Rgobepy6qqpsts84opcf

ファッション

CATEGORY | ファッション

バンダナの巻き方【頭・腕・腰・カバン別】おしゃれアレンジ30選!

2018.12.01

帽子とともにファッションアイテムのひとつになる「バンダナ」。ダンス時に活用されているのはよく見かけますが、頭や首への巻き方によってはポニーテールもおしゃれに。そこで今回は頭・首・腕・腰・カバン別に「バンダナの巻き方のおしゃれアレンジ30選」をまとめています。

  1. 頭・腕・腰・カバン別バンダナの巻き方!おしゃれアレンジ30選を紹介
  2. 【頭・首】バンダナの巻き方1:後ろで三つ編み
  3. 【頭・首】バンダナの巻き方2:後ろお団子
  4. 【頭・首】バンダナの巻き方3:フィッシュボーン
  5. 【頭・首】バンダナの巻き方4:カチューシャ風アレンジ
  6. 【頭・首】バンダナの巻き方5:リボン風アレンジ
  7. 【頭・首】バンダナの巻き方6:ハーフアップ
  8. 【頭・首】バンダナの巻き方7:ロングアレンジ
  9. 【頭・首】バンダナの巻き方8:ミディアムアレンジ
  10. 【頭・首】バンダナの巻き方9:メッシーバン
  11. 【頭・首】バンダナの巻き方10:編み込みリボン
  12. 【頭・首】バンダナの巻き方11:スカーフ編み込み
  13. 【頭・首】バンダナの巻き方12:お団子アップ
  14. 【頭・首】バンダナの巻き方13:マリン風
  15. 【頭・首】バンダナの巻き方14:ポニーテール
  16. 【頭・首】バンダナの巻き方15:首タイト巻き
  17. 【腕】バンダナの巻き方1:バイアス巻き
  18. 【腕】バンダナの巻き方2:細巻き
  19. 【腕】バンダナの巻き方3:基本巻き
  20. 【腕】バンダナの巻き方4:リストバンド風
  21. 【腰】バンダナの巻き方1:後ろポケットから垂らす
  22. 【腰】バンダナの巻き方2:しっぽ風アレンジ
  23. 【腰】バンダナの巻き方3:シャツ風アレンジ
  24. 【腰】バンダナの巻き方4:正面巻き
  25. 【腰】バンダナの巻き方5:ベルト風
  26. 【腰】バンダナの巻き方6:ビックリボン巻き
  27. 【カバン】バンダナの巻き方1:リボン風
  28. 【カバン】バンダナの巻き方2:アクセント巻き
  29. 【カバン】バンダナの巻き方3:ドット柄ノーマル巻き
  30. 【カバン】バンダナの巻き方4:持ち手バンダナ
  31. 【カバン】バンダナの巻き方5:マリン風
  32. 頭や首だけではない!バンダナは小物として使える
Fefyeqc9gymlheyg3yhl
引用: https://www.instagram.com/p/BGB0_gMEeGL/
おしゃれをする上で欠かせないのが小物によるアレンジです。そして、男性にも女性にも注目されている小物がバンダナの巻き方によって変化をつける方法になります。ここからは、頭と首・腕・腰・カバン別に分けておしゃれな巻き方を紹介し「おしゃれアレンジ30選」と題して解説していきます。

女性に大人気

Jwtpp496nzr44ufcmeko
引用: https://www.instagram.com/p/Bnm13EOhupp/
まずはじめになる、頭・首のバンダナの巻き方は後ろで三つ編みをするスタイルです。女性からは人気の高い巻き方で、華やかな雰囲気にもなりますし、上品さも兼ね備えている注目のスタイルです。髪に馴染みやすい色のバンダナがオススメになります。後頭部から首、そして背中にかけて長めにバンダナがあればバランスが良いです。

定番のスタイル

Dotgkm4dv6mj625d9pwm
引用: https://www.instagram.com/p/7sehZVii_m/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方は後ろお団子スタイルです。定番と言えるバンダナの巻き方になるもので、多くの女性が取り入れているスタイルです。簡単な巻き方のため初心者でも取り入れやすいという魅力もあります。

すっきりした印象にも

Whga95umvlsudfripjan
引用: https://www.instagram.com/p/Bop2WuLnINt/
首元の髪も全て束ねてバンダナをきっちりめな巻き方にすると、非常に清潔感の溢れるスタイルにできます。夏の暑い時期などは特に女性は首元を涼しくさせたいので、ちょうど良いおしゃれなバンダナの巻き方となります。

スカーフ風のアイテムを活用

Ft7hs16fnt0hy50m3f7y
引用: https://www.instagram.com/p/BoV8GBIH2Yf/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はフィッシュボーンです。後ろで軽めに束ねた髪に対して、大きめのスカーフ風なバンダナを巻くことで民族風なおしゃれなバンダナの巻き方ができます。ダンスをする人がよく行う巻き方の一つでもあります。

多くの人が活用

Fysosv5znpurbxlkb2mb
引用: https://www.instagram.com/p/BntMCUABHjK/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はカチューシャ風アレンジになります。小物雑貨を扱っているお店でも多く販売されているカチューシャ風のバンダナを使った巻き方で、高めの位置から後頭部にかけて巻くだけという簡単な方法です。誰にでも似合いやすい巻き方で、女性には大人気のスタイルです。ダンスをする人も華やかに見せるために行う簡単アレンジになります。

可愛い雰囲気でおすすめ

Nxlcrluay2ax0nsdcfao
引用: https://www.instagram.com/p/BU33J1UBaCH/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はリボン風アレンジになります。名前の通りリボン風の巻き方をした定番のバンダナスタイルで、首元から垂らすような長さで巻くと可愛い雰囲気も増します。ダンス時のアクセントにも最適ですし、明るい色のバンダナを使うと華やかな印象になります。帽子を被った時にも使える巻き方です。

取り入れやすい人気スタイル

Aebcckb4uda6zhsgywpb
引用: https://www.instagram.com/p/BU3mOUqAeG_/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はハーフアップになります。人気の巻き方で、頭に巻くときのスタイルとして多くの人が取り入れます。頭にピンを使って巻くと、しっかりと固定できますのでおすすめです。その上から帽子を浅めに被ると良いアクセントとしても使えます。

高めの団子も人気

Tf4xl5t0u7xkiyp3xu2s
引用: https://www.instagram.com/p/BU0i3hNjt-f/
ハーフアップの中でも、少し頭の高め部分で結ぶスタイルも人気があります。帽子を被るのは難しいですが、これだけで十分存在感があるバンダナの巻き方になりますし、首元もすっきりとして清潔感があります。ポップなダンスを踊る時の爽やかなバンダナの巻き方としても使えるものです。

長めのバンダナが使える

Ccxno67daluw2s95yons
引用: https://www.instagram.com/p/BU1ys8Bh_1b/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はロングアレンジになります。長めの髪型の場合はバンダナも長めのものを頭に巻く方が存在感が出ます。スカーフ風のバンダナを頭に巻くことで、コーデにも差がついておしゃれですし女性には人気が高いです。ダンスをする時にも大きめのバンダナは存在感がありますので非常に活用できます。

関連記事

取り入れやすいスタイル

O8ydw1jxodqlvaissrzt
引用: https://www.instagram.com/p/BSA6NnTD-p5/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はミディアムアレンジになります。初心者でも取り入れやすいスタイルで、帽子にも合わせることができますし、ミディアムヘアーであればポニーテールにも使えるものになります。そこまで頭に派手さは出ないですが、バンダナの色次第ではダンスの時にも使える巻き方です。

春夏に最適な巻き方

D9imjxsbvyfhlzkrwbdq
引用: https://www.instagram.com/p/BOf-_Izj6de/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はメッシーバンになります。爽やかな雰囲気から春や夏には最適な頭のバンダナアレンジになります。帽子を被る時にもアクセントとして使えますし、首元の見せ方次第で大人っぽい色気を演出できる巻き方でもあります。ポニーテール風の巻き方はやはり女性から人気があります。

派手さもありおしゃれ度が高い

Btq3orpzrjrdssefwdxu
引用: https://www.instagram.com/p/BPJvYYlAqNg/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方は編み込みリボンになります。頭に巻く時のバンダナの使い方として非常に人気のスタイルで、首よりも下に垂れ下がるようにするとインパクトもありますし、帽子を被ってもバンダナが見えておしゃれになります。ダンスの時のアレンジとしても人気ですし、多くの人が取り入れるものです。

細かく三つ編みもおしゃれ

Rku64z76ctbbsdzo6izg
引用: https://www.instagram.com/p/BN24KX8jrOL/
ダンスをするときのアレンジとして、細かく頭で三つ編みにして首元から垂らすようにするとヒップホップ風な雰囲気を出すこともできます。ポニーテールなどとは逆にかっこいい風な巻き方ができる頭のバンダナアレンジとして人気ですし、ダンスの時にこの巻き方をして帽子を被るとさらにかっこよくなります。

長めのバンダナでおしゃれに

K4fnntubeoaos9dq3zbe
引用: https://www.instagram.com/p/BLlncWAj9EH/
そして続いての、頭・首のバンダナの巻き方はスカーフ編み込みになります。頭から首より下にかけて、長めのバンダナを編み込んで作る上級者スタイルです。細かくバンダナを巻くことでアクセントとして活きますし、帽子を被る時にも合わせやすいものになります。初心者が取り入れやすいポニーテールとは逆のスタイルで、慣れてきたら簡単に出来る巻き方と言えます。

夏に大人気のスタイル

Zezpkvrqdamuzf9ozczi
引用: https://www.instagram.com/p/BH8L6DPgEZY/
そして続いての頭・首のバンダナの巻き方はお団子アップになります。夏にはポニーテールと並んで多くの人が取り入れるおしゃれなバンダナの巻き方で、頭のヘアアレンジとして人気があるアップスタイルにバンダナを合わせるとおしゃれ度が増します。首元も涼しいですし、帽子いらずのおしゃれスタイルが作れます。

関連記事

取り入れやすい初心者向け

Fwpofdu2so4o2f0iqrcm
引用: https://www.instagram.com/p/BGGHQiOrWo6/
そして続いての頭・首のバンダナの巻き方はマリン風になります。首への巻き方として定番のもので、頭に巻く時のポニーテールと同じ感覚で人気があり取り入れやすいものになります。首へは大きめの結び目でラフに付けると小慣れた雰囲気も出せるのでおすすめです。コーデももちろんダンスの時にも首に付けるスタイルは人気があります。

大人気の王道スタイル

Goqy7w7wzhkw8zc8zjvh
引用: https://www.instagram.com/p/BFyajjIBpSw/
そして続いての頭・首のバンダナの巻き方はポニーテールになります。ポニーテールは最も多くの人が行う巻き方で、ポニーテールは初心者でも簡単に行えるものです。長めのポニーテールも短めのポニーテールもバンダナはアレンジとして使えますし、ファションとしてもダンスの時のアレンジとしてもおすすめです。帽子を被ってもアクセントとして最適なスタイルと言えます。

パーマヘアにもバッチリ

Obzmfgzbxjdjkwl6d2fa
引用: https://www.instagram.com/p/7t50r0iizQ/
そしてパーマがかかっているポニーテールにもバンダナはよく合います。通常のポニーテールでも帽子を被るとおしゃれになりますが、パーマを緩めにかける、もしくはアイロンで巻いた髪をポニーテールにすると華やかさが増します。最近流行りのハイトーンポニーテールも外国人風になり人気です。ポニーテールはラフにもきっちりめな巻き方にもできますので、誰にでもに合わせやすいですし活用できます。

アクセントにおすすめ

Ecdzvykep09s6xgpw4bz
引用: https://www.instagram.com/p/BlVjmz2l-qQ/
そして頭・首の最後になるバンダナの巻き方は首にタイト目に巻く方法です。首にはバンダナを巻く方は多く、こちらのタイトな巻き方はコーデのアクセントとして主張も強すぎずさりげなく取り入れることができます。初心者でも取り入れやすい巻き方で、首元には夏にもバンダナを巻くスタイルは人気です。

コーデのアクセントに

引用: https://instagram.com/p/79WJYVpMez/media/?size=l
ここからは腕へのバンダナの巻き方を見ていきます。はじめになる腕のバンダナの巻き方はバイアス巻きです。腕は頭や首と同様に、アクセントとして非常にバンダナを使いやすい場所です。男性でも女性でも、腕にバンダナをつける人は最近では多く、ロック風になるこちらの腕への巻き方は非常に人気があります。

さり気なく主張させる

引用: https://instagram.com/p/BCki2YoFGMY/media/?size=l
そして続いての、腕へのバンダナの巻き方は細巻きになります。主張はそこそこにしておきさり気なくアクセントとしてアピールする際は人気の腕への巻き方になります。バンダナの色もダークトーンにすることで大人っぽくなりますし、腕に付けるバンダナの巻き方の中でも取り入れやすいものです。

まず始めにする巻き方

Juwvhr18irvtif7dpddi
引用: https://www.instagram.com/p/BFeHjV1B7MT/
そして続いての腕のバンダナの巻き方は基本巻きになります。頭や首で言う所の初心者におすすめの巻き方で、帽子を被ってのアレンジなどとは違いポニーテールやアップスタイルの腕版といったものです。巻き方の決まりも特になく、腕へ自由に巻くだけのスタイルなので誰でもできます。ダンスの時のアレンジにも使えます。

その人の個性も出せる

引用: https://instagram.com/p/BGV-C7TmicY/media/?size=l
巻き方は基本形として普通に巻くだけなので取り入れやすく、腕にバンダナを巻くとその人の個性が服装に出せます。ファッション的にも腕にバンダナを巻くのは人気ですし、ダンスをする人にとっても欠かせない小物アイテムです。頭で言う所の帽子に似た、ボディーに行うおしゃれアイテムの定番となりつつあります。

かっちり目に結ぶスタイル

引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/ue5ne4/20160215180102026/20160215180102026_500.jpg
そして続いての、腕へのバンダナの巻き方はリストバンド風になります。腕に巻く際には緩めに巻く人が多いですが、あえて腕にきつくしっかりと巻くことでリストバンドの様な見せ方ができます。実はダンスをする人が汗を拭くために、バンダナを腕に巻くことがあります。そのスタイルをコーデにも取り入れた上級者の腕への活用方法です。

関連記事

ストリートスタイルで人気

引用: http://img04.ti-da.net/usr/cracklimb/IMG_5128.JPG
ここからは腰へのバンダナの巻き方を見ていきます。はじめになる腰へのバンダナの巻き方は、後ろポケットから垂らすスタイルです。腰への巻き方の中では簡単に取り入れることができるもので、特にストリートコーデをする人が行う腰への巻き方です。男性に取り入れる人が多く、昔でいうギャング風なスタイルにもできます。

アクセントに最適な巻き方

引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/xagkio/20150604223319182/20150604223319182_500.jpg
そして続いての腰へのバンダナの巻き方はしっぽ風アレンジになります。腰にバンダナを巻くときは、アクセントとして使う人が多いです。その中でもしっぽの様に腰から垂らすスタイルは人気で、派手な色のバンダナを腰に付けるとコーデに差がつきます。頭や首に巻くのも良いですが、あえて腰というのもおすすめです。

腰への定番スタイル

引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/bfdkfn/20140817222857156/20140817222857156_500.jpg
そして続いての腰へのバンダナの巻き方はシャツ風アレンジになります。腰に巻く際に最も定番と言えるもので、シャツを腰に巻いている風にバンダナを使う人が多くいます。頭や首に並んでシェア率の高い巻き方で、初心者が腰に巻く際も真っ先に試す人が多いものです。

ダンスでも使えるアレンジ

引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/qeq13v/20160301111651698/20160301111651698_500.jpg
コーデの時にも腰へはアクセントとして使えますが、実はダンスの時にも腰にバンダナを巻く人は多くいます。大きめのサイズを腰に巻くことでインパクトが出せますし、色物のバンダナを腰につけてダンスをすると見た目的にも存在感が増します。ストール風のバンダナを腰に巻き、首にもさり気なくバンダナをつけたコーデは、慣れてきたら取り入れたいスタイルです。

個性が溢れるスタイル

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/baeq4e/20180904202045837/20180904202045837_500.jpg
そして続いての腰のバンダナの巻き方は正面巻きです。まさに名前の通り、腰部分の正面にバンダナを取り入れたコーデで、全体的なカラーリングも良く腰に巻いた黄色と帽子の緑が存在感を放っています。古着風なコーデにもバンダナは使えますし、色物を腰に合わせるとやはりおしゃれになります。

バンダナをベルトにする

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/mq88hm/20170514164240023/20170514164240023_500.jpg
続いての腰のバンダナの巻き方はベルト風になります。腰への巻き方で定番のスタイルで、パンツのベルトを通す部分にバンダナを使うだけの簡単な方法です。きれいめなカバンを合わせると上品な大人コーデな雰囲気になります。

存在感抜群のコーデに

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/klrt0w/20170910200034497/20170910200034497_500.jpg
そして最後になる、腰へのバンダナの巻き方はビックリボン巻きです。大きめのバンダナを腰に巻き、リボン風な結び目にすることで女性らしさも出せて可愛い雰囲気を作れます。

上品な雰囲気に

引用: https://c.imgz.jp/212/32659212/32659212B_14_D_500.jpg
最後はカバンへの巻き方になります。一つ目になるカバンへのバンダナの巻き方はリボン風に行うものです。上品な雰囲気を作れますし、カバンを華やかに見せることもできます。頭や首への巻き方とは対照的に、カバンなどの小物に小物を合わせるという発想が斬新で、最近ではカバンにバンダナを巻く人は多いです。

ちょうど良い存在感

引用: https://c.imgz.jp/212/32659212/32659212B_b_13_500.jpg
カバンにバンダナを巻くときは、あまり主張をしすぎない程度がおしゃれです。あくまで主役はカバンになりますので、おまけくらいの感覚で行うとバランスが良くなります。

カバンに巻く時の人気スタイル

引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/2deeqd/20140904135249226/20140904135249226_500.jpg
そして続いての、カバンへのバンダナの巻き方はアクセント巻きになります。カバンに巻く時には多くの人が行う方法で、きつめに結ばず、カバンに対してラフに付けることでちょうど良い存在感を与えたものになります。少しカバンよりも大きいくらいのバンダナを巻くとバランスが良くなります。

柄を取り入れる感覚

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/ifrpu9/20180429161002478/20180429161002478_500.jpg
そして続いてのカバンへのバンダナの巻き方はドット柄ノーマル巻きです。柄を取り入れるためにカバンに付ける感覚で、頭や首への軽いアクセントと近いニュアンスになります。帽子にもリボンがバンダナになっているものがありますが、あの帽子のスタイルをカバンに取り入れ、柄物を少し入れたい時に使える方法になります。

ベースとして出来上がっている場合も

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/pjz3yf/20170511023802169/20170511023802169_500.jpg
そして続いての、カバンへのバンダナの巻き方は持ち手バンダナになります。自分でカバンに巻くこともできますし、最近ではブランドによってはもともと持ち手がバンダナ風になっているものもあります。

カバンへの人気の巻き方

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/g18hb0/20170921205243690/20170921205243690_500.jpg
そして最後になるカバンへのバンダナの巻き方はマリン風になります。頭・首編に登場したマリン風に巻き方をカバンに取り入れたもので、簡単にコーデのアクセントとして使うことができます。

気取らないさりげなさがポイント

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/56wkb1/20170422143748661/20170422143748661_500.jpg
頭。首編のマリン風の巻き方は、カバンに行うことで気取らずにおしゃれを楽しんでいる雰囲気を出せます。上品なスカーフ風なバンダナを巻くスタイルも人気があります。

関連記事

Sv0bsuiduvtma1cybf2b
引用: https://www.instagram.com/p/BFddtG1MlV0/
おしゃれなコーデをする上で、バンダナは非常に活用できるアイテムです。雑貨店で安い値段にて販売もされていますので、一度チャレンジしてみることをおすすめします。