。一番したになる髪は、毛先をストレートアイロンに巻き付け、ワンカールさせます。二段目は少し角度をつけるために、毛先より上のまで髪を巻き付けてカールさせます。三段目はより角度をつけるために、根元に近いところまで髪を巻き付けてカールさせます。これを全体に行って、最後に髪をほぐすとふんわり抜け感のあるヘアスタイルになります。

ミディアムをウェービーヘアに

ショートボブやボブの伸ばしかけで、中途半端な長さになってくることありますよね。パーマをかけたくない人は、ストレートアイロンで簡単にウェービーヘアに変えることができます。まずは、準備としてハーフアップにして、髪を上下にブロッキングしておきます。

髪を少しとって、髪の根元の方からストレートアイロンをはさんで、内・外と順番になるように毛先まで形をつけていきます。手首をひねるようにすると、上手くできます。次の毛束は、外・内と始めの毛束とは違う順番で同じように毛先まで形をつけていきます。これを髪全体に行っていきます。

束ねておいたハーフアップの髪をほどいて、それをさらに二分割して、上の部分の髪をまた留めておきます。おろした髪を先ほどと同様にして、ストレートアイロンでウェーブを作っていきます。全体にできたら、留めておいた髪もおろして、同じように全体にウェーブを作れば出来上がりです。工程は多いですが、やり方自体は難しくないので、慣れれば簡単にできます。

ミディアム~ロングヘアは巻くだけ簡単カールヘア

ショートやボブの長さなら、工程が多くても短いので時間がそれほどかかりませんが、ミディアムからロングの長さは、丁寧に巻くと時間もかかります。でも、このやり方なら忙しい朝でも時間短縮しながら、可愛い巻き髪が作れます。まずは、髪を上下に分けて、ハーフアップにして準備しておきます。

髪を少しとって、根元から少し下におりた辺りのところでストレートアイロンをはさみます。髪をはさんだ状態で、内巻きにくるくると2回転ほどさせて、その状態で毛先までストレートアイロンを通していきます。そうすると、きれいなカールヘアになります。それを全体に繰り返して髪をほぐせば、パーマをかけたようなヘアスタイルになります。

ロングヘアは三つ編みで簡単ウェーブ

ロングヘアは、ヘアケアだけでも時間がかかりますよね。長さのあるロングヘアにヘアアイロンを使うとなると、大変そうと思う人もいるかもしれませんが、実は三つ編みをするだけで、長いロングヘアでも簡単にカールが作れてしまいます。このやり方は、ヘアアイロンに慣れていない人でも簡単にできるので、不器用な人にもおすすめです。

まずは下準備として、髪をトップと両サイド2つずつの5つに分けて三つ編みを作っておきます。あとは、三つ編みの上からストレートアイロンで髪全体に形をつけていくだけです。ストレートアイロンでカールを作る必要もなく、三つ編みの上からストレートアイロンをあてるだけの手軽さです。最後に三つ編みを外して、全体にほぐせば適度なゆるさのウェーブが仕上がっています。

ストレートアイロンでできるカール・巻き髪のやり方を見ましたが、ではどんなヘアアイロンを使うとカール・巻き髪を作りやすいのでしょうか。ここでは、おすすめのストレートアイロンの選び方をご紹介します。

プレートの長さと幅で選ぶ

ストレートアイロンにも、プレートの長さや幅にそれぞれ違いがあり、カールを作るためには、中ぐらいのものを選ぶのがおすすめです。具体的には、プレートの幅は3~4cmほどのもので、長さは10cmぐらいのものを使用すると、ショートでもロングでもカールが作りやすいです。細ずぎたり、太すぎたりすると、扱いづらいので選ぶ際には注意しましょう。

設定温度もチェックする

ストレートアイロンでカール・巻き髪を作るとき、設定温度は140度から160度がおすすめです。そのため、細かく温度を設定できるストレートアイロンを選ぶほうがいいでしょう。ストレートアイロンの中には、低・中・高など、温度設定が細かくできないものもあるので、購入前にチェックしておきましょう。

関連記事

ストレートアイロンでできる、カール・巻き髪の最新スタイルのやり方をショートからロングまで、長さ別ご紹介しました。ショートでもロングでも、ストレートアイロンで、可愛いヘアスタイルを作ることができます。是非、記事で紹介したやり方を参考に、ストレートアイロンを使って最新のカール・巻き髪ヘアにアレンジしましょう。