Abdycs8jz6lmezn5chrb

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

DIYの本棚の設計図まとめ!子供でも高い強度で作れる方法とは?

2019.05.10

DIYで本棚を作るときは設計図を書くところから始めましょう。今回はDIYに必要な本棚の設計図の書き方に加えて、高い強度で本棚を作るポイントをご紹介します。簡単な設計図の作り方は子供のDIY作品にもおすすめ!夏休みの工作で強度のある本棚を作りましょう。

  1. DIYで作る本棚の設計図を書いてみよう!
  2. 【DIY本棚の設計図の書き方】1-本に合わせて設計する
  3. 【DIY本棚の設計図の書き方】2-本棚を置く場所に合わせて設計する
  4. 【DIY本棚の設計図を作るポイント!】1-強度は金具におまかせ!
  5. 【DIY本棚の設計図を作るポイント!】2-釘よりネジで強度アップ!
  6. 【DIY本棚の設計図を作るポイント!】3-本棚の横幅は長くしない!
  7. DIYのスタートは設計図から!

DIYで本棚などの家具を作るときに欠かせないのが設計図です。設計図はどのような材料をどの程度用意するか、どのようにDIYで作り上げていくかを決めるものになるため、簡単なものでも構いませんので書いておきましょう。

DIYに必要な本棚の設計図はどこから書き始めるのか、何を基準にするのかなど初めてだと難しく感じてしまいますね。そこで今回はDIY本棚の設計図の書き方や、強度を高める方法をまとめてご紹介します。子供でも簡単に強度のある本棚が作れるポイントも多数ご紹介するので、夏休みや冬休みの工作で本棚を作ろうと考えている方も必見です。

Mgn53jwyfzfbofzrzxvz

DIYで作る本棚の設計図の書き方は、最初に何を基準にするかで出来上がりが変わります。まずは手持ちの本に合わせたDIY本棚の設計図の作り方をご紹介します。

本は文庫本や写真集、雑誌などによってサイズが変わるため、本のサイズに合わせて本棚の棚板や高さを調節しなければなりません。今後も本が増える可能性がある場合は、一番大きい本のサイズに合わせて設計すると後から本が収納できないという失敗も無くなるでしょう。

次は本棚を置く場所に合わせて、設計図を書く方法をご紹介します。小さい本棚を作る場合は置き場所について深く考える必要はありませんが、大きな本棚をDIYで作るときは事前に置き場所を決めておきましょう。

Nmwgid5lljnorhs6vxu6

DIYで作る本棚の置き場所が決まったら、そこに収まるように本棚の寸法を決めます。その中で棚板の枚数や本棚の奥行きを計算し、設計図に反映させましょう。

416qeam1t0l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/416QEAM1T0L.jpg

DIY本棚の設計図では、本棚の強度についても計算しなければなりません。本はまとめて収納するとかなりの重量になるため、安易な作り方では本棚が壊れる危険性もあります。簡単な設計図でもDIYで強度のある本棚を作るには金具を使いましょう。

本棚に強度をプラスする金具は色々ありますが、本棚の形に合わせたものを使いましょう。主にDIYで強度を出すために使われる金具が、L字金具・I字金具・三方面金具などです。本棚のコーナーには三方面金具、棚板の支えにはL字金具といったように金具の種類を使い分けると効果的です。

1 / 2